ブルーイノベーション、複数のインドアドローンを出展 [CES2020]

2020-01-20 掲載

働き方改革ドローンで話題を集めたブルーイノベーションが、複数のインドア向けドローンをサウスホールのドローンエリアで出展していた。展示していたのは、GPSが入らないオフィス内でも自動飛行が可能なインドア・セキュリティドローン「T-FREND」と、インドアフライトプラットフォームシステムの「BI AMY」で、京セラと共同開発を進めているプロトタイプ、さらにIHIと開発しているドローン専用ポート「BI PORT」の模型や、SLAMで障害物を回避するドローンを開発する自律制御システム研究所(ACSL)のドローンもあわせて展示されていた。

屋内ドローン運用システム「BI AMY」と搭載機を展示 京セラとの開発機 IHIと開発している「BI PORT」 ACSLとの開発機

BI AMYは屋内にマーカーを貼るだけで簡単にセットアップができ、専用アプリで飛行ルートと時刻設定が簡単にできるシステム。用途にあわせた機体の開発やアプリケーションのカスタマイズが可能で、人が目にしやすい屋内での飛行を考え、できるだけ親近感のあるデザインにしている。京セラのドローンも明るい紅白カラーで、ラインも丸みを持たせた愛嬌のある見た目が特徴的だ。昨年末の展示会で大成が公開していた働き方改革ドローンも、さらにデザインが洗練されてフォルム全体の完成度が上がっている。

BI AMYのサイト

屋内ドローンの需要はこれから伸びると見られている。精度の高い運用システムのみならず、いかにコストを抑え、利用者に受け入れられるかが大きな課題となるだろう。そうした点からもブルーイノベーションの出展は会場でも注目を集めており、来場していたドローン関係の技術者が「日本の高い技術力がドローンの分野で発揮されている」とコメントしているのを耳にした。今回の出展をきっかけに、これから国内外での活用が増えるかもしれない。

ブルーイノベーション
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

THIS IS ENGINEERING、独立記念日限定版ドローン「SHIFT RED」販売

THIS IS ENGINEERING INC.(以下:TIE)は、独立記念日を祝い、米国国旗色(赤白青)が施されたドローンを発表した。TIE販売責任者であるJake Kim氏は以... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

Namu tech、プラットフォーム「Cocktail Cloud 4.0」発表 [CES2020]

ドローンは、ハードウェア、ソフトウェアと2つの最新技術が実を結び、驚くべき速度で進化を遂げている。またインフラ(来たるべき5Gなど)やクラウド(AIやブロックチェーンなど)などのサ... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

NATOも認めるセキュアで高性能なベルギー製マルチコプター「Vanguard」 [CES2020]

ベルギー、アメリカ、ケニアに本社を持ち、国際的ドローンソリューションを提供するALX SYSTEMが、最新マルチコプターUAV「ALX Vanguard 2020」を展示していた。... 続きを読む