DRONE

コラム

Category
Vol.31 ハイブリッド「CES 2022」から見えたドローンのこれから[Drone Design]

Vol.30 ハイブリッド「CES 2022」から見えたドローンのこれから[Drone Design]

提供:CTA 毎年1月にラスベガスで開催されるデジタルをテーマにした国際ビジネス展示会「CES」が、前回のデジタル形式を経て今年はハイブリッド形式で開催されました。CESは最新のドローンたちに出会える場でもあり、取材に行くのをとても楽しみにしていたのですが、昨年末からオミクロン株が急速に猛威を振るいだしたこともあり、残...
小林啓倫のドローン最前線

Vol.51 配送用ドローンが促す環境の進化[小林啓倫のドローン最前線]

普及が遅れるドローン配送 米アマゾンがドローンを配送に使用するという大胆な計画を打ち出したのは、今からおよそ8年前、2013年12月のことだ。それから長い年月が経過し、アマゾン以外にもさまざまな大手企業がドローン配送の実現に取り組んでいるが、いまだに私たちの注文した品は人間の配送員が届けてくれている。 もちろん実証実験...
Case.11 実際に触るとわかるAirpeak S1のスゴさ!体験操縦レポートVol.02[田口 厚のドローンプロジェクト日誌]

Case.11 実際に触るとわかるAirpeak S1のスゴさ!体験操縦レポートVol.02[田口 厚のドローンプロ...

Airpeak S1の概要 国内外で注目を集めるSonyが開発したハイエンド空撮機 Airpeak S1。世界的な半導体不足の影響もあり当初の予定よりも少々遅れたが11月16日に販売を開始しました。Airpeak S1は、Sonyのフルサイズミラーレス一眼・αシリーズやFX3を搭載できる世界最小クラスの機体であり、機敏...
春原久徳のドローントレンドウォッチング

Vol.52 日本でのドローン産業の来年にむけて[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

このコラムで今年最後となるが、2021年もドローン界隈は様々な動きがあった。 ドローンへの関わり方によって、進捗度合いも異なってきていると思う。 2021年を振り返る ドローン関連のニュースとしては、やはり来年度のLevel4(人口集中地区での目視外飛行)の解禁に向けての制度設計の概要が打ち出されてきているが、機体登録...
知っておきたい!ドローン新制度「機体登録制度」

知っておきたい!ドローン新制度「機体登録制度」まるわかり

※写真のIDは、ダミーです 2020年6月に公布された改正航空法により、無人航空機(ドローン)の機体登録制度が創設されます。それに伴い、2021年11月25日に発表された「無人航空機登録要領」により2022年6月20日に義務化される登録制度の内容が明らかになりました。 機体登録しないとどうなるの?リモートIDってどうし...
Vol.59 驚きの飛行性能&高画質!Mavic 3の映像を検証する・中編 [Reviews]

Vol.59 驚きの飛行性能&高画質!Mavic 3の映像を検証する・中編 [Reviews]

ついにデリバリーが始まったDJIの新型ドローンMavic 3シリーズ。一部機能は2022年1月のアップデートで開放となる予定ですが、基本的な撮影機能は使える状態にありますので一度実飛行及び撮影をテストしてみたいと思います。Inspire 2同等の4/3インチセンサーを積んだカメラ、5.1K高解像度、4K120fpsのス...
Vol.50 仮想空間で「師匠」に学ぶAIドローン [小林啓倫のドローン最前線]

Vol.50 仮想空間で「師匠」に学ぶAIドローン [小林啓倫のドローン最前線]

AIを鍛えるトレーニング 料理でも運転でも、何らかのスキルを向上させようとした場合、トレーニングを欠かすことはできない。特定の動作の繰り返しによって、重要なコツやテクニックを体に覚えこませることができる。そうしたコツは言語化が難しい場合が多く、実質的に、反復練習がスキル習得の唯一の手段となる。 いまAIを開発する手段と...
春原久徳のドローントレンドウォッチング

Vol.51 ドローンのサービスプロバイダー[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

世界のドローンの調査機関の中で、継続的であり、かつ、ワールドワイドでドローン企業に直接的な調査を行っているのは、やはりDRONE INDUSTRY INSIGHTSだろう。 参考:DRONE INFUSTRY INSIGHTS 筆者自身も毎年インプレスから発刊されている「ドローンビジネス調査報告書」で2016年からずっ...
Vol.14 「SYNCWORLD」同期する世界で、エンジンドローンが飛ぶ未来[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]

Vol.14 「SYNCWORLD」同期する世界で、エンジンドローンが飛ぶ未来[空150mまでのキャリア〜ロボティク...

