三菱重工業、沿岸警備で不審船を検知・追尾するシングルローター・ドローン [JapanDrone2019]

2019-03-15 掲載

三菱重工業はプロドローンと共同で開発を続けている、シングルロータースタイルの監視用ドローンを展示していた。メインローターの直径が2mにも及ぶ大型の機体で、ガソリンエンジンを搭載し、エンジンの動力を直接回転翼の動力源として、4kgのペイロードを搭載して約2時間以上の飛行を可能としている。機体の開発はおもにプロドローンが担っており、同社の制御技術により自律的に安定した飛行を行うことができる。

機種にはさまざまなセンサーが搭載可能となっている テールローターにはフロートが装備され水没しない

三菱重工業ではこの機体に自社で開発している自律無人機ネットワーク型監視システム「CoasTitan」を組み合わせ、沿岸部の警備での利用を目指している。CoasTitanはこのドローンをはじめ、ボート型ドローン、水中ドローンなどと組み合わせて、少ない人員で不審な航空機や船、ダイバーといった対象物を監視する。ドローンは決められたエリアを哨戒するなかで、カメラの映像上でAIが不審船を発見すると、自動的に対象を追尾し続ける。その間に、ドローンがいる海域に警備担当者が駆けつけることができるというものだ。

ドローンから送られてくる映像を監視するCoasTitanの監視卓のイメージ システムは映像から自動で不審船を検知して、追尾を行う

ドローンは巡航速度60km/h、最高速度120km/hで飛行することができ、万が一、不審船にドローンが撃墜されるようなことがあっても、ドローンにはフロートが装備してあるため水没しない仕組みとなっている。そのため墜落・撃墜時でも不審船の位置が把握可能となっている。今後はこのシステムを稼働させるために必要な制度や運用面の仕組みの開発も含め、三菱重工業とプロドローンが共同で開発を続けていくという。

三菱重工業

関連する記事

AGL、エンジン搭載ハイブリットドローンと4K有線ドローン中継システムを展示 [JapanDrone2019]

大阪に本社を構える株式会社エアロジーラボ(以下:AGL)は、汎用型バッテリードローンに加え、ガソリンを燃料にエンジン発電機により蓄電し飛行するハイブリットドローンAero Rang... 続きを読む

スカイブルー/ホーペック、カーボン素材メーカが考えるドローン有効活用の世界 [JapanDrone2019]

カーボン製ドローンガードを提供するスカイブルー合同会社とカーボン素材を供給する株式会社ホーペックとの合同ブース。そんな両社が今回は、安全ドローンリードを参考出展。撮影特機にあワイヤ... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む

DJI、新製品「Matrice200シリーズV2」や、「Mavic 2 Enterprise」などの産業用ドローンを出展 [JapanDrone2019]

空撮用ドローンで大きなシェアを占めるDJI JAPANブースでは、2月に発表した産業用ドローン「Matrice200シリーズV2」を中心に、「Mavic 2 Enterprise」... 続きを読む

KDDI、「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」用途別に5つのソリューションに供するドローンを展示 [JapanDrone2019]

3月6日にスマートドローンによる用途別ソリューションの提供開始を発表したばかりのKDDIは、「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」という用途別の5つのソリュー... 続きを読む