DRONE

特集

Category
Wingtra[Commercial UAV EXPO 2022]

固定翼で定番機のWingtra。次の一手は?[Commercial UAV EXPO 2022]

固定翼で存在感を見せていたのが、オレンジ色が鮮やかなスイスのWingtraだ。42MPのセンサーを搭載しており、GSDは0.7cm/pxを実現している。非常に高精細なデータを広範囲に取得することができる。 飛行時間1時間とのことで、この事に関して説明してくれた担当者は、以下のようにコメントした。 ガーナである川のデータ...
EXEDY[Commercial UAV EXPO 2022]

自動車製品を手掛けたEXEDYがドローン業界にもたらすものとは?[Commercial UAV EXPO 2022]

自動車用マニュアルクラッチやトルクコンバータで世界的シェアを誇る日本のエクセディが、流体研究などの技術力を活かした高効率のモーターやプロペラ、船井電気と共同開発したESCコントローラーを展示していた。 担当者は、以下のように語っていた。 日本でも多くのドローンメーカーに使用されているTモーターさんのものよりも10%程度...
Drone Delivery Canada、CONDORとCanaryでドローン物流を進めていく[Commercial UAV EXPO 2022]

Drone Delivery Canada、CONDORとCanaryでドローン物流を進めていく[Commercial UAV EXPO 2022]

一際目立っていたのが、Drone Delivery Canada(以下:DDC)だ。全長約7mの大型ドローン「CONDOR(コンドル)」を出品した。コンドルは、ペイロード180kg、航続距離200km、時速120kmのスペックを持つシングルロータードローンである。 垂直離着陸が可能となっている。これは、DDCのすべての...
ソニー、 AirPeakブランドの浸透が見える人気ぶり [Commercial UAV EXPO 2022]

ソニー、 AirPeakブランドの浸透が見える人気ぶり [Commercial UAV EXPO 2022]

展示会場の最奥にブースを構えていたのがソニーだ。AirPeakは、北米でも人気があり支持されている。空撮分野から参入したソニーだが、産業分野への次の一手がはじまったようである。 Japan Drone2022でも参考展示されていた「高容量バッテリーパック」&「バッテリーステーション」、そして「RTKキット」がここでも披...
Leica 世界初LiDAR完全統合型ドローン[Commercial UAV EXPO 2022]

Leica 世界初LiDAR完全統合型ドローン[Commercial UAV EXPO 2022]

Leicaは、ブースでBLKシリーズのラインナップを展示&デモしていた。 Leicaではこれらのシリーズ機種を様々組み合わせることで詳細な3Dデータが取得できるとアピールしていた。 例えば、BLK2FLYドローンでは1秒間に420,000pointsを取得できるが、建物内部や影になっている場所など正確にデータ取得できな...
AEE Technology[Commercial UAV EXPO 2022]

警察・消防向け大型ドローンが特長的なAEE Technology [Commercial UAV EXPO 2022]

ソニー出身でカメラの開発などに携わっていたMike Kahn氏がCEOのAEE USA Technologyは、4枚機のMach4と6枚機のMach6を展示していた。AEEは、元々中国深圳のドローン企業で、コンシューマから公安警察まで幅広い分野のドローンを扱う企業だ。その中でアメリカにおいては独自成長を遂げている。 M...
いよいよサービス開始Amazon Prime Air [Commercial UAV EXPO 2022]

いよいよサービス開始Amazon Prime Air [Commercial UAV EXPO 2022]

幾度か機体のデザイン変更を経て、現在の形に落ち着いたAmazon Prime Air。実機を実際に目前にすると結構大きいなというのが素直な感想だ。 通常のAmazonの配達業務と同じく、全体のサービスの中でドローンが使用されていくシチュエーションを想定しており、現在テキサスやカリフォルニアなどいくつかの地区で導入されて...
Autel EVO Ⅱ Dual 640T V3発表、各機種のアップデート[Commercial UAV EXPO 2022]

Autel EVO II Dual 640T V3発表、各機種のアップデート[Commercial UAV EXPO 2022]

AutelはEVO IIを中心に展示を行っていたが、新機種で展示されていたのは、EVO II Dual 640T V3と小型化されたスマートコントローラーのみだった。同時期にヨーロッパで開催されているIFAでは、その他にバージョンアップされたものも展示されていたようだ。今回V3にバージョンアップされたのは、以下の製品だ...
ACSL、蒼天とFi4を展示。Fi4に熱い視線が注がれる[Commercial UAV EXPO 2022]

