SubUAS、水中と空中を自在に行き来するドローンを発表 [CES2020]

2020-01-15 掲載

2016年から“泳げるドローン”の開発を行ってきたSubUAS社が、水中と空中を自在に行き来するドローン「The Naviator」を実用化させ、実機をCESの会場に展示していた。

エウレカパークに展示されていたThe Naviatorの実機

水槽に入った四角いドローンは見ただけでは何かよくわからないのだが、会場で公開されていたビデオによると、水中を自在に泳ぎ、そこから水上へと浮上してそのまま空へ飛び立つことができる性能を備えている。

The Naviatorは軍用に開発されているため、実機を水槽の外に出して見せることができないという事情があったようだが、展示を担当していたCTOのMarco M. Maia博士によると、タイプはNaviatorとNaviator+の2つがあり、素材はいずれもカーボンファイバー製で水深100フィート(約30.5m)の範囲で自在に移動できる。Naviatorは連続飛行時間が最長45分、ペイロードは5ポンド(約2.26kg)、プラスの方は最長75分、15ポンド(6.8kg)となっている。

ポイントはやはり飛行システムで、同じ推進システムを使いながら水中と空気中の両方で効率的に動作させるのに苦労したようだ。ローターの部分は2重になっていて、それが独自の推進力を生み出す。研究の成果により生み出されたマルチメディア推進システムは特許を取得しており、2016年の開発当初から性能は10倍になった。ちなみにウェブサイトには開発ポイントなどが紹介されている。

ローター部分 開発のコンセプト

イメージングソナー、ドップラー速度、光学カメラの3つを備えており、検査、偵察、およびペイロードの配達ミッションをより低コストで実行できるハイブリッドなドローンとして、軍用以外での販売も目指したいと話していた。

The Naviator/SubUAS
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

ドローンを宅配に活用しようという動きは全世界で進んでいるが、新型コロナウイルスの感染拡大以降は、自治体を中心に実用化を進める動きがある。神戸市も自治体としては早くからドローンの活用... 続きを読む

THIS IS ENGINEERING、独立記念日限定版ドローン「SHIFT RED」販売

THIS IS ENGINEERING INC.(以下:TIE)は、独立記念日を祝い、米国国旗色(赤白青)が施されたドローンを発表した。TIE販売責任者であるJake Kim氏は以... 続きを読む

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう... 続きを読む

[Report Now] DJI Mavic Air 2はどのように生まれたのか?コロナ禍での開発秘話を聞く

DJI Mavic Air 2開発の裏で こう来たか!と毎度DJIの製品には驚かされてばかりだ。Mavic Air 2は、4Kビデオを最大60 fpsかつ120 Mbpsで撮影で... 続きを読む

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む