DRONE

ソフトバンク株式会社

Tagged
ソフトバンク、有線給電ドローン無線中継システムを運用開始。災害時に通信エリア迅速復旧へ

ソフトバンク、有線給電ドローン無線中継システムを運用開始。災害時に通信エリア迅速復旧へ

ソフトバンク株式会社は、災害発生時に携帯電話のサービスエリアを迅速に復旧させるための「有線給電ドローン無線中継システム」の運用を、2022年7月から開始したことを発表した。 同システムは国立大学法人東京工業大学工学院・藤井輝也研究室および双葉電子工業株式会社と共同で開発されたもの。 災害時に地上設備の状況を問わず、迅速...
ソフトバンク、通信エリアの固定技術を活用した高高度係留気球基地局の実証に成功

ソフトバンク、高高度係留気球基地局の実証に成功

ソフトバンク株式会社は、2022年5月に北海道大樹町多目的航空公園で、フットプリント(通信エリア)の固定を実現する「シリンダーアンテナ」を搭載した高高度係留気球基地局の実証実験を行い、広域で安定した通信エリアの実現に成功した。 アルタエロスエナジーズ社の高高度係留気球「ST-Flex」を高度249mに係留させて通信試験...
トルビズオン、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」を用いたドローン空路の実証実験実施

トルビズオン、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」を用いたドローン空路の実証実験実施

株式会社トルビズオンは、多久市、笹川工建株式会社、ソフトバンク株式会社の協力のもと、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」を用いたドローン空路(空の道)のリスクアセスメントに関する実証実験をした。 ドローンを空路上に正確に飛ばすためには、XYZ軸の全てにおいて飛行の精度が求められる。設定した飛行ルートに大...
20220330_futaba_top

ソフトバンク、双葉電子製ドローンによる物資搬送の実証実験実施。目視外で最長7km自動飛行

ソフトバンク株式会社は、東京都からの受託事業として、双葉電子工業株式会社(以下:双葉電子)の協力の下、災害時の陸路の寸断などを想定した孤立地域へのドローンによる物資搬送の実証実験を、2021年12月14日から2022年1月20日まで、あきる野市、八王子市および青梅市で実施した。 同実証実験では、双葉電子が新たに開発した...
ソフトバンク

ソフトバンク、誤差数センチ精度で鮮魚運搬するドローン物流実証実験実施

ソフトバンク株式会社は、イームズロボティクス株式会社および株式会社ウフルの協力の下、高精度測位技術を活用したドローン物流の実用化に向けた実証実験を、2021年8月31日と9月1日に和歌山県すさみ町で実施した。 実証実験の内容を含む参考動画 同実証実験では、すさみ町の名産品「すさみケンケン鰹」を、水揚げした見老津漁港から...
記事のタイトル

3キャリアKDDI・NTT docomo・ソフトバンク各社の展示でドローン利活用環境の近未来が見えた [Japan Drone 2021]

ひさびさに携帯電話3キャリアが揃い踏みした「Japan Drone 2021」。来年のLevel 4の飛行解禁を控えその役割はさらに重要なものになっている。ブースもそれぞれの強みを生かした展示となっており、今回は3社あわせて紹介する。 KDDIスマートドローンプラットフォーム×PRODRONEの機体開発を含めたソリュー...
Vol.00 記事から事前予想「Japan Drone 2021」の歩き方 [Japan Drone 2021]

Vol.00 記事から事前予想「Japan Drone 2021」の歩き方 [Japan Drone 2021]

txt:田口厚&編集部 構成:編集部 ついに今年も開催まで1週間を切った日本最大級のドローン単独開催国際展示&コンファレンス「Japan Drone 2021」(6月14日(月)~6月16日(水)幕張メッセ)。都市部などの有人地帯での補助者なし目視外飛行(Level4)の解禁やそれに伴う制度改正を来年6月にひかえ、注目...
RICE

