DRONE

先端ロボティクス財団、凧とVTOLの組み合わせ「VTOLカイトプレーン」で飛行効率化を目指す[第8回国際ドローン展]

先端ロボティクス財団、凧とVTOLの組み合わせ「VTOLカイトプレーン」で飛行効率化を目指す[第8回国際ドローン展]

VTOLとカイトの機能を合わせた目に付くカイトプレーン機体を展示しているのは、先端ロボティクス財団。VTOLと凧を組み合わせた機体に注目したい。一見不思議な組み合わせだが、カイト部分で推進し、長距離飛行に向けて取り組んでいる機体だ。

先端ロボティクス財団、凧とVTOLの組み合わせ「VTOLカイトプレーン」で飛行効率化を目指す[第8回国際ドローン展]

実際に東京湾上の超低空域にドローン物流ハイウェイを構築することを目的として準天頂衛星「みちびき」を利用し、東京湾岸エリアに位置する政令指定都市の横浜市と千葉市間の約50kmの飛行の実証実験を成功させている。

先端ロボティクス財団、凧とVTOLの組み合わせ「VTOLカイトプレーン」で飛行効率化を目指す[第8回国際ドローン展]
カイト部分をカーボン素材にすることで飛行効率が向上

また最新機材は、「カーボンカイトプレーン」として、カイト部分をカーボンにすることによって推進力が増し、飛行効率が良くなるという。

先端ロボティクス財団、凧とVTOLの組み合わせ「VTOLカイトプレーン」で飛行効率化を目指す[第8回国際ドローン展]

一般財団法人先端ロボティクス財団は、ACSL社ファウンダー野波氏が代表を務める。先端ロボティクス分野における若手人材育成に照準を当ている。ドローン関連コンペを毎年開催して優れたチームには研究助成や賞金を授与していくという。

djimini3pro
Return Top