日本人技術者が参加するイスラエル空飛ぶ自動車「ASKA」プロジェクト [CES2020]

2020-01-16 掲載

自動車から飛行機の翼が伸びて空を飛ぶ。“空飛ぶ自動車”という単語を耳にした時に自然と思い浮かぶカタチをそのままデザインしたeVTOL Vehicle「ASKA」がCESのエウレカパーク内にあるイスラエルブースで紹介されていた。「ASKA」という名前を聞いてわかるように、イスラエル製の空飛ぶ自動車は日本の鳥から名付けられている。その理由は、プロジェクトに日本人技術者が参加しているためで、デザインにも日本のアニメや特撮が強く影響している印象がある。

エウレカパークのイスラエルブースにひっそり展示されていた「ASKA」

デモ動画によると「ASKA」が空を飛ぶための大きな翼は屋根の上に折り畳んで格納でき、翼とエンジンを含めて通常の自動車サイズに収まる範囲内に設計することで、空から陸への移動をスムーズにする。車体のフロントから後部も含め、ハイブリッドエンジンを搭載した14のダクト付ファンが備わっており、一部のダクトは方向が変わるようにすることで垂直離陸した後に水平飛行が可能になる。

他のエアモビリティのように専用ポートを必要とせず最低で20×20メートルのスペースがあれば、路上からそのまま空へ飛び立てることから、パイロットは不要で、ドライバーは自動で空を飛ぶシステムの開発を目指している。屋根の上に折り畳んだ状態で格納された翼を横に拡げ、陸と空の両方で使用できる。最大乗車人数は3人でバッテリーは充電式、最高時速150マイル(約時速240キロ)。どのように変形するのかはこちらの動画を見てもらうとわかりやすいだろう。

会場で聞いた話によると、空飛ぶ自動車を個人オーナーが自分が乗るためだけに購入するのはまだしばらく難しいため、最初は所有権を共有するまたはサブスクリプションで利用する形で販売予定とのこと。都市部を快適にコストを抑えつつドアツードアの移動をするためのアーバンエアモビリティ(UAM)サービスに利用しやすいような仕様も検討しており、交通サービスや運送を手掛ける企業への販売も視野に入れている。

ただし、実用化されるにはまだしばらく時間がかかるということで、今回はASKAのナビゲーションにも利用される予定の飛行機の位置をセンシングする技術が展示されていた。CESの公式レポートでは何分の1サイズのスケールモデルも展示されていたようだが、残念ながらそちらを見ることはできなかった。

会場では現在開発中のシステムのデモを紹介していた

今年のCESはBallやHYUNDAIがエアモビリティサービスへの本格的な参入を発表しており、空飛ぶ自動車が登場してもおかしくない状況になってきた。来年にはさらに実用化に近付いた「ASKA」がCESで展示されることを期待したい。

ASKA/NFT,Inc.
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

ドローンを宅配に活用しようという動きは全世界で進んでいるが、新型コロナウイルスの感染拡大以降は、自治体を中心に実用化を進める動きがある。神戸市も自治体としては早くからドローンの活用... 続きを読む

THIS IS ENGINEERING、独立記念日限定版ドローン「SHIFT RED」販売

THIS IS ENGINEERING INC.(以下:TIE)は、独立記念日を祝い、米国国旗色(赤白青)が施されたドローンを発表した。TIE販売責任者であるJake Kim氏は以... 続きを読む

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう... 続きを読む

[Report Now] DJI Mavic Air 2はどのように生まれたのか?コロナ禍での開発秘話を聞く

DJI Mavic Air 2開発の裏で こう来たか!と毎度DJIの製品には驚かされてばかりだ。Mavic Air 2は、4Kビデオを最大60 fpsかつ120 Mbpsで撮影で... 続きを読む

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む