DJI製品を活用し、撮影のコツや編集のポイントなど現場ワークフローを紹介する「ドローン映像制作基礎講座」が開催

2017-04-17 掲載

2017年4月26日に、名古屋にある名駅モリシタ名古屋駅前中央店7階第1会議室にて、「ドローン映像制作基礎講座」が開催される。

同講座は、DRONE.jpでもお馴染みの株式会社アルマダス代表の吉田泰行氏を講師に迎え、DJI製品を活用し、映像作品を作るための現場ワークフローを紹介。また、撮影のポイントや実際に撮影した素材を編集して仕上げるコツなどを解説する。

法人、個人事業主の映像クリエイター、ワンオペレーションメインのカメラマンや、これから映像制作の業務を行うユーザー、DJI製品の有効的な活用方法を知りたいというユーザー、ドローンやスタビライザーを使用して制作を行うユーザーなどが対象。受講料は税抜3,000円。定員は20名まで。詳細情報の確認および参加申し込みはこちらまで。

講座内容

■撮影機材選定
1:ドローン

  • 対象クライアントに適したドローン選定
  • DJI製カメラ(Phantom 4、Phantom 4 Pro、X4S、X5S)の地区長、違い

2:地上撮影機材

  • 対象クライアントに適した地上撮影機材選定
  • 一眼動画vs.デジタルシネマカメラ

■ロケーション別の撮影テクニック

  • 空撮すべき場所と空撮すべきでない場所
  • カットバリエーションを考える
  • 機材の性能限界を知る
  • ■撮影後の注意点

  • バックアップ
  • フォーカス
  • 音声
  • ■編集ワークフロー

  • 編集機材選定において注意すべき点
  • 編集ソフト及びワークフロー紹介(Final Cut Pro X・DaVinci Resolve)
  • DaVinci Resolveを使ったRAW映像編集デモ
  • ◼︎ドローン映像制作基礎講座概要
    定員:20名
    開催日時:4月26日(水)13:00~16:00
    開催場所:名駅モリシタ名古屋駅前中央店7階第1会議室
    価格:税抜3,000円
    お問い合わせ
    Mail:Support@jp-drone.com
    TEL:050-3562-3768
    担当:北原(※お問い合わせの際は「 ドローン映像制作基礎講座の件」とお伝え下さい)
    ドローン映像制作基礎講座
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、Roninユーザーを対象に「Ronin 2」への移行を支援する「ロイヤリティプログラム」を発表

    DJIは、3軸カメラスタビライザーシステム「DJI Ronin」ユーザーを対象とした「DJI Ronin 2」への移行支援プログラム「ロイヤリティプログラム」を発表した。 R... 続きを読む

    DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催

    Photo By:DJI DJIは、2017年9月5日(火)~10月31(火)までの期間中、米・ナショナルジオグラフィック社と共同で、北米地域に在住する方を対象とした空撮写真... 続きを読む

    PAUI、DJI MavicおよびSpark用回転球体ガードを発売

    PAUI Oasis6 for Mavic PAUI株式会社は、DJI Mavic用の回転球体ガード「PAUI Oasis6 for Mavic」およびDJI Spark用回... 続きを読む

    DJI、SkyPixel空撮映像コンテストのグランプリを発表。応募総数約3,000作品

    DJIが運営する空撮写真・映像コミュニティーサイト「SkyPixel(スカイピクセル)」は、2017年度の空撮映像コンテストのグランプリと入賞作品を発表した。今年度のコンテストには... 続きを読む

    サンワサプライ、小型ドローンの持ち運びが可能なショルダーバッグ「BAG-DR2」を発売

    サンワサプライ株式会社は、小型ドローンの持ち運びに便利なハードシェルタイプのショルダーバッグ「BAG-DR2」を発売した。希望小売価格は税込9,720円。 BAG-DR2は、... 続きを読む