DRONE

JapanDrone2017

Tagged
家族連れ来場者を楽しませた週末ドローンレース [Japan Drone 2017]

家族連れ来場者を楽しませた週末ドローンレース [Japan Drone 2017]

Japan Drone 2017最終日となった25日は土曜日。事実上ビジネスデーであった23日、24日に対して、25日は週末ということもあって家族連れの来場者が数多く見受けられた。そのため25日には「小学生向け春休み!ドローンスクール/体験会」や「ドローンレース@Japan Drone 2017」といった、コンシューマ...
ボーダック、5.7GHz帯無人移動体画像伝送システム発表。オーディエンスアワードも受賞 [Japan Drone 2017]

ボーダック、5.7GHz帯無人移動体画像伝送システム発表。オーディエンスアワードも受賞 [Japan Drone 2017]

表彰式では「Best of Japan Drone 2017」5部門とは別に、部門でノミネートされた全製品・サービスの中から、来場者投票によって選出されたオーディエンスアワードが発表された。選ばれたのはボーダックの産業用5.7GHz帯ビデオ無線伝送システムHN1000TRだ。 HN1000TRは、2016年8月31日付...
Best of Japan Drone 2017決定!5部門で表彰[Japan Drone 2017]

Best of Japan Drone 2017決定!5部門で表彰[Japan Drone 2017]

2017年3月23日から3日間にわたって開催されたドローンの国際展示会「Japan Drone 2017」。最終日の25日には、会期を締めくくるのにふさわしいイベントが開催された。そのひとつは過去1年間に発表、発売されたドローン関連の製品やサービスについて優れたものを表彰する「Best of Japan Drone 2...
大成、オフィスを巡回するドローンサービスを展開 [Japan Drone 2017]

大成、オフィスを巡回するドローンサービスを展開 [Japan Drone 2017]

総合ビルメンテナンス企業・大成のブースでは、ブルーイノベーション、NTT東日本とともに開発した、企業のオフィスを巡回するドローンサービスT-FRENDを提案。 オフィス内を飛行するドローンが、就業時刻であれば社員の退社を促し、夜間はオフィス内の監視を行う機体の飛行軌跡やカメラが撮影したデータは、社内のネットワークを通じ...
自律制御システム研究所、農業用マルチローター「MINORI 1」などを展示 [Japan Drone 2017]

自律制御システム研究所、農業用マルチローター「MINORI 1」などを展示 [Japan Drone 2017]

国産ドローンメーカーのひとつである自律制御システム研究所(ACSL)は、従来のMS-06LAを刷新した新型機ACSL-PF1と、新たに農業用マルチローターMINORI 1を展示。ACSL初のオクトコプターとなるMINORI 1は、8ローターながらシンプルでコンパクトな機体は、分解せずに一人で運べて軽トラックで運搬可能。...
ブイキューブロボティクス・ジャパン、全自動運航が可能なDRONEBOXを展示 [Japan Drone 2017]

ブイキューブロボティクス・ジャパン、全自動運航が可能なDRONEBOXを展示 [Japan Drone 2017]

業務用ドローンソリューションを展開するブイキューブロボティクス・ジャパンは、昨秋に発表したDRONEBOXを展示。約1.5m四方の函体の中にドローンを格納したこの“箱”は、シンガポールのロボティクス企業H3 Dynamics社が開発したもの。 ソーラーパネルや送電線など、定期的に点検が必要な施設に設置しておき、1~2ヵ...
リーグルジャパン、レーザースキャナーを守るエアバッグシステムを展開 [Japan Drone 2017]

リーグルジャパン、レーザースキャナーを守るエアバッグシステムを展開 [Japan Drone 2017]

UAS/UAV用レーザースキャナーを扱うリーグルジャパンのブースでは、万が一の墜落の際に高価なレーザースキャナーを守るエアバッグシステムを披露。 ドローン測量事業を手掛ける日創建による同エアバッグは、二輪車・乗馬の際にライダーや騎手が身に付けるエアバッグをベースに開発され、機体に異常が発生し、やむなく墜落をさせる場合に...
ハイテックマルチプレックスジャパン、HUBSANの新製品2機種などを展示 [Japan Drone 2017]

ハイテックマルチプレックスジャパン、HUBSANの新製品2機種などを展示 [Japan Drone 2017]

今回のJapan Droneは昨年に比べてより産業向けの傾向が強くなり、ホビー用途のドローンメーカー・インポーターの出展は少なかった。その中でハイテックマルチプレックスジャパンは、同社が扱うドローン製品をブース内にずらりと並べていたほか、HUBSANの新製品2機種を展示。そのひとつX4 STAR PROは200g以下の...
VUFINE、手軽なウェアラブルディスプレイVUFINE+を展開 [Japan Drone 2017]

VUFINE、手軽なウェアラブルディスプレイVUFINE+を展開 [Japan Drone 2017]

昨年、シリコンバレーで起業したVUFINEは、クラウドファンディングサービスKickstarterで資金を集めて開発した装着型ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」を展示。眼鏡をかけなくても、帽子にクリップするだけでも使用できる。micro HDMIジャックを映像機器に差して本体をメガネに装着するだけで使えるウェア...
ネクシス光洋、Aeryon Labs社ドローンSkyRangerを展示 [Japan Drone 2017]

ネクシス光洋、Aeryon Labs社ドローンSkyRangerを展示 [Japan Drone 2017]

測量を中心にした事業を行っているネクシス光洋は、カナダのAeryon LabsのドローンSkyRangerを展示。“頭脳もボディも最強級”と謳うこの機体は、-30℃というきわめて低い気温にも堪え、最大瞬間風速25mという強風下でも飛行が可能なヘビーデューティーなドローンだ。彼の地では軍事・政府機関での使用を目的に開発さ...
エンルート、協業メーカーと農業、物資輸送、インフラ点検・測量の各ジャンルを網羅 [Japan Drone 2017]

エンルート、協業メーカーと農業、物資輸送、インフラ点検・測量の各ジャンルを網羅 [Japan Drone 2017]

昨年同様、協業メーカーと共同で出展していたエンルートは、農業、物資輸送、インフラ点検・測量の各ジャンルにカスタマイズした機体を展示。最大のトピックは農薬散布用ドローンAC1500だ。従来のAC940-Dの液剤搭載量が5lなのに対して、AC1500は9lと搭載可能。1haを約10分で散布できる性能を備え、より大きな圃場を...
DJI、Team DJIを掲げ、多くの協業を提案。[Japan Drone 2017]

DJI、Team DJIを掲げ、多くの協業を提案。[Japan Drone 2017]

産業用ドローン元年に備えるDJI 異彩を放つデュアルジンバルを搭載したMATRICE 210 DJIは単独でフライトケージを設けるなど、今回の出展者の中で最も大きなスペースを割いて展示を実施。今回、日本で初お目見えとなったのが、先に発表した産業用ドローンMATRICE 200シリーズだ。2つのジンバルを搭載できるほか、...
[Japan Drone 2017]次のステージに立つ日本のドローン産業が見える、日本最大級のドローン展示会開催

[Japan Drone 2017]次のステージに立つ日本のドローン産業が見える、日本最大級のドローン展示会開催

122の企業と団体がブースを並べるドローンの祭典 ドローンに関わる国内外の企業が一堂に会する国際展示会「Japan Drone 2017」が、3月23日から3日間にわたって幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された。一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が主催するこのドローンの祭典は、ハード、ソフト、サービスを...
Return Top