KDDI、「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」用途別に5つのソリューションに供するドローンを展示 [JapanDrone2019]

2019-03-14 掲載

3月6日にスマートドローンによる用途別ソリューションの提供開始を発表したばかりのKDDIは、「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」という用途別の5つのソリューションに供するドローンを出展していた。KDDIは2018年4月にプロドローンと資本提携、業務提携を結び、同社を持分法適用関連海化しており、KDDIのスマートドローンのほとんどがプロドローン社製となっている。

「広域監視」は「設備」と「捜索」という用途が設定されており、設備の監視では全天候型ドローン「PD8-AW」を用いて、災害時に鉄道や高速道路といった広範囲のインフラを点検する。すでに近畿日本鉄道で採用されており、今後JR東日本や首都高速道路でも採用が検討されている。

また、搜索用途では山岳救助や河川搜索、海難救助などで「KD-R01」を使用。2018年11月にこの機体を使い、富士山において登山の遭難者を救助する実証実験が行われており、2019年の富士山改竄期間で実運用を開始する予定となっている。

設備の広域監視に使われるスマートドローン「PD8-AW」 KDDIオリジナルの広域搜索ドローン「KD-R01」 「鉄塔点検」ではKDDIがドローンを使った自社の鉄塔点検で培ったノウハウが詰まったソリューションで、初回に鉄塔の周囲を飛行して撮影した写真から3Dモデルを生成し、そこから点検が必要な箇所を特定して専用ドローン「KD-I01」で撮影し、レポートを作成する 風力発電所のタービン(風車)ブレードを点検するための専用機「KD-W01」。風の強い場所での飛行となるため、パワーのあるローターにスリムで軽量な機体を組み合わせている。カメラはPanasonicのミラーレスカメラと高倍率ズームレンズを搭載 アイサンテクノロジーのLiDAR搭載ドローン「Winser」(写真左)。プロドローンの「PD8-AW」をベースにVelodyne社のレーザースキャナを搭載している スカイマティクスの農薬散布ドローン「X-F1」(はかせ)は10リットルの薬剤タンクを搭載し、約13分の飛行が可能。マルチスペクトルカメラを搭載したドローンで圃場を撮影し、同社の葉色解析サービス「いろは」と組み合わせることで、効率的な薬剤散布ができる
KDDI

関連する記事

AGL、エンジン搭載ハイブリットドローンと4K有線ドローン中継システムを展示 [JapanDrone2019]

大阪に本社を構える株式会社エアロジーラボ(以下:AGL)は、汎用型バッテリードローンに加え、ガソリンを燃料にエンジン発電機により蓄電し飛行するハイブリットドローンAero Rang... 続きを読む

スカイブルー/ホーペック、カーボン素材メーカが考えるドローン有効活用の世界 [JapanDrone2019]

カーボン製ドローンガードを提供するスカイブルー合同会社とカーボン素材を供給する株式会社ホーペックとの合同ブース。そんな両社が今回は、安全ドローンリードを参考出展。撮影特機にあワイヤ... 続きを読む

三菱重工業、沿岸警備で不審船を検知・追尾するシングルローター・ドローン [JapanDrone2019]

三菱重工業はプロドローンと共同で開発を続けている、シングルロータースタイルの監視用ドローンを展示していた。メインローターの直径が2mにも及ぶ大型の機体で、ガソリンエンジンを搭載し、... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む

DJI、新製品「Matrice200シリーズV2」や、「Mavic 2 Enterprise」などの産業用ドローンを出展 [JapanDrone2019]

空撮用ドローンで大きなシェアを占めるDJI JAPANブースでは、2月に発表した産業用ドローン「Matrice200シリーズV2」を中心に、「Mavic 2 Enterprise」... 続きを読む