エアロネクスト、MMCと戦略的提携、「4D GRAVITY」搭載ドローンで中国市場参入 [ UAV Expo Shenzhen 2019]

2019-06-24 掲載
MMC 董事長 卢致辉氏(左)、エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏(右)、UAV Expo Shenzhen 2019のプレス発表会にて

株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)と中国・深圳産業ドローンメーカーである深圳市科比特航空科技有限公司MicroMultiCopter Aero Technology Co., Ltd.(以下:MMC)は、エアロネクストの独自の重心制御技術「4D GRAVITY」テクノロジーを搭載した産業ドローンの中国市場における普及に向けて戦略的提携を行ない、幅広い産業用途に利用可能な4D GRAVITY搭載ドローンの開発着手をドローンの本場深圳で開催された「UAV Expo Shenzhen 2019」で発表した。

MMCは、当時コンシューマドローンのみだったDJIから産業用ドローンに特化するためにスピンアウトして立ち上げられたドローンメーカーだ。長時間フライトできる水素エンジンドローンなどを得意としている企業だ。

▶︎水素燃料電池で3時間の飛行を実現するMMCを直撃!〜[深圳ドローン紀行]Vol.02

エアロネクスト独自の重心制御技術4D GRAVITYテクノロジーは、UAVにおける機体の構造を根本的に見直し開発したもので、従来のドローンでは実現できなかった安定性、信頼性で産業用ドローンの用途範囲を拡大している。既に様々な用途を想定した、4D GRAVITY搭載の産業用ドローン「Next」シリーズの原理試作を複数種類発表している。

5月には深圳市にあらたに現地法人「天次科技(深圳)有限公司」を設立し、中国市場での4D GRAVITYテクノロジーライセンスビジネス推進の一歩を踏み出した。

MMCは2010年に設立され、深圳・宝安に本社と工場を構える他、浙江、広東、湖北等に研究開発、生産、トレーニング拠点を持っている。産業ドローンの設計・加工、各種パーツの開発生産、操縦用のシステム開発までの包括的サプライチェーンを持つことでワンストップの対応を可能としている。測量、セキュリティ、消防、電力架線工事などの用途に対応できるマルチコプター及びVTOL製品群に加え、25種類を超えるペイロードに特徴を持ち、顧客ニーズに応じた機体のカスタマイズが可能。

エアロネクストは中国市場をグローバル展開のショーケースと位置付けており、MMCを中国市場での戦略的パートナーに迎え、多様な用途に対応可能な産業ドローン機体の開発を大きく前進させていきたいとしている。

エアロネクスト

関連する記事

Day:03物流用eVTOL機開発のSMDと発展型メイカーズカフェSVV [深圳ドローン紀行]Vol.09

txt:田口厚 構成:編集部 深圳視察もついに最終日の3日目。今回は物流用eVTOL機(垂直離着陸可能な固定翼機)を開発しているShenzhen Smart Drone UA... 続きを読む

Day:02ユーザーフレンドリーなサービスを提供するドローンメーカー XAGとMMC [深圳ドローン紀行]Vol.08

txt:田口厚 構成:編集部 いきなりEHang(億航/イーハン)の技術と環境の素晴らしさを目の当たりにした深圳訪問。もちろん、深圳の先進的なドローン企業はまだまだあります。... 続きを読む

商用、軍用、海上、陸上まで幅広く無人機をカバーする展示会5年目の動向は?[InterDrone2019]

毎年9月になるとドローン関係者が一堂に会す展示会がInterDroneである。そんなInterDroneも早5年目を迎えた。今年も9月3日から6日までラスベガス・リオ・ホテルにて開... 続きを読む

エアロネクスト、Leaguer Groupと中国市場での業務提携。Zheng Xiang氏がプロジェクト責任者に

株式会社エアロネクストは、中国・深圳清華大学研究院(以下:RITS)の外郭団体で、主にテクノロジー企業を支援するLeaguer Group Co.,Ltd.(以下:Leaguer)... 続きを読む

[Report Now!] FPV&プログラミング対戦で楽しみながら学ぶ!DJI RoboMaster S1新製品発表会

教育用途での注力が伺える「DJI RoboMaster S1」新製品発表会 「知力で、打ち勝て。」のキャッチコピーのもと発売された教育用ロボットDJI RoboMaster ... 続きを読む