Appolo Robtics、3データ同時計測可能なAIドローンSurveyor 3を展示 [CES2019]

2019-01-17 掲載

ドローンを使って空から地上を計測するのはここ数年で当たり前になっている。ポイントはどんな技術を使ってどんなデータを収集するかだ。目的にあわせて様々なタイプのドローンやオプションの組み合わせが考えられるが、シリコンバレーを拠点にするAppolo Robticsは、AIコンピュータを使って1度で複数のデータを計測できるドローンを開発し、CESで初めて発表した。

展示されていたのはシングルロータータイプ

その名もずばり「Surveyor 3」と名付けられたドローンはオーダーメイド対応で、見た目はクワッド式だが4つのアームに付いているローターの下にもう一つずつローターを追加してホバリング能力を高めることができる。

フライト時間は約36分とやや短いがシステムを再起動させることなく簡単に交換でき、30秒程度で再び飛び立てるので結果的に調査にかける時間を短縮できる。専用コントローラはレンジが4kmあり、ジョイスティックで操作するが複雑な起伏でも正確に計測できるよう全体がバランス良く設計されている。

GPS、LiDER、サーモカメラの3つが搭載されている。

20メガピクセルの30倍ズームカメラが搭載されているほか、D-GPS/RTK/ppkと、LiDAR、サーモカメラの3つを搭載し、それぞれのデータを同時に収集できる。データもリアルタイムで処理したものをモニタリングできタブレット上などで切り替えながら確認できる。自動運転車にも使われるnVIDIA TX2で処理能力を高め、AIによる画像処理を可能にしている。処理されたデータはリムーバブルSSDにも保存でき、

計測したデータはタブレットで画面を切り替えながらモニタリングできる

ドローンの開発は約2年かけて行われ、今後も調査に特化したドローン開発を進めるという。「会社の規模は小さいがロボティクス技術全体を扱う多方面の専門家が集まっているので様々なアイデアを組み合わせていきたい」とも。パートナーにはソニーやnVIDIA、Verizonの名前があり、CESに出展していた3Dセンシング技術を開発するOUSTERのブースでも「Surveyor 3」が展示されていた。今回の出展目的はドローンのニーズ調査とパートナーをさらに拡げるためだという同社が、次にどのようなドローンを開発するのかが楽しみだ。

OUSTERのブースに展示されていた「Surveyor 3」
▶︎Appolo Robtics
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む