エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

2020-10-07 掲載

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。

エアロボウィングはエアロセンス設立当初から開発されているVTOL型の機体の後継機。以前の「AS-DT01-E型」は大きなティルトローターが機体後部に搭載されていたが、ホバリング用クワッド型の水平ローターと独立した推進用ローターの合計5つのプロペラが搭載されたタイプに変更されている。

エアロボウィングはブース正面に展示されていた

これは、4つのホバリング用水平ローターの一部、または推進用ローターにトラブルがあっても即座に墜落しない「保険」のようなものだそうだ。確かに、この構造であれば推進用ローターが故障してもホバリング可能であり、ホバリング用ローターが故障しても推進力と固定翼でフライトをすることができる。

モーター周辺にはメンテナンス用のハッチが設けられている

また、メンテナンスも簡単にできるように設計したと同社スタッフが語るように、機体が分解できるようになっていたり、モーター周辺にはメンテナンス用ハッチが設置されていたりと利便性を追求。機体デザインも空気抵抗や揚力のシミュレーションを繰り返しデザインされたそうで流線型のとても美しいデザインを持つ。5年の歳月を経て国内生産のVTOL機はデザインもメンテナンス性もとても高いレベルでまとまっていた。

有線給電のエアロボオンエア。オレンジ色の線が給電用の配線 ベースステーションAS-CAS03(電源昇圧・通信中継モジュール)

ほかにも有線給電ドローン「エアロボオンエア」に注目。有線で電力を供給しながら長時間のフライト&撮影ができるドローンで光学30倍ズームの4Kカメラを搭載、NDフィルターやPLフィルターにも対応しているため、豊かな映像表現も可能だ。当初はTV局の中継映像撮影用に開発されたが、警備用ドローンとしてのニーズもある。

「Best of Japan Drone アワード」製品・技術部門 最優秀賞を受賞

「Best of Japan Drone アワード」の製品・技術部門 最優秀賞を受賞したエアロセンス「エアロボウィング」。設立6年目を迎え、これまで同社機体を利用したサービスの提供がメインだったビジネスモデルから、機体の販売・メンテナンスも開始した。国産ドローンの期待が高まる中、エアロセンスの活躍も期待したい。

エアロセンス株式会社

関連する記事

川崎重工、無人コンパウンド・ヘリコプター「K-RACER」飛行試験成功

川崎重工業株式会社は、北海道大樹町多目的航空公園において、無人コンパウンド・ヘリコプター「K-RACER」の飛行試験に成功したことを発表した。従来型のヘリコプターでは技術的に限界が... 続きを読む

中日本ハイウェイ・エンジニアリング、構造物点検システムを展示 [Japan Drone 2020]

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社は2017年からマルチコプターを用いた構造物点検システムを継続的に展示しており、その機体「SUIMUS」シリーズも年々進化を重ねている... 続きを読む

日本海洋、水中ドローンや有線給電ドローン、固定翼機など幅広く展示 [Japan Drone 2020]

無人航空機や関連システム、水中無人機システムや潜水機器の輸入販売を行う日本海洋株式会社は、幅広いラインナップの機体を展示した。 特に来場者の目を引いていたのが、Blu... 続きを読む

エアロジーラボ、純国産ハイブリッドドローンのお披露目に行列 [Japan Drone 2020]

ハイブリッド型ドローンの展示が目立ったJapan Drone 2020。なかでも多くの来場者が絶えず訪れていたのが、株式会社エアロジーラボのブースだ。エアロジーラボは、岡山県和気町... 続きを読む

スペースエンターテインメントラボラトリー、航続時間1.5時間「飛行艇ドローン」が登場 [Japan Drone 2020]

航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー、株式会社スペースエンターテインメントラボラトリーが展示したのは、なんと機体全体をまるごと水で洗い流すことができる「飛行艇ドローン」だ... 続きを読む