ACSL、蒼天とFi4を展示。Fi4に熱い視線が注がれる[Commercial UAV EXPO 2022]

日本からの唯一の出展であるACSLも比較的大きなスペースを確保していた蒼天とFi4の実機を展示し注目を浴びていた。フロリダで開催されたAUVSI XPONENTIALでは展示されず今回が初お目見えとなった閉鎖環境点検ドローン「Fi4」は、下水管など閉所の検査飛行が可能になっている特殊機体で多くの人が気になったようだ。 ...
220905_Dsummit_02_top

国と自治体によるルール整備と成果創出でドローン産業の飛躍を目指す:後編 [第1回ドローンサミット]

最初の開催地に選ばれた兵庫県の斎藤元彦知事があいさつを述べた 2022年9月1日(木)から2日(金)に神戸ポートアイランドで開催された「第1回ドローンサミット」のプログラムから、初日のシンポジウムと2日目のデモンストレーションの内容を紹介する(関連記事:初公開の機体多数、幅広い用途のラインナップ:前編 [第1回ドローン...
220905_Dsummit_01_topc

初公開の機体多数、幅広い用途のラインナップ:前編 [第1回ドローンサミット]

2022年9月1日(木)から2日(金)にかけて、兵庫県と内閣官房小型無人機等対策推進室が主催する「第1回ドローンサミット」が神戸ポートアイランドで開催された。関西エリアでドローンをテーマにした本格的な展示会は、東京オリンピックのため大阪開催となった2020年の第6回国際ドローン展を除いて初めてとなる。新型コロナウイルス...
みるくる、SLAMレーザーHovermap搭載でGPSなし自動飛行実現[第8回国際ドローン展]

みるくる、SLAMレーザーHovermap搭載でGPSなし自動飛行実現[第8回国際ドローン展]

みるくるは、SLAMレーザー「Hovermap」を搭載したドローン「Hovermap ZOE」を展示した。 「HoverMap」は、無人航空機を非GPS環境で自律飛行させたり、広範囲に及ぶ地形や建物の内部・外部の形状をスキャンして3Dデーターを作成するSLAMレーザー。GPSの測位や方位センサーを使うことなく、環境依存...
Liberaware、狭い・暗い・汚い、環境下の点検ドローン「IBIS」デモ飛行[第8回国際ドローン展]

Liberaware、狭い・暗い・汚い、環境下の点検ドローン「IBIS」デモ飛行[第8回国際ドローン展]

Liberawareは、屋内空間専用の点検・測量等に利用する小型ドローン「IBIS」の展示と、実機によるデモ飛行を行った。 直径20cmと業界最小クラスのドローン「IBIS」は、ボイラーや焼却炉をはじめ屋根裏など狭所空間の点検を可能とし、作業者の工数削減や精神的な負担を削減できる。 小型ドローン「IBIS」 サイズ:1...
東京航空計器、国産オリジナルドローン「GNAS SKY」で災害対策・防犯監視を実現[第8回国際ドローン展]

東京航空計器、国産オリジナルドローン「GNAS SKY」で災害対策・防犯監視を実現[第8回国際ドローン展]

東京航空計器の自社ブランド「GNAS SKY」シリーズのクアッドマルチコプター・固定ピッチモデルとして、防災用ドローンと巡回監視用ドローンを展示した。 GNAS SKYドローンは、オリジナル飛行制御プログラム「GNAS SKY CORE」と高性能モーションセンサー「CSM-MG200」を搭載。機体フレームだけでなく飛行...
先端ロボティクス財団、凧とVTOLの組み合わせ「VTOLカイトプレーン」で飛行効率化を目指す[第8回国際ドローン展]

先端ロボティクス財団、凧とVTOLの組み合わせ「VTOLカイトプレーン」で飛行効率化を目指す[第8回国際ドローン展]

VTOLとカイトの機能を合わせた目に付くカイトプレーン機体を展示しているのは、先端ロボティクス財団。VTOLと凧を組み合わせた機体に注目したい。一見不思議な組み合わせだが、カイト部分で推進し、長距離飛行に向けて取り組んでいる機体だ。 実際に東京湾上の超低空域にドローン物流ハイウェイを構築することを目的として準天頂衛星「...
IHIエアロスペース、重量物積載と長時間飛行を両立する「i-Gryphon」試作機を披露[第8回国際ドローン展]

