DJI、新製品「Matrice200シリーズV2」や、「Mavic 2 Enterprise」などの産業用ドローンを出展 [JapanDrone2019]

2019-03-14 掲載

空撮用ドローンで大きなシェアを占めるDJI JAPANブースでは、2月に発表した産業用ドローン「Matrice200シリーズV2」を中心に、「Mavic 2 Enterprise」や「AGRAS MG-1P」といった産業用ドローンを出展。また、ドローン業務管理用ソフトウェア「FLIGHTHUB」を実演するなど、産業機に特化した展示内容となっていた。

産業向け中型ドローン「Matrice200シリーズ」の中でもデュアルジンバル、RTK機能を搭載した「Martice210RTK V2」。最新の伝送システム「OcuSync2.0」を採用し、機体とコントローラー間の通信はAES-256規格の暗号化を実現。また、ADS-B信号を受信できる「AirSence」を搭載するほか、ペイロードの変化に応じてDJI Pilotから機体の重心キャリブレーションが行えるなど、より業務用ドローンとして信頼性が向上した仕様となっている

OcuSync2.0の採用に伴って同梱のコントローラーもAGURAS MG-1Pのものと同じ、USBドングルでSIMが使えるようになり、RTKに同梱のSendenceはOcuSync2.0対応のSendence sとなっている。また、新たにPayload SDKに対応しており、サードパーティ製のジンバルなどの利用も可能だ 衝突防止ビーコンを機体の上面、下面に装備。白色LEDがかなり明るく閃光する Cendence Sと従来モデルとの見分け方は、Cristalsky用のホルダーにリング状のシルバーの帯が入っていることと、ホルダー裏側にUSB端子が設けられていることだ ブース内にはDJI製品を使った各社の事例を紹介するコーナーを設置。その中のひとつ、ソフトバンクC&SのブースではFLIGHTHUBをデモンストレーションしていた FLIGHTHUBはリアルタイムに複数の機体の飛行位置の把握や、機体から送られくる映像の確認が可能。また、従来のFLIGHTHUBはDJIのクラウドで利用するものであったが、新たに自前のサーバーにインストールして自社のネットワーク内で利用することが可能になった

3月13日にはDJI JAPANのブース内で、報道関係者を対象にした事業説明会を開催。呉韜代表取締役がDJIの事業内容や新製品の概要を説明した。詳細は、こちらを参考にしていただきたい。

▶︎DJI 、産業用ドローンについての方向性を紹介するプレゼンテーション「DJI JAPAN事業/製品説明会」を開催 [JapanDrone2019]
DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、産業用ドローン定期点検サービス提供開始

DJI JAPAN 株式会社は、建設や設備点検、災害対応などの業務でドローンを使用するDJIユーザーの作業効率を確保し、安心・安全なドローン運用を支援する「DJI 定期点検サービス... 続きを読む

Shell、DJIと提携。Matrice 300 RTKでスマートかつ安全に保守作業を行う

石油・ガス産業では、安全は最優先事項である。広大な石油プラントやタンクファーム検査など安全対策は最も重要であり、危険から作業員を守るために必要なものである。 石油産業大手のS... 続きを読む

DJI、ドローンが救った命がわかる「DJI Drone Rescue Map」公開

これまでにドローンで救助された400人以上の人々がいるという。DJIは、ドローンが誰かを危険から救い出した時の世界各地の出来事を追跡するためのオンラインリファレンス「DJI Dro... 続きを読む

[空☆ひろし巡り会い]Vol.04 恋しくて夏2020〜高性能なMatrice 300 RTKにくびったけ

東京は梅雨入り宣言。まもなく夏を迎えるが今年は違うに夏になりそうだ。仕事もプライベートもドローン漬けの日々を過ごしている。正直やや食傷気味の中、一服の清涼剤のように現れたのが言うま... 続きを読む

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう... 続きを読む