Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

2018-09-18 掲載

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan(斗山)だ。

展示会場最大規模となったDoosanブース

昨年起業したばかりのDoosanは、水素と酸素を反応させて電気を発生させるフューエルセルバッテリーをドローン用に開発し、オリジナルの機体にセットして展示を行っていた。

ブースの担当者によると、フューエルセルバッテリーは1回の充填で約2時間の飛行が可能だという。ベース機体のDP20以外にも、DP20に目視外飛行用のグラウンドステーション、コントロールターンキーを組み合わせた”DF20 with DP20”や、30倍のズームカメラとサーマルカメラを備えたDT20なども合わせて展示をしていた。発売はいずれも2019年になるという。価格の方は未定である。期待のモックとコンセプトビデオのみの展示となった。

またDoosanは水素タンクの配達まで含めたエコシステムを提案しており、今後様々な国や地域に合わせてローカルパートナーと事業展開していく模様。

▶︎Doosan

関連する記事

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために... 続きを読む

Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

成熟したカテゴリーだからこそ新風が吹く CESの中で最も原石を見るけるのであれば、サンズエキスポのEureke Park(エウレカパーク)は外せない。かつては、ホテルのボールルー... 続きを読む