ドローン・ロボティクス業界にいち早く参入して活躍するプレイヤーの方々のキャリアに焦点を当て、その人となりや価値観などを紹介する連載コラム[空150mまでのキャリア~ロボティクスの先人達に訊く]第14回は、あのチームラボを経て、2020年から家業である會澤高圧コンクリートでエンジンドローンの開発など、数々のビッグプロジェ...
最上位カメラドローン爆誕!!DJI MAVIC 3のポテンシャルを検証する・前編[Reviews]

Vol.58 DJI Mavic 3登場!その進化を検証する・前編 [Reviews]

Mavic 2シリーズがデビューして3年、ついに待ちに待ったMavic 3シリーズが発表となりました。かつてはDJI Inspire 2 がカバーしていたプロシューマ〜プロフェッショナルレベルまで対応した驚くべき進化をとげたMavic 3をいち早くレビューします。 Mavic 3充実のバージョンアップをおさらい 3年ぶ...
Vol.58 用途に合わせ合体!超小型DJI Action 2はフレキシブルなアクションカメラ[Reviews]

Vol.58 用途に合わせ合体!超小型DJI Action 2はフレキシブルなアクションカメラ[Reviews]

2年前、GoProの対抗馬として鮮烈なデビューを果たしたDJI初のアクションカメラ「OSMO Action」。今度は全く新しいコンセプトのアクションカメラ「DJI Action 2(Dual-Screenコンボ / Powerコンボ)」としてバージョンアップしました。今回も事前にお借りしていろいろと遊んでみましたのでレ...
記事のタイトル

Vol.13 「絶景×音楽」配信コンテンツとドローン[古賀心太郎のドローンカルチャー原論]

世界遺産に名を連ねる遺跡や城、なかなか訪れることが難しい大自然の中など、美しいロケーションにステージを作り、そこからDJやライブセットを配信する、絶景と音楽を組み合わせた配信コンテンツが話題を呼んでいます。 コロナ禍で旅行ができなくなり、また音楽フェスの開催が困難になる中、人々にひとときの解放感を与えてくれるコンテンツ...
SkyDriveがカーゴドローンの海上飛行実証実験を大阪湾で公開

SkyDriveがカーゴドローンの海上飛行実証実験を大阪湾で公開

株式会社SkyDriveは2021年10月22日、大阪港中央突堤でカーゴドローンを海上飛行で自律飛行させる実証実験を公開した。 使用したのは物流ドローンとしてすでに販売されている「SkyLift」。 全長1.2m X 全幅1.8m、全高1.0m.機体重量35kg、ペイロードは最大で30kgとなっている。 バッテリー重量...
Vol.50 本格開始されたLTEの上空利用サービス[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

Vol.50 本格開始されたLTEの上空利用サービス[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

昨年8月のコラムで「携帯電話等の上空利用を考える」という内容を書いたが、ようやく本格サービスが開始された。 LTE上空利用サービス NTTドコモが7月に「LTE上空利用サービス」を発表した。 それは、ドローンにプラン対応のSIMカードを挿入、もしくは同SIMカードを挿入したLTE対応端末を搭載することで、上空のモバイル...
Vol.29 空の移動を再構築するUrban Air Mobilityがやってくる![Drone Design]

Vol.29 空の移動を再構築するUrban Air Mobilityがやってくる![Drone Design]

これまでにもいろいろ紹介してきたパッセンジャー・ドローンやフライング(エア)・タクシーと呼ばれる空の移動手段ですが、ここにきてUrban Air Mobility=UAMというカテゴリという新たな成長市場として注目を集めるようになっています。 UAMは新・都市交通システムとも言われ、都市や郊外で乗客や荷物を運ぶシステム...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.25 3Dプリンター その4[シュウ・コバヤシのドローンマニア]

あたらしい3Dプリンター 前回に今まで私が使ってきた3Dプリンターたちを紹介してきました。そして、今回新しい3Dプリンターを購入したので、その選考過程など、決め手になったことをご紹介したいと思います。 いくつか候補に挙がった機種があります。1つ目はFLASHFORGE製のAdventurer3Xです。 FLASHFOR...
Vol.25 「iPhoneでボケ映像撮影」10年超しの夢がiPhone13 Proで実現されたiPhone 13の新機能シネマティックモードとは?[田路昌也の中国・香港ドローン便り]

Vol.25 「iPhoneでボケ映像撮影」10年超しの夢が実現!iPhone 13のシネマティックモードとは?[田...