自律走行型配送ロボットRICE、セブン‐イレブン商品を屋内配送実証実験

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(以下:セブン‐イレブン)、アスラテック株式会社およびソフトバンク株式会社は、三菱電機株式会社と東急不動産株式会社の協力のもと、ソフトバンク本社が入居する「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」において、自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を使用してセブン‐イレブンの商品を配送す...
ソフトバンクと双葉電子、LTEとセンチメートル級高精度測位対応の産業向けドローン共同開発

ソフトバンクと双葉電子、LTEとセンチメートル級高精度測位対応の産業向けドローン共同開発

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社(以下:双葉電子)は、橋梁や鉄塔、建設現場などでの点検をはじめ、測量や災害支援などに活用できる産業向けドローンの共同開発を2020年9月から開始し、機体のプロトタイプを製作したことを発表した。 同ドローンは、双葉電子の産業用ドローンをベースに、LTE対応の通信モジュールを搭載し...
ソフトバンク、モバイルネットワークで遠隔地から手動で操縦可能な「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

ソフトバンク、モバイルネットワークで遠隔地から手動で操縦可能な「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

ソフトバンク株式会社(以下:ソフトバンク)は、災害時における救助・救援活動などでの活用を目指し、モバイルネットワークを利用して遠隔地から操縦機によるドローンの手動操縦を可能にする「ケータイドローン飛行制御システムを東京工業大学(以下:東工大)と共同開発した。2019年12月16日に国土交通省から目視外飛行許可得、実証実...
HAPSMobile社、ハワイ上空の成層圏における飛行許可を取得

HAPSMobile社、ハワイ上空の成層圏における飛行許可を取得

Softbank子会社のHAPSMobile社は、成層圏における遠距離通信基盤システムを提供するにあたり、2019年4月にリリースされた太陽光発電による無人航空機「HAWK30」を、ハワイ州ラナイ島成層圏で飛ばすための許可証を連邦航空局より8月に取得したと発表した。 公立大学研究機関によって運営されているPPUTRC(...
Rapyuta Robotics、「第2回SoftBank Innovation Program」選定企業としてソフトバンクと協業。ドローン技術の商用化を検討開始

Rapyuta Robotics、「第2回SoftBank Innovation Program」選定企業としてソフトバンクと協業。ドローン技術の商用化を検討開始

Rapyuta Robotics株式会社は、ソフトバンク株式会社が実施した「第2回 SoftBank Innovation Program」において、プロダクトやサービスの商用化を検討していく企業として選定された。同プログラムは企業のソリューションや技術と、ソフトバンクが持つアセットを組み合わせてサービスやプロダクトの...
ソフトバンク、消費者参加型プラットフォームで「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク、消費者参加型プラットフォームで「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、ドローンのように浮く、手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを募集する。 「free Parasol」は、ドローン...
この秋発売DOBBYが日本初上陸「SoftBank World 2016」でお披露目

この秋発売DOBBYが日本初上陸「SoftBank World 2016」でお披露目

いつ日本で手に入るのですか?という声が編集部にも多く寄せられるが、いよいよ待望のDOBBYが国内でも販売されることが決定した。この秋(10月頃を目処に)全国でお目にかかれそうだ。 7月21日、22日で開催されている「SoftBank World 2016」の展示ブースにそのDOBBYの姿が見られた。実際にソフトバンクの...
セルフィードローンDobbyがまもなく出荷開始!

セルフィードローンDobbyがまもなく出荷開始!

小型ドローンそしてドロニー(ドローンでセルフィーを行う事)可能な分野が何やら騒がしい。出荷が待たれるLilyや倒産により出荷が見送られたZANOなど中々陽の目を見ない。そんな中、産業用ドローンで御馴染みのZeroTechから、小型ドローンDobbyが6月末出荷開始される。 Dobbyは、QualcommのSnapdra...
ソフトバンク、「ドローンビジネス相談センター」を開設

ソフトバンク、「ドローンビジネス相談センター」を開設

ソフトバンクは、法人や自治体、教育機関などでのドローンの活用を支援する「ドローンビジネス相談センター」を4月1日に開設する。DJI Japan株式会社と連携し、ドローンの購入前の相談から活用方法のセミナー、操縦研修、保険、保守までワンストップで提案する。また設立に合わせ、タブレットや風速計、映像データを保存するSDカー...
Return Top