DJI、新製品「Matrice200シリーズV2」や、「Mavic 2 Enterprise」などの産業用ドローンを出展 [JapanDrone2019]

2019-03-14 掲載

空撮用ドローンで大きなシェアを占めるDJI JAPANブースでは、2月に発表した産業用ドローン「Matrice200シリーズV2」を中心に、「Mavic 2 Enterprise」や「AGRAS MG-1P」といった産業用ドローンを出展。また、ドローン業務管理用ソフトウェア「FLIGHTHUB」を実演するなど、産業機に特化した展示内容となっていた。

産業向け中型ドローン「Matrice200シリーズ」の中でもデュアルジンバル、RTK機能を搭載した「Martice210RTK V2」。最新の伝送システム「OcuSync2.0」を採用し、機体とコントローラー間の通信はAES-256規格の暗号化を実現。また、ADS-B信号を受信できる「AirSence」を搭載するほか、ペイロードの変化に応じてDJI Pilotから機体の重心キャリブレーションが行えるなど、より業務用ドローンとして信頼性が向上した仕様となっている

OcuSync2.0の採用に伴って同梱のコントローラーもAGURAS MG-1Pのものと同じ、USBドングルでSIMが使えるようになり、RTKに同梱のSendenceはOcuSync2.0対応のSendence sとなっている。また、新たにPayload SDKに対応しており、サードパーティ製のジンバルなどの利用も可能だ 衝突防止ビーコンを機体の上面、下面に装備。白色LEDがかなり明るく閃光する Cendence Sと従来モデルとの見分け方は、Cristalsky用のホルダーにリング状のシルバーの帯が入っていることと、ホルダー裏側にUSB端子が設けられていることだ ブース内にはDJI製品を使った各社の事例を紹介するコーナーを設置。その中のひとつ、ソフトバンクC&SのブースではFLIGHTHUBをデモンストレーションしていた FLIGHTHUBはリアルタイムに複数の機体の飛行位置の把握や、機体から送られくる映像の確認が可能。また、従来のFLIGHTHUBはDJIのクラウドで利用するものであったが、新たに自前のサーバーにインストールして自社のネットワーク内で利用することが可能になった

3月13日にはDJI JAPANのブース内で、報道関係者を対象にした事業説明会を開催。呉韜代表取締役がDJIの事業内容や新製品の概要を説明した。詳細は、こちらを参考にしていただきたい。

▶︎DJI 、産業用ドローンについての方向性を紹介するプレゼンテーション「DJI JAPAN事業/製品説明会」を開催 [JapanDrone2019]
DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.34 Mavic mini出かける前の写真レビュー!ワクワクが止まらない速報レビュー [前編]

「その時、日本が驚く」というティザーサイトのキャッチコピー通り、日本のドローンユーザーが驚いた(ドローンユーザーだけでなく?)199gという航空法対象外の本格空撮ドローン「Mavi... 続きを読む

システムファイブ、「DJI Mavic Mini展示会&デモフライト」を開催

株式会社システムファイブは、2019年11月7日(木)に「DJI Mavic Mini展示会&デモフライト」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門ショールーム。 ... 続きを読む

「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」開催中!

信州キャンペーン実行委員会は、「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」を開催する。協力はDJI JAPAN株式会社。作品応募期間は2019年10月21日~12月25日ま... 続きを読む

DJI、3軸ジンバル搭載の折りたたみ式フライカム「Mavic Mini」を発売。重量わずか199gの日本特別モデルを開発

DJIは、いつでも使えるフライカムとして設計された超軽量折りたたみ式の「DJI Mavic Mini」を2019年11月中旬に発売する。本日より予約受付を開始。希望小売価格はスタン... 続きを読む

[速報] DJI MAVIC mini発表!199gを実現!!日本特別仕様

2.7Kカメラ、三軸ジンバルを備えた199gのDJI MAVIC mini(日本版)が2019年10月31日に発表された。前日に北米で発表されたDJI MAVIC miniと機体仕... 続きを読む