DRONE

2022年ドローン業界、盛況な様子を振り返る[Japan Drone 2022]

2022年ドローン業界、盛況な様子を振り返る[Japan Drone 2022]

大きく変わるドローン業界地図をリアルに体感できた今年のJapan Drone 2022

Japan Drone 2022が無事閉幕した。2021年に引き続き幕張メッセでリアル開催され、多くの関係者や来場者で会場が賑わった。

今年は、通信大手3社に加えIT企業のGMOなどスポンサー揃い、少し違う顔ぶれとなった。すでに国内は、実証実験から実装のフェーズに移し、スタートアップ主体から、中堅大手企業へドローン産業地図が変化したことを感じた。

奇しくも6月20日より機体登録が義務化されたこともあり、「リモートID」や大型機やソリューションから「固定翼」、そして「物流ソリューション」が、展示を通して浮かび上がってくる2022年のキーワードではないだろうか?

会期中の来場者は17,021人となった。今回は、DRONE編集部が押さえておきたい20ブースに渡ってJapan Drone 2022を振り返ってみよう。 なお、来年は2023年6月26日から幕張メッセで開催される。また、新しい試みとして、12月にJapan Drone in 九州(福岡) 2022が開催予定だ。

Japan Drone 2022振り返り21ブース+アワード

■テトラ・アビエーション

■ロボデックス

■HIEN Aero Technologies

■ザクティ

■ソリッド・ソリューションズ

■NTTドコモ

■ソニー

■SkyDrive

■ブレイブリッジ

■Swell Pro

■みるくる

■伊藤忠

■エバーブルーテクノロジーズ

■レッドクリフ

■Pix4D

■KDDIスマートドローン

■イームズロボティクス

■ブルーイノベーション

■Autel Robotics

■テララボ

■GMO

■エアロセンス

■Best of Japan Drone Award 2022

djimini3pro
Return Top