悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

2019-01-29 掲載

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Group, Incに買収され、Lilyのネームバリューを活かしてLily Camera Drone -Next-Genをリリースした。しかしながらその時すでに遅し。評判にもならずLilyは、追随してくるその他ドローンに上書きされていった。

どう見てもLily。というかLilyのリパッケージ版

今回CES2019のDRONESエリアで異彩を放っていたのがこのSEONだ。初見でLilyの類似品か?と目を疑い、早速取り扱うVIATEKのスタッフに質問したところ「Lilyの権利を買い取り、リパッケージした新しい製品だ」ということだ。

しかしLilyは、上場企業のMota Groupが権利を持っているのでは…。その旨をスタッフには伝えたが知らないとのことだった。

Mota Group, IncのLilyサイトはすでに閉鎖

調べるとMota Group, Incのサイトは閉鎖されている…。何かきな臭い。しかしVIATEKは、かつてのLilyの権利を買い取り、リパッケージし、SEONを売り始めたようだ。果たしてまた浮上できるのか?

現在$999でプレオーダー中だが、しかし現在発売中のドローンに比べるとスペックも足りない…。

▶︎SEON
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む

韓国忠南大学、空飛ぶデジタルサイネージ「DR.ONE」出展。パトロールに清掃にも大活躍 [CES2019]

CES2019では昨年に比べ、出展数が減っていたシングルドローンだが、実用に近いプロトタイプを韓国忠南大学がエウレカパークに出展していた。「DR.ONE」は基本的に屋内用で、丸... 続きを読む