日本化薬、エアバッグの技術を応用!産業ドローン用緊急パラシュート「PARASAFE」 [Japan Drone 2020]

2020-10-02 掲載

2022年に予定された「レベル4 都市部における目視外飛行」の開始などドローンの利活用はこれから否応なしに進んでいく。その際に必ず議論になるのは安全性だ。その最後の担保として、以前から機体落下時のパラシュート展開はさまざまな企業が研究・開発しているが、日本化薬もそのひとつ。

日本化薬は日本で初めて産業用のダイナマイトを製造した歴史ある企業(1916年設立)。ダイナマイトのノウハウを応用して現在ではエアバッグ用インフレータ(エアバッグを膨らませるためのガス発生装置)などを製造している。そして、そのインフレータ技術をさらに発展させて開発中なのが産業ドローン用緊急パラシュート「PARASAFE」だ。

PARASAFE本体。筒型のとてもコンパクトな筐体

ドローン側に設置された落下検知装置が機体の落下を検知すると重量約1kgのPARASAFEから12m2のパラシュートが展開される。25kgの機体であれば6m/s以下まで、10kgの機体であれば4m/sまで落下速度を抑えることができるという。

会場モニターより落下実験のようす

PARASAFEは現在開発中で2022年頃の発売を予定している。まだそれほど緊急用パラシュートを搭載した機体を見かけることはないが、今回のJapan Drone 2020の展示でも機体の大型化は顕著だったことを考えると、このような非常時対策の大切さは今後さらに求められることだろう。今後の開発状況にも注目していきたい。

日本化薬株式会社

関連する記事

エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。 ... 続きを読む

中日本ハイウェイ・エンジニアリング、構造物点検システムを展示 [Japan Drone 2020]

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社は2017年からマルチコプターを用いた構造物点検システムを継続的に展示しており、その機体「SUIMUS」シリーズも年々進化を重ねている... 続きを読む

日本海洋、水中ドローンや有線給電ドローン、固定翼機など幅広く展示 [Japan Drone 2020]

無人航空機や関連システム、水中無人機システムや潜水機器の輸入販売を行う日本海洋株式会社は、幅広いラインナップの機体を展示した。 特に来場者の目を引いていたのが、Blu... 続きを読む

エアロジーラボ、純国産ハイブリッドドローンのお披露目に行列 [Japan Drone 2020]

ハイブリッド型ドローンの展示が目立ったJapan Drone 2020。なかでも多くの来場者が絶えず訪れていたのが、株式会社エアロジーラボのブースだ。エアロジーラボは、岡山県和気町... 続きを読む

スペースエンターテインメントラボラトリー、航続時間1.5時間「飛行艇ドローン」が登場 [Japan Drone 2020]

航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー、株式会社スペースエンターテインメントラボラトリーが展示したのは、なんと機体全体をまるごと水で洗い流すことができる「飛行艇ドローン」だ... 続きを読む