GET Air Turnkey Solutionが解決するバッテリー問題。非接触充電で遠距離飛行を可能 [CES2019]

2019-01-17 掲載

ドローンにとって大きな課題はバッテリーの持続時間というのは周知の事実だが、2019年に至ってもその抜本的な代替案や革新的なバッテリーは出現していない。

そんな中、GET Air Turnkey Solutionは電線を張り巡らせた区域内であれば、着陸することなく非接触充電が可能となるシステムだ。まさにパワースポットと言える。

彼らが主張するには、8分の充電時間で40分の飛行が可能になり、最大時速は60km/hとのこと。

チャージングステーションは直径約8mまで拡張可能で12kwの電力を飛ばすことが可能とのこと。また、ドローン自体のスペックによるが同時に2〜3機の充電も可能となっている。

価格は2機で120,000ドルを想定しているとのことで、話を伺った 担当者によると、日本は電車網が充実しているのでその架線からチャージングステーションへ電力を供給するなどすればインフラ整備が進むのではないかとのことだった。

展示ブースでは設置されたドローンの各モーター下にランプが取り付けられ、煌々と光っていたのが印象的だった。

▶︎GET Air Turnkey Solution

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む