PowerVison、完全防水カプセル式。プロペラ着脱式でカメラにも! [CES2020]

2020-01-14 掲載

卵形のデザインをした変形ドローン「Power Egg」で話題になったPowerVisionが、今度はドローンに変形できるAIカメラ「PowerEgg X」を発売した。ダチョウの卵ぐらいの大きさで、本体の横にストラップを装着してホールドしながら撮影ができる。三脚やスタンドに立てて固定のビデオカメラとしても使える。画質は4K/60fpsで顔認識機能を備えていて、ディープラーニングとあわせて動きながらの撮影でも被写体を正確に捉えられる。

AIカメラモード。ちょうどラグビーボールのような形だ。

このAIカメラにタッチメントのローターを装着するとドローンモードに変形する。さらに専用カプセルの中にAIカメラをすっぽり納めると強力な耐水性を備えたドローンカメラになり、本体の下に水上機のようフロートを装着すれば水上に離着陸もさせられる。

耐水性もさることながら飛行性能も高く、CESの会場では天井の高さから落ちてくる水の中でも安定して飛び続けるデモを披露し、注目を集めていた。こうした機能向上にあわせてドローンをコントロールするアプリも精度を上げている。

水上フロートモード かなりの高さから落ちてくる水の中でも安定して飛び続ける飛行性能を持つ。

意外に便利そうなのがVoice Sync機能で、撮影中に手元のスマホとPowerEgg Xをシンクロさせてスマホからの音声を動画に記録できる。たとえば、空中から撮影した場合に手元のスマホで音声を録音できるので、編集作業が楽になりそう。しかもVoice SyncはPowerVisonが特許を持っていて世界初の機能だという。

Voice Sync

バッテリーの持続時間はカメラだけで使う場合は約3.5時間、ドローンモードで使う場合は約30分間となっている。価格は、ドローンとして使える基本キット「PowerEgg X Explorer」が899ドル、水上フロートや予備のローター、バッテリーが付いた上位キット「PowerEgg X Wizard」は1,249ドルで、いずれもオーダーを受け付けている。

PowerEgg X Explorerは899ドル PowerEgg X Wizardは1,249ドル

最初に卵形のドローンを発表した時はアイデアだけの会社かと思っていたが、年々、技術力を高めており、標準タイプの「PowerEye」や水中ドローン「PowerRay」「PowerDolphin」など確実にバリエーションを増やしている。ドローン市場では安定した地位を確立しつつあり、今後のPowerVisonの動きにも期待したいところだ。

PowerEgg X PowerVision

関連する記事

Eurake Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために... 続きを読む

カウンタードローンシステムを開発する「WhiteFox」CES初出展 [CES2020]

ドローン空域のセキュリティ対策技術を開発するリーダー的企業であるWhiteFoxがCESに初めて出展し、ドローンの監視や対策を行うカウンタードローンシステム「DRONEFOX」と「... 続きを読む

Eurake Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

成熟したカテゴリーだからこそ新風が吹く CESの中で最も原石を見るけるのであれば、サンズエキスポのEurake Park(エウレカパーク)は外せない。かつては、ホテルのボールルー... 続きを読む

ヒュンダイ、ブースには自動車は無し!!最新機S-A1エアタクシーUber Elevateとの協業を発表 [CES2020]

ヒュンダイ自動車(以下:ヒュンダイ)はUber Eleateと提携を行い、CES 2020にて、最新のeVTOL機、最新機であるS-A1を展示。いわゆる自動車の展示は無い。同社はU... 続きを読む

僕たちは、なぜ今、Phantom 4 Proを選ぶのか?[Phantom 4 Pro 復活記念]

先日、突如として発表されたPhantom 4 Pro(Ver.2.0)の再生産。しばらくコンシューマー向けのDJI空撮機はMavic 2がフラッグシップ機としてラインナップされてい... 続きを読む