DRONE

ブルーイノベーション、複数のインドアドローンを出展 [CES2020]

ブルーイノベーション、複数のインドアドローンを出展 [CES2020]

働き方改革ドローンで話題を集めたブルーイノベーションが、複数のインドア向けドローンをサウスホールのドローンエリアで出展していた。展示していたのは、GPSが入らないオフィス内でも自動飛行が可能なインドア・セキュリティドローン「T-FREND」と、インドアフライトプラットフォームシステムの「BI AMY」で、京セラと共同開発を進めているプロトタイプ、さらにIHIと開発しているドローン専用ポート「BI PORT」の模型や、SLAMで障害物を回避するドローンを開発する自律制御システム研究所(ACSL)のドローンもあわせて展示されていた。

屋内ドローン運用システム「BI AMY」と搭載機を展示

京セラとの開発機

IHIと開発している「BI PORT」

ACSLとの開発機

BI AMYは屋内にマーカーを貼るだけで簡単にセットアップができ、専用アプリで飛行ルートと時刻設定が簡単にできるシステム。用途にあわせた機体の開発やアプリケーションのカスタマイズが可能で、人が目にしやすい屋内での飛行を考え、できるだけ親近感のあるデザインにしている。京セラのドローンも明るい紅白カラーで、ラインも丸みを持たせた愛嬌のある見た目が特徴的だ。昨年末の展示会で大成が公開していた働き方改革ドローンも、さらにデザインが洗練されてフォルム全体の完成度が上がっている。

BI AMYのサイト

屋内ドローンの需要はこれから伸びると見られている。精度の高い運用システムのみならず、いかにコストを抑え、利用者に受け入れられるかが大きな課題となるだろう。そうした点からもブルーイノベーションの出展は会場でも注目を集めており、来場していたドローン関係の技術者が「日本の高い技術力がドローンの分野で発揮されている」とコメントしているのを耳にした。今回の出展をきっかけに、これから国内外での活用が増えるかもしれない。

Return Top