DRONE

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Group, Incに買収され、Lilyのネームバリューを活かしてLily Camera Drone -Next-Genをリリースした。しかしながらその時すでに遅し。評判にもならずLilyは、追随してくるその他ドローンに上書きされていった。

どう見てもLily。というかLilyのリパッケージ版

今回CES2019のDRONESエリアで異彩を放っていたのがこのSEONだ。初見でLilyの類似品か?と目を疑い、早速取り扱うVIATEKのスタッフに質問したところ「Lilyの権利を買い取り、リパッケージした新しい製品だ」ということだ。

しかしLilyは、上場企業のMota Groupが権利を持っているのでは…。その旨をスタッフには伝えたが知らないとのことだった。

Mota Group, IncのLilyサイトはすでに閉鎖

調べるとMota Group, Incのサイトは閉鎖されている…。何かきな臭い。しかしVIATEKは、かつてのLilyの権利を買い取り、リパッケージし、SEONを売り始めたようだ。果たしてまた浮上できるのか?

現在$999でプレオーダー中だが、しかし現在発売中のドローンに比べるとスペックも足りない…。

▶︎SEON
djimini3pro
Return Top