Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

2018-09-18 掲載

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan(斗山)だ。

展示会場最大規模となったDoosanブース

昨年起業したばかりのDoosanは、水素と酸素を反応させて電気を発生させるフューエルセルバッテリーをドローン用に開発し、オリジナルの機体にセットして展示を行っていた。

ブースの担当者によると、フューエルセルバッテリーは1回の充填で約2時間の飛行が可能だという。ベース機体のDP20以外にも、DP20に目視外飛行用のグラウンドステーション、コントロールターンキーを組み合わせた”DF20 with DP20”や、30倍のズームカメラとサーマルカメラを備えたDT20なども合わせて展示をしていた。発売はいずれも2019年になるという。価格の方は未定である。期待のモックとコンセプトビデオのみの展示となった。

またDoosanは水素タンクの配達まで含めたエコシステムを提案しており、今後様々な国や地域に合わせてローカルパートナーと事業展開していく模様。

▶︎Doosan

関連する記事

Doosan 、CES 2020イノベーションアワードを受賞 [CES2020]

Doosan Mobility Innovationの水素燃料電池ドローンが、「ドローン・無人システム」分野で、CESベスト・イノベーション賞を受賞した。数年前から水素燃料電池ドロ... 続きを読む

DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む

FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

赤外線カメラや高性能センサーを開発するグローバルメーカーのFLIRことフリアーシステムズは、ドローン関連のソリューションを展示していた。カーボンファイバーおよびマグネシウム製で耐久... 続きを読む

CircuitScribe、電気回路を手書きする段ボール製ドローンキットを格安で発売! [CES2020]

CircuitScribeは、導電性の銀インクで電気回路を手書きできるペンを使って、段ボール製のドローンを手作りするSTEM教材「Drone Builder Kit」を発売している... 続きを読む

日本人技術者が参加するイスラエル空飛ぶ自動車「ASKA」プロジェクト [CES2020]

自動車から飛行機の翼が伸びて空を飛ぶ。“空飛ぶ自動車”という単語を耳にした時に自然と思い浮かぶカタチをそのままデザインしたeVTOL Vehicle「ASKA」がCESのエウレカパ... 続きを読む