DRONE

Lily

Tagged
悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Group, Incに買収され、Lilyのネームバリューを活かしてLily Camera Drone -Next-Genをリリースした。しかしながら...
Lily、本格始動!DRONE WORLD EXPOに参加中!

Lily、本格始動!DRONE WORLD EXPOに参加中!

買収後、順調な滑り出しを見せた新生Lily(Lily-Next-Gen™)。現在サンノゼで開催中の「DRONE WORLD EXPO」にLilyが出展中だ。1小間ながらも多くの人で賑わうブースとなっていた。急遽参戦が決まったのか、配布物などは間に合わなかったとスタッフがコメントしていたのが印象的だった。 またお正月明け...
何度目の正直?いよいよ復活Lily Camera Drone -Next-Gen™登場

何度目の正直?いよいよ復活Lily Camera Drone -Next-Gen™登場

昨日YouTubeにLilyから新しいティザービデオがアップされた。9秒のモーションロゴのみだが、「Next Gen 2017 Drone Camera」とある。あわせてLilyのホームページもリニューアルされLily Next-Gen™が登場した。しかしながらかつてほどのワクワク感はそこにない…。今更感...
さよならだけが人生だ!Lily発売中止へ。

さよならだけが人生だ!Lily発売中止へ。

新年そうそう悲しい一報が…。旅路の終わりに…と始まるメールが本日未明届いた。残念なことにLily Roboticsは、解散するという。当然Lilyは、現状では陽の目を見ることはなくなってしまった。セルフィードローンの口火を切ったLily。その意思は次世代のドローンに受け継がれていくことだろう。なおプレオーダーしたユーザ...
Lily、またもや発売延期。気になる発売日は?

Lily、またもや発売延期。気になる発売日は?

セルフィードローンとして世界から注目を浴びたLilyの話が最近は出てこない。すでに注文している人々の忍耐力は、大変なものではなかろうか?かつては、ドローンの風穴を開ける最先鋒として君臨したLily。完全自律飛行を行うその姿は誰をも魅了する映像だった。コンパクトで防水ドローンがクラウドファンディングで多くの資金を集め商品...
DOBBYが飛んだ!ZEROTECHに直撃!199gのセルフィードローンとは?〜[深圳ドローン紀行]

DOBBYが飛んだ!ZEROTECHに直撃!199gのセルフィードローンとは?〜[深圳ドローン紀行]

聖地巡礼、ドローンといえば深圳世界中ドローンの聖地と言えば中国深圳である。昨年DJI本社を訪問した時よりもさらにドローンの熱は高まり、予想以上のスピードで進化している。伝え聞く所に寄ると聖地新鮮ではドラスティックに街が変わりつつあると言う。その震源地を実際に確かめるべく我々編集部は聖地深圳を再度弾丸スケジュールで訪問す...
Lilyより先行?セルフィードローン「KIMON」登場

Lilyより先行?セルフィードローン「KIMON」登場

中国の湖南省に拠点を置くKeyshare Information Technologyが、かつてクラウドファンディングのプロジェクトだったセルフィードローン「KIMON」を、中国のEコマースサイトの大手JD.comの子会社JD.com Finance上でローンチした。同製品は、中国最大のSNS微博(ウェイボー)と中国最...
自社販売かクラウドファンディングか?LilyがIndiegogo信用安全チームにより内偵?

自社販売かクラウドファンディングか?LilyがIndiegogo信用安全チームにより内偵?

クラウドファンディングサイトIndiegogoはまだLilyを信用していないということだろうか。 Indiegogoは現在「いくつかのドローンキャンペーン」の信用と安全を調査しているという。このドローンキャンペーンの中にLilyが含まれている可能性は非常に高い。というのも、LilyはIndiegogoで圧倒的な人気を博...
2016年、注目のドローンスタートアップTOP20

2016年、注目のドローンスタートアップTOP20

ドローン関係のスタートアップは近年非常に多くなってきている。成功事例も多く聞かれる。もちろんその陰で志半ばに敗れていく企業もある。さて、2016年のドローンスタートアップの動向はどうなるのだろうか。2015年だけでも3,000万ドル以上のシードファンディングが行われ、そのうちの2,000万ドルはアメリカからだった。以下...
受賞はしたが、ブースは無し。Lilyが製品の遅延と新しい投資を受けたその背景:CES2016

受賞はしたが、ブースは無し。Lilyが製品の遅延と新しい投資を受けたその背景:CES2016

今回のCES会場では多くのドローンが出展されており、DJI、Parrot、3DR(ブース出展は無く技術協力)などのメジャーをはじめ、話題のドローンメーカも名を連ね会場を賑わせた。リストにLilyの名前があったが、結局CTA(コンシューマー技術協会)が主催するInovation Awardを受賞したがブースの出展は見送っ...
大学ロボット研究室から生まれた、操縦不要のドローン「Lily」が登場

大学ロボット研究室から生まれた、操縦不要のドローン「Lily」が登場

愛らしいネーミングと顔を持つ、“投げるだけで追従空撮できる”カメラ搭載型の小型ドローン「Lily(リリー)」が今、魅力的なプロモーション映像と共に業界を揺るがしている。 Lilyは2013年にUCバークレーのロボット研究室でのプロジェクトとして進められてきた(Lilyが起動すると笑った顔のようになる。このデザインも、ロ...
Return Top