エアロジーラボ、純国産ハイブリッドドローンのお披露目に行列 [Japan Drone 2020]

2020-10-05 掲載

ハイブリッド型ドローンの展示が目立ったJapan Drone 2020。なかでも多くの来場者が絶えず訪れていたのが、株式会社エアロジーラボのブースだ。エアロジーラボは、岡山県和気町でのドローン物流実証実験で繰り返し機体を提供してきた“実力派”だ。国産人気が高まるいま、純国産を謳ったハイブリッドドローン「AeroRange PRO」には、ひときわ熱い視線が注がれた。

ACSL社製のフライトコントローラー、Yamada Power Unit製のハイブリッドユニットおよびESCを搭載し、混合ガソリンを燃料としたハイブリッドドローンだ。純国産をウリに来年以降の発売を目指す。最大ペイロードは10kg。最大飛行時間は、ペイロードなしで150分以上、ペイロード5kgで120分以上。「長距離飛行」を重視し、量産機開発を進めている段階だという。「日本のメーカーと協力して作っているドローンだ」と自信をのぞかせる。

こちらは、AeroRange PROのベースとなった機体で、岡山の和気町で実証実験に実際使われていたモデルだという。AeroRange PROとの大きな違いは、フライドコントローラーがDJI製品だった点だろう。

こちらはAeroRange PROより、ひとまわり小型の「AeroRange QUAD」。まだ試作機段階で、純国産を謳ってはいないものの、ペイロード2kgならAeroRange PROと同じく120分以降飛行可能なモデルだ。2022年に向け、新たな純国産物流ドローンの量産機が登場したわけだが、今後の物流ドローン市場がいかに立ち上がっていくのか期待が高まる展示だった。

株式会社エアロジーラボ

関連する記事

エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。 ... 続きを読む

中日本ハイウェイ・エンジニアリング、構造物点検システムを展示 [Japan Drone 2020]

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社は2017年からマルチコプターを用いた構造物点検システムを継続的に展示しており、その機体「SUIMUS」シリーズも年々進化を重ねている... 続きを読む

日本海洋、水中ドローンや有線給電ドローン、固定翼機など幅広く展示 [Japan Drone 2020]

無人航空機や関連システム、水中無人機システムや潜水機器の輸入販売を行う日本海洋株式会社は、幅広いラインナップの機体を展示した。 特に来場者の目を引いていたのが、Blu... 続きを読む

スペースエンターテインメントラボラトリー、航続時間1.5時間「飛行艇ドローン」が登場 [Japan Drone 2020]

航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー、株式会社スペースエンターテインメントラボラトリーが展示したのは、なんと機体全体をまるごと水で洗い流すことができる「飛行艇ドローン」だ... 続きを読む

ブルーイノベーション、多彩なソリューションを展 [Japan Drone 2020]

棚卸しソリューション用のACSL Mini。機体下部にRFIDを搭載している 毎回さまざまな分野のソリューションを展示している株式会社ブルーイノベーションのブース。今回も... 続きを読む