DRONE

国土交通省

Tagged
Liberaware、IBISが国土交通省「i-Construction大賞」優秀賞を受賞

Liberaware、IBISが国土交通省「i-Construction大賞」優秀賞を受賞

株式会社Liberawareは、狭小空間専用小型ドローン「IBIS」が国土交通省主催の令和2年度「i-Construction大賞」i-Construction推進コンソーシアム会員の取組部門にて「優秀賞」を受賞したことを発表した。ドローンメーカーとしては初の受賞だという。 国土交通省では、「ICTの全面的な活用(IC...
2022年新設ドローン操縦ライセンス制度導入ガイド

2022年新設ドローン操縦ライセンス制度導入ガイド

改正航空法施行直前の2015年10月、民間でドローンのライセンスが創設され本格的なドローンスクールも開設されました。筆者も2016年4月からドローンスクールで講師を続けていますが、近ごろ気になるニュースが…。"2022年から国が認証するドローンの「操縦ライセンス(免許)」制度が新設"されるというもの...
ドローン、2022年までに登録制へ。将来は免許資格か?

ドローン、2022年までに登録制へ。将来は免許資格か?

航空法でこれまでも空港周辺や人口密集地でのドローンの飛行を原則禁止してきたが、依然違反摘発は増加傾向にある。そこで機体情報を管理し、安全確保のルールを整備する方向になる。 ドローン所有者登録を義務化される航空法改正案が17日、参院本会議で可決成立した。法改正を受け、国土交通省は2022年始めまでには、登録制度を導入する...
フジタ、山口大学と共同で、造成地を対象に独自ドローン測量「斜め往復撮影ドローン(RTK搭載)」を開発

フジタ、山口大学と共同で、造成地を対象に独自ドローン測量「斜め往復撮影ドローン(RTK搭載)」を開発

大和ハウスグループの株式会社フジタは、国立大学法人山口大学と共同で、造成地を対象とした独自のドローン測量手法「斜め往復撮影ドローン(RTK搭載型)」の開発を発表した。 「斜め往復撮影ドローン」は、カメラ角度を斜めにして撮影することで、標定点と呼ばれる測量用の目印を設置せず、とくに精度を出しにくい高さ方向の測量精度を画期...
ジャパン・インフラ・ウェイマーク、国土交通省主導社会実験「パークスマートチャレンジ」参画

ジャパン・インフラ・ウェイマーク、国土交通省主導社会実験「パークスマートチャレンジ」参画

株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(以下:JIW)は、国土交通省が奈良県にて実施する社会実験「パークスマートチャレンジ」に採択され、2019年10月24日から実験に着手する。 国営平城宮跡歴史公園(奈良県奈良市)は特別史跡・世界遺産「平城宮跡」を国営公園として保存する活動を実施しつつ、産学官コンソーシアムのもとに...
“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップを取りまとめ、経済産業省、国土交通省と「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合で

“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップを取りまとめ、経済産業省、国土交通省と「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合で

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」が、12月20日第4回会合が開催され、ロードマップを取りまとめられた。 ■「空飛ぶクルマ」実現ロードマップ ※クリックすると拡大します ロードマップでは、事業者による利活用の目標として、...
経済産業省、「空飛ぶクルマ」の実現を推進。「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立

経済産業省、「空飛ぶクルマ」の実現を推進。「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立した。 自動車や航空機の業界などの有志が集まる団体や、ドローンなどのベンチャー企業、投資ファンドなどの様々な分野の関係者が、都市の渋滞を避けた通勤、離島や山間部での新しい移動手段、...
新社会システム総合研究所、「物流政策と新たな技術・サービスの活用~ICT、ドローン、自動運転、貨客混載などへの取組みと可能性~」を開催

新社会システム総合研究所、「物流政策と新たな技術・サービスの活用~ICT、ドローン、自動運転、貨客混載などへの取組みと可能性~」を開催

国土交通省、経済産業省、日本郵便、京王電鉄は、「物流政策と新たな技術・サービスの活用~ICT、ドローン、自動運転、貨客混載などへの取組みと可能性~」と題しセミナーを2018年7月31日(火)にSSKセミナールームにて開催する。参加費は税込27,400円。開催運営事務局は新社会システム総合研究所。 セミナーの詳細について...
新社会システム総合研究所、講演会「空の移動革命~空飛ぶ車を目指して」を開催

新社会システム総合研究所、講演会「空の移動革命~空飛ぶ車を目指して」を開催

東京大学、経済産業省、JAXA、国土交通省は「空の移動革命~空飛ぶ車を目指して」と題した講演会を2018年6月14日(木)に東京・千代田区にあるビジョンセンター永田町にて開催する。参加費は税込27,000円。開催運営事務局は新社会システム総合研究所。 同講演会は、東京大学大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻教授鈴木真二...
国土交通省 ドローンの飛行許可・承認手続4月2日よりオンラインでも可能に!

国土交通省 ドローンの飛行許可・承認手続4月2日よりオンラインでも可能に!

国土交通省は航空法に基づく無人航空機の飛行許可・承認手続の利便性向上のため4月2日より、オンラインサービスを開始する。 国土交通省は、近年急速に普及が進むドローンなどの無人航空機について、その安全性を確保するために、平成27年12月より航空法に基づき飛行空域及び飛行方法を規制している。例えば、空港等の周辺や人又は家屋が...
八進、「CIM」および「i-Construction」を解説した動画を公開

八進、「CIM」および「i-Construction」を解説した動画を公開

ドローンを用いて空撮や測量などを行う「空撮サービス」の運営を行っている株式会社八進は、国土交通省が土木建設分野で推奨している「CIM(Construction Information Modeling/Management)」と、それを基調として建設分野の労働にイノベーションを促進する総合的な土木建設モデルである「i-...
国土交通省航空局がドローン検定協会を「講習及び技能認証を確認した団体」として認定

国土交通省航空局がドローン検定協会を「講習及び技能認証を確認した団体」として認定

無人航空機(ドローン、ラジコン機など)の飛行ルール啓蒙活動、無人航空従事者試験(以下:ドローン検定)などを手がけているドローン検定協会株式会社(以下:ドローン検定協会)は、6月1日付で国土交通省航空局から「講習及び技能認証を確認した団体」の認定を受けた。この認定を受けた団体は、国土交通省航空局のホームページ(Webサイ...
無人航空機飛行の申請窓口、飛行地域の地方航空局へ移管。4月1日より

無人航空機飛行の申請窓口、飛行地域の地方航空局へ移管。4月1日より

4月以降の申請先管轄範囲 日本国内でドローンを飛行させる上で欠かせないのが国土交通省航空局への申請だ。現在国土交通省航空局にて受け付けている無人航空機飛行申請が、2017年(平成29年)4月1日より、地方航空局に移管する。 飛行の範囲が東京航空局と大阪航空局の管轄範囲をまたぐ場合、申請者の住所を管轄する地方航空局が申請...
Return Top