Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

2019-02-07 掲載

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行可能は、驚くべきものがあった。数年の沈黙を経ていよいよMicroDrone4.0が登場する。価格は、$200(IDEGOGOのバッカーは、$150)。IDEGOGOでもすでに478%の達成率であとはリリースを待つのみだ。

お待たせしました。telloの値段でSparkの機能を実現するドローンです。お楽しみに!

とExtreme Fliers社代表Vernon Kerswe氏はコメントした。

■空撮クオリティー(一部Inspire2と比較)

様々なドローンが4K化するなかでMicro Drone 4.0は、あえてFHDを選択し、1080p30FPS /720p@60FPSでH.264収録となる。ジンバルは二軸。ソニーCMOSセンサーが使用されF2.6を誇る 。またQUALCOMMのチップを実装しており、FPV用にリアルタイムに映像が配信される、

▶︎Micro Drone 4.0

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む

韓国忠南大学、空飛ぶデジタルサイネージ「DR.ONE」出展。パトロールに清掃にも大活躍 [CES2019]

CES2019では昨年に比べ、出展数が減っていたシングルドローンだが、実用に近いプロトタイプを韓国忠南大学がエウレカパークに出展していた。「DR.ONE」は基本的に屋内用で、丸... 続きを読む