PowerVison、完全防水カプセル式。プロペラ着脱式でカメラにも! [CES2020]

2020-01-14 掲載

卵形のデザインをした変形ドローン「Power Egg」で話題になったPowerVisionが、今度はドローンに変形できるAIカメラ「PowerEgg X」を発売した。ダチョウの卵ぐらいの大きさで、本体の横にストラップを装着してホールドしながら撮影ができる。三脚やスタンドに立てて固定のビデオカメラとしても使える。画質は4K/60fpsで顔認識機能を備えていて、ディープラーニングとあわせて動きながらの撮影でも被写体を正確に捉えられる。

AIカメラモード。ちょうどラグビーボールのような形だ。

このAIカメラにタッチメントのローターを装着するとドローンモードに変形する。さらに専用カプセルの中にAIカメラをすっぽり納めると強力な耐水性を備えたドローンカメラになり、本体の下に水上機のようフロートを装着すれば水上に離着陸もさせられる。

耐水性もさることながら飛行性能も高く、CESの会場では天井の高さから落ちてくる水の中でも安定して飛び続けるデモを披露し、注目を集めていた。こうした機能向上にあわせてドローンをコントロールするアプリも精度を上げている。

水上フロートモード かなりの高さから落ちてくる水の中でも安定して飛び続ける飛行性能を持つ。

意外に便利そうなのがVoice Sync機能で、撮影中に手元のスマホとPowerEgg Xをシンクロさせてスマホからの音声を動画に記録できる。たとえば、空中から撮影した場合に手元のスマホで音声を録音できるので、編集作業が楽になりそう。しかもVoice SyncはPowerVisonが特許を持っていて世界初の機能だという。

Voice Sync

バッテリーの持続時間はカメラだけで使う場合は約3.5時間、ドローンモードで使う場合は約30分間となっている。価格は、ドローンとして使える基本キット「PowerEgg X Explorer」が899ドル、水上フロートや予備のローター、バッテリーが付いた上位キット「PowerEgg X Wizard」は1,249ドルで、いずれもオーダーを受け付けている。

PowerEgg X Explorerは899ドル PowerEgg X Wizardは1,249ドル

最初に卵形のドローンを発表した時はアイデアだけの会社かと思っていたが、年々、技術力を高めており、標準タイプの「PowerEye」や水中ドローン「PowerRay」「PowerDolphin」など確実にバリエーションを増やしている。ドローン市場では安定した地位を確立しつつあり、今後のPowerVisonの動きにも期待したいところだ。

PowerEgg X PowerVision

関連する記事

THIS IS ENGINEERING、独立記念日限定版ドローン「SHIFT RED」販売

THIS IS ENGINEERING INC.(以下:TIE)は、独立記念日を祝い、米国国旗色(赤白青)が施されたドローンを発表した。TIE販売責任者であるJake Kim氏は以... 続きを読む

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう... 続きを読む

[Report Now] DJI Mavic Air 2はどのように生まれたのか?コロナ禍での開発秘話を聞く

DJI Mavic Air 2開発の裏で こう来たか!と毎度DJIの製品には驚かされてばかりだ。Mavic Air 2は、4Kビデオを最大60 fpsかつ120 Mbpsで撮影で... 続きを読む

[Reviews]Vol.38 陸も空も水上も!PowerEgg Xがあれば全てのシーンを映像に!後編

ドローンとしても、通常のカメラとしても活用できるPower Rayの「PowerEgg X」。ドローンとしての飛行性能は?画質は?AIカメラとしての可能性は?気になるPowerEg... 続きを読む

[Reviews]Vol.37 陸も空も水上も!PowerEgg Xがあれば全てのシーンを映像に!前編

水中ドローン「PowerRay」で日本市場に参入、その後も水上ドローン「PowerDolphin」やタマゴ型ドローン「PowerEgg」など特徴的なプロダクトを立て続けにリリースし... 続きを読む