IHIエアロスペース、重量物積載と長時間飛行を両立する「i-Gryphon」試作機を披露[第8回国際ドローン展]

IHIグループの株式会社IHIエアロスペースは、重いペイロードの運搬と長時間飛行の両立を実現させたエンジンと電気モーターによるハイブリッドドローン「i-Gryphon」試作機2号機を展示した。 バッテリーの数十倍の質量エネルギー密度を持つガソリン・ロータリーエンジンを、大出力ダクテッドファン基用の駆動源として採用し、電...
イエロースキャンジャパン、統合型レーザースキャナー「YellowScan」を展示[第8回国際ドローン展]

イエロースキャンジャパン、統合型レーザースキャナー「YellowScan」展示[第8回国際ドローン展]

イエロースキャン(YellowScan)は、2005年に科学と測量のバックグラウンドを持つ3人のエンジニアによって設立され、フランスでハイエンドの航空画像サービスを展開する外資企業。アメリカの子会社に加えて、日本を拠点とするイエロースキャンジャパン(YellowScanJapan)が設立された。 YellowScanで...
ACSL、展示会内最大規模でソリューションを紹介[第8回国際ドローン展]

ACSL、展示会内最大規模でソリューションを紹介[第8回国際ドローン展]

「SOTEN(蒼天)」他多くのソリューションを展示 官民で共同開発した国産ドローン「SOTEN(蒼天)」のファームウェアアップデート運用制限が無事解除されたACSL。初日、鷲谷聡之代表取締役が登壇した特別公演「国産発の量産型ドローンSOTENについて」は、多くの人が耳を傾けていた。それだけ「蒼天」への期待が大きいと言え...
多様性のある展示に多くの人が国際ドローン展に集う[第8回国際ドローン展]

多様性のある展示に多くの人が国際ドローン展に集う[第8回国際ドローン展]

復興基調の展示会に多くの人が集う 2022年7月20日(水)から、東京ビックサイト東5ホールにて国際ドローン展が開催中だ。出展数は昨年の21団体/企業から微増し、29とそれほど多くはないが、プラントメンテナンスショー、インフラ検査・維持管理展、i-Construction推進展など同時に複数展示会が開催され、「メンテナ...
Vol.02 全天候型PRODRONE産業用ドローンデモ全て見せます![DRONE EXPO 2022 in Aichi]

Vol.02 全天候型PRODRONE産業用ドローンデモ全て見せます![DRONE EXPO 2022 in Aichi]

降雨の中で開催された「DRONE EXPO 2022 in Aichi」。全天候型ドローンが勢揃いとなり、すぐ近くまで来ている"ドローン前提社会"をひと足はやく見るには最高のコンディションの中でのデモフライトとなった。今回は、デモフライトを行ったPRODRONE産業機やその取り組みを紹介していく。 ...
ドローン前提社会はすぐそこに!荒天の中”当たり前”に飛ぶドローンが勢揃いした「DRONE EXPO 2022 in Aichi」

Vol.01 ドローン前提社会直前!荒天の中”当たり前”に飛ぶドローンが勢揃い[DRONE EXPO 2022 in Aichi]

DRONE EXPO 2022 in Aichi開催!悪天候の中、空を舞うドローン達 台風の影響で時折雨が降る中、そのような悪天候をまったく、ものともせず何機もの産業用ドローンが目の前を飛んでいた。2022年7月5日、愛知県豊田市の藤岡ヘリポートで"ドローン前提社会が体感できるイベント"として「DR...
2022年ドローン業界、盛況な様子を振り返る[Japan Drone 2022]

2022年ドローン業界、盛況な様子を振り返る[Japan Drone 2022]

大きく変わるドローン業界地図をリアルに体感できた今年のJapan Drone 2022 Japan Drone 2022が無事閉幕した。2021年に引き続き幕張メッセでリアル開催され、多くの関係者や来場者で会場が賑わった。 今年は、通信大手3社に加えIT企業のGMOなどスポンサー揃い、少し違う顔ぶれとなった。すでに国内...
Return Top