ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

2018-09-13 掲載
この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が…

今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャードローンを展示していた。

動力はハイブリット。4つのモーター駆動のプロペラと胴体下部に設置されたジェットエンジンで揚力を得て、ペイロードは700パウンド(約320kg)を誇るという。プロペラまでのアーム部分は飛行機の羽のような形状で、スタッフいわく、飛行性能がUPするとはいうが…。

バイクと同じように機体にまたがる形で搭乗することになるが、コントロールはジョイスティックのようなものを想定し、マニュアル飛行も可能になるということだ。もちろんグラウンドステーションからのオートパイロット機能も備えることとなる。

現在まだ試験中でホバリングが行える程度とのことだが、来年には販売開始となる可能性が高いという。価格は未定だが、3,000万円程度になるのではとのこと。ただこのデザインで実際に搭乗するのには不安になるが、皆さんはどう思われるだろうか?

▶︎ELECTRAFLY

関連する記事

僕たちは、なぜ今、Phantom 4 Proを選ぶのか?[Phantom 4 Pro 復活記念]

先日、突如として発表されたPhantom 4 Pro(Ver.2.0)の再生産。しばらくコンシューマー向けのDJI空撮機はMavic 2がフラッグシップ機としてラインナップされてい... 続きを読む

Doosan 、CES 2020イノベーションアワードを受賞 [CES2020]

Doosan Mobility Innovationの水素燃料電池ドローンが、「ドローン・無人システム」分野で、CESベスト・イノベーション賞を受賞した。数年前から水素燃料電池ドロ... 続きを読む

DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む

FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

赤外線カメラや高性能センサーを開発するグローバルメーカーのFLIRことフリアーシステムズは、ドローン関連のソリューションを展示していた。カーボンファイバーおよびマグネシウム製で耐久... 続きを読む

CircuitScribe、電気回路を手書きする段ボール製ドローンキットを格安で発売! [CES2020]

CircuitScribeは、導電性の銀インクで電気回路を手書きできるペンを使って、段ボール製のドローンを手作りするSTEM教材「Drone Builder Kit」を発売している... 続きを読む