NewBeeDroneが提供するFPVレーシングに関するパーツから機体まで全てが揃う [CES2019]

2019-01-18 掲載
写真の手前にあるのが「SILVERFISH 240」

VRや専用ゴーグルを使って一人称視点の迫力あるドローン操作を楽しむFPVレーシング(first-person view)は、世界中で年々ファンを増やし、プロスポーツ化も進んでいる。NewBeeDroneはそうした市場に向けて高性能でカスタマイズしやすいドローンをパーツ単位で販売しており、CESでは小さなブースでの展示ながら注目を集めていた。

LEVIATHANフレームはシンプルで丈夫な構造でカメラも付属

出展していたのはX型のフレームにクワッドローターが付いたSILVERFISHとLEVIATHANのビルドキットで、オプションのゴーグルもあわせて展示されていた。「SILVERFISH 240」は市販品にはないカスタマイズ性を高めたドローンで、サイズは240mmで重さは106gと軽く、振動を抑えてフライトコントロールを保護するシンプルで丈夫な造りになっている。「LEVIATHAN」も同様のデザインだがやや小さめの212mmフレームになっていて、製作用のガイドとビデオも用意されている。

ビギナー向けのAcroBeeは着せ替えカバーもある。

小型で操縦がしやすいビギナー向けの「AcroBee」は100ドル以下と値段もお手軽で、ローター部分に付いているカバーを着せ替えできる。その名前がなぜかCOCKROACH(ゴキブリ)だが、名前に似合わずカラフルなデザインが選べる。驚くのは操作性で小さなブースの中でも自在にコントロールでき、カメラの映像も大きなブレがなくて見やすい。

AcroBeeのデモ飛行の動画

ドローンレースが世界各国で開催されるようになり約3年。日本でもプロリーグが誕生するなど話題に事欠かないFPVレーシングだが、音楽やデジタルサイネージ、映像エフェクトを加えた演出でレースを楽しんでもらおうというアイデアもあり、昨年12月に東京で開催されたSIGGRAPH ASIAではデモも公開されている。新しいスポーツジャンルとしてオリンピック化を目指そうとする動きもあり、これから目にする機会が増えるかもしれない。

▶︎NewBeeDrone
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む