カウンタードローンシステムを開発する「WhiteFox」CES初出展 [CES2020]

2020-01-24 掲載

ドローン空域のセキュリティ対策技術を開発するリーダー的企業であるWhiteFoxがCESに初めて出展し、ドローンの監視や対策を行うカウンタードローンシステム「DRONEFOX」と「SCORPION」を展示した。彼らによると、空港やスタジアム、刑務所といった場所に潜在的な脅威をもたらすドローンのほとんどが民間パイロットによるもので、衝突や施設の損傷といった事故を引き起こしているという。これまでなかった空の脅威に対応するため、警察や警備関係者が使える高度なカウンタードローンシステムが必要とされている。

「DRONEFOX」は独自のアルゴリズムにより目視では捉えられないドローンの検知と識別を行う、効果的で合法的なシステムである。指定したエリア内を飛ぶドローンを自動で検出し、許可されているかどうかを正確に識別できる機能は、専門家からも性能の高さが評価されている。システムはソフトとハードがセットになっていて、ブラウザでウェブコンテンツを見るように簡単で直感的に使える。対策もワンクリックで自動で安全な方法が提示されるので、ドローンを飛行不能にするジャマーとは違って人材の負担も不要だ。

「DRONEFOX」は専用のハードウェアにインストールした状態で提供される

「SCORPION」は軽量で持ち運びできるカウンタードローンテクノロジーで、主に軍用もしくは限定されたエリアに特定の期間だけ使用するといった場合に向けて開発されている。デバイスの大きさはスマホぐらいのサイズで、「DRONEFOX」と同様に不審なドローンを検知、識別するだけでなく、対策まですべてを自動で行える。

「SCORPION」は移動しながらでも使える軽量コンパクトさがポイント

こうした識別を行うため、米国ではFAAがすべてのドローンにIDを付与すると発表しているが、そのFAAがWhiteFoxのブースのすぐ近くに出展していたのは象徴的だったともいえる。来年はこうしたドローン本体よりも、ソリューションに関する展示も増えるかもしれない。

CESにはFAAも出展している
WhiteFox
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

THIS IS ENGINEERING、独立記念日限定版ドローン「SHIFT RED」販売

THIS IS ENGINEERING INC.(以下:TIE)は、独立記念日を祝い、米国国旗色(赤白青)が施されたドローンを発表した。TIE販売責任者であるJake Kim氏は以... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

Namu tech、プラットフォーム「Cocktail Cloud 4.0」発表 [CES2020]

ドローンは、ハードウェア、ソフトウェアと2つの最新技術が実を結び、驚くべき速度で進化を遂げている。またインフラ(来たるべき5Gなど)やクラウド(AIやブロックチェーンなど)などのサ... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

NATOも認めるセキュアで高性能なベルギー製マルチコプター「Vanguard」 [CES2020]

ベルギー、アメリカ、ケニアに本社を持ち、国際的ドローンソリューションを提供するALX SYSTEMが、最新マルチコプターUAV「ALX Vanguard 2020」を展示していた。... 続きを読む