Bell、今年はパッセンジャードローン「Nexus 」プロトタイプを披露 [CES2019]

2019-01-16 掲載

空飛ぶクルマは日本でもロードマップが取りまとめられつつあり、パッセンジャードローンやドフライング・タクシーの実用化が目前にまで近付いている。CES2019でもパッセンジャードローン関連の出展はかなり増えているが、大手航空機メーカーのBell Helicopterが昨年よりさらに巨大なブースをノースホールに出展し、プロトタイプ機「BELL Nexus」を披露して大きな話題を集めていた。

▶︎“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップを取りまとめ、経済産業省、国土交通省と「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合で

「Nexus」はビルの屋上や専用ポートから垂直離着陸できるハイブリッドのeVTOLで、4人乗りにパイロット(ドライバー)を加えた5名が搭乗できる。最高時速は約150マイル(約241km)で飛行距離も同じく150マイル。展示されていた機体は写真からもわかるように直径8フィート(約2.4m)の巨大な6つのローターが付いており、そのいずれかが万が一故障してもバックアップできるシステムになっている。ローター部分がゆっくり動くデモは同社が開発するオスプレイを彷彿とさせ、いかにも実用化が近付いていることをアピールしていた。

ローターだけでもかなりの大きさがある。
米軍にオスプレイを納入する同社ならではの迫力あるデモが披露された

予約はアプリからオンデマンドででき、最寄りのステーションから目的地まで最短距離で移動できる方法を提示する。飛行中はフロントにARで経路や建物の情報などが表示され、観光タクシーとしての利用も視野に入れていることが伺える。パッセンジャードローン全体のサービス開始に必要な新しい航空管制の仕組みを整えるためのデータ収集しており、快適で安全に空を移動するための総合的なシステムを開発するため様々な会社とパートナー連携し、2020年代の半ばには具体的なビジョンの公開を目指している。

昨年はコクピットの展示だけだったが今年は機体全体を公開

興味深いのはフライングタクシーを自動飛行は可能だが、パイロットを同乗する方法を選択していること。会場ではパイロットの体験ができるデモも設置されており、乗るだけでなく飛ぶ楽しさも提案しようとしているようだ

さらにもう一つ、会場では昨年10月に発表されたヤマト運輸と共同開発中のポッド(外装式輸送容器)を搭載したAPT(Autonomous Pod Transport:自律運航型ポッド輸送機)のプロトタイプも展示されていた。

▶︎ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

ヤマトがこれまで培ってきた物流業務ノウハウを活かして機体の設計から開発、運用まで行い、2019年8月までに飛行デモンストレーションの実施を予定している。

CES19_2bell07.jpg CES19_2bell08.jpg 開発途中のAPTは翼に黒ネコのロゴが入っている
▶︎BELL Nexus
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む