FullDepth、産業用水中ドローン「DiveUnit300」が大人気! [Japan Drone 2020]

2020-10-01 掲載
DiveUnit300本体

産業用に特化した水中ドローンを開発する株式会社FullDepthは、昨年秋に新製品としてリリースした「DiveUnit300」を展示していた。重量は約28kg、2名で持ち運びが可能という本体には、フルハイビジョンの高精度カメラと1,500ルーメン×4基の高照度ライトが装備されている。本体1機あたりの照度は合計6,000ルーメンで、オプションのアームを装備すれば、深海生物を採取したいという要望にも対応可能だという。スラスター7基を搭載しており、最大潜航深度は300mを誇る。

セントラルユニット(PC・通信機器)

DiveUnit300最大の特徴は、テザーユニット(ケーブル)にある。3.00mmという超極細の光ケーブルで、長さは350m。電気信号と光信号の変換には、自社開発した光電変換装置を用いている。コネクタ結合方式は採用しておらず、これにより通信の安定性を確保した。また、水中で機体を動かす際には潮流の抵抗をダイレクトに受けるが、ケーブルが細ければそれを低減でき、機体は格段に扱いやすくなるという。それでいて、180kgの加重まで耐えられる。給電はできないが、バッテリー満充電で4時間程度の稼働が可能だ。

DiveUnit300の活用用途は幅広い。定置網、港湾構造物や洋上風力、ダムなどの点検のほか、下水道などの管内点検のニーズも高まっているそうだ。FullDepthのブースはいつ覗いてみても、見学者が絶えず訪れていたほか、COO吉賀智司氏の講演は多くの人々が聴講していた。

余談だが、筆者がこのレポート書いている幕張メッセ内のカフェの後ろの席からも、「買おうかな」というビジネスマンの声が聞こえてきた。

株式会社FullDepth

関連する記事

エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。 ... 続きを読む

中日本ハイウェイ・エンジニアリング、構造物点検システムを展示 [Japan Drone 2020]

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社は2017年からマルチコプターを用いた構造物点検システムを継続的に展示しており、その機体「SUIMUS」シリーズも年々進化を重ねている... 続きを読む

日本海洋、水中ドローンや有線給電ドローン、固定翼機など幅広く展示 [Japan Drone 2020]

無人航空機や関連システム、水中無人機システムや潜水機器の輸入販売を行う日本海洋株式会社は、幅広いラインナップの機体を展示した。 特に来場者の目を引いていたのが、Blu... 続きを読む

エアロジーラボ、純国産ハイブリッドドローンのお披露目に行列 [Japan Drone 2020]

ハイブリッド型ドローンの展示が目立ったJapan Drone 2020。なかでも多くの来場者が絶えず訪れていたのが、株式会社エアロジーラボのブースだ。エアロジーラボは、岡山県和気町... 続きを読む

スペースエンターテインメントラボラトリー、航続時間1.5時間「飛行艇ドローン」が登場 [Japan Drone 2020]

航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー、株式会社スペースエンターテインメントラボラトリーが展示したのは、なんと機体全体をまるごと水で洗い流すことができる「飛行艇ドローン」だ... 続きを読む