ジュンテクノサービス、水槽での水中ドローンデモは活況 [Japan Drone 2020]

2020-10-02 掲載

ジュンテクノサービス/ドローンテクニカルファクトリー川越/CFD販売のブースでは、ジャパンドローン2020唯一となる、水槽での水中ドローンデモを行いに人気を博していた。展示されたのは、QYSEAの3機種。FIFISH(ファイフィッシュ)V6、FIFISH V6 PLUS、FIFISH W6だ。

FIFISH V6

こちらが、FIFISH V6。アームなしで約24万円、いまならキャンペーン価格で税込20万円を切っているそうで、産業利用のお試しとしてもお手頃な機体だ。

こちらは、水槽でのデモの様子。空を飛ぶドローンと同様のプロポを使い、スマートフォンアプリで機体のカメラ映像を見ながら操縦していた。

機体を前後に泳がせて、ペットボトルをアームでつかんで運ぶ体験もできた。チャレンジしてみたが、機体をゆっくりと動かす操縦テクニックが求められるのは、空を飛ぶドローンと同じ。むしろ水の流れを起こしてしまう分、水中の操縦の方がデリケートな気はしたが、初心者からでも十分マスターできそうだ。

FIFISHV6 PLUS

こちらは、FIFISH V6 PLUS。最大の特徴は、対象物と一定距離を保ったまま水平移動して撮影ができる点だ。用途としては、人が入れないため高額な自走式ローバーで点検を行っていた管内が上げられるという。

FIFISH W6

そしてこちらが、深度300mまで潜れるFIFISH W6。質量があり、流されにくいという特長がある。今後もさまざまなオプションの発表を控えているとのことで、要注目だ。

株式会社ジュンテクノサービス

関連する記事

エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。 ... 続きを読む

中日本ハイウェイ・エンジニアリング、構造物点検システムを展示 [Japan Drone 2020]

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社は2017年からマルチコプターを用いた構造物点検システムを継続的に展示しており、その機体「SUIMUS」シリーズも年々進化を重ねている... 続きを読む

日本海洋、水中ドローンや有線給電ドローン、固定翼機など幅広く展示 [Japan Drone 2020]

無人航空機や関連システム、水中無人機システムや潜水機器の輸入販売を行う日本海洋株式会社は、幅広いラインナップの機体を展示した。 特に来場者の目を引いていたのが、Blu... 続きを読む

エアロジーラボ、純国産ハイブリッドドローンのお披露目に行列 [Japan Drone 2020]

ハイブリッド型ドローンの展示が目立ったJapan Drone 2020。なかでも多くの来場者が絶えず訪れていたのが、株式会社エアロジーラボのブースだ。エアロジーラボは、岡山県和気町... 続きを読む

スペースエンターテインメントラボラトリー、航続時間1.5時間「飛行艇ドローン」が登場 [Japan Drone 2020]

航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー、株式会社スペースエンターテインメントラボラトリーが展示したのは、なんと機体全体をまるごと水で洗い流すことができる「飛行艇ドローン」だ... 続きを読む