9月24日、iPhone13シリーズが発売されました。 発表前には動画性能が向上していると噂されていましたが、発表会でアナウンスされた新機能は我々ユーザーをワクワクさせるものでした。そんな中でもわたしがiPhone13 Proシリーズで注目しているのは、 Apple ProRes シネマティックモード の二つの機能です...
DJI、新モデル「DJI OM 5」、OMシリーズ初心者が使ってハマった機能はコレ!

Vol.57 DJI OM 5初心者が使ってハマった機能はコレ![Reviews]

ドローンメーカーでお馴染みDJIが手がける、スマートフォン向けスタビライザーOMシリーズの最新モデル「DJI OM 5」が2021年9月8日に発表されました。 従来機OM 4からさらに小型・軽量化され、自撮り棒のように使える延長ロッドも内蔵。 セルフィー撮影をはじめ、手振れのない動画撮影、自動トラッキングなど、OM 5...
Vol.49 DXとドローンの関係[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

Vol.49 DXとドローンの関係[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

各分野でDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が図られているが、実態が見えにくいことも事実だ。 それはDX、そのものの概念が不透明な部分もあるし、また、各業態によっても、内容やレベルが異なっているということにも起因しているだろう。 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 企業がビジネス環境の激しい変化に...
Vol.24 DJI OM5、スマートフォンの進化を後押しする手に入れたいジンバル[田路昌也の中国・香港ドローン便り]

Vol.24 DJI OM5、スマートフォンの進化を後押しする手に入れたいジンバル[田路昌也の中国・香港ドローン便り...

DJIから9月8日、久しぶりに新製品が発表されました。それが今回のコラムで紹介するスマートフォン・ジンバル DJI OM5です。今回は私の気になった部分やなぜ購入に至ったのかといった点についてお話します。 旧モデルOM4からちょうど1年での発売となった新モデルは、コンパクトでかつシンプルなデザインになっています。 DJ...
小林啓倫のドローン最前線

Vol.49 季節の変化を認識するドローン[小林啓倫のドローン最前線]

研究が進む地形相対航法 私たちが生活する上で、GPSはすっかり欠かせない存在になった。 車で移動する際のカーナビゲーションシステムはもとより、2000年代に入ると携帯電話にもGPSが搭載され、自分の居場所を簡単に知れるようになった。 しかしGPSといえども万能ではなく、GPS衛星の電波が届かず使えなくなるような場所もあ...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.24 3Dプリンター その3[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

おおよそ2年 このドローンマニアを書き始めて、早くも2年が経ちました。その記念すべきVol.1とVol.2では、3Dプリンターについて書いておりました。当時はまだ会社員としてドローンに携わっており、マイクロドローンを制作していたり、企業の実証実験なども行っていたため、3Dプリンターをそこそこ利用していました。 現在では...
記事のタイトル

Vol.12 ドローンとスケートボードの類似性 [古賀心太郎のドローンカルチャー原論]

東京オリンピック2020大会で、印象に残ったシーンはいくつもありましたが、今大会で注目を浴びた競技のひとつに、新種目スケートボードが挙げられると思います。ストリートの堀米雄斗選手と西矢椛選手、パークの四十住さくら選手が金メダルを獲得し、日本でもこのスケートボードという競技への注目度が一気に高まりました。 実況でも解説さ...
記事のタイトル

Vol.56 飛ばして楽しい!撮っても映える!KYOSHO EGG「空とぶドラえもん」はおうち時間を楽しくするひみつ...

誰もが子どものころ観たアニメ「ドラえもん」。空を飛ぶ"タケコプター"はいつ発明されるのか…と今も楽しみな方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ひと足お先に"タケコプター"を実現したトイラジ「空とぶドラえもん」(京商株式会社 価格5,478円(税込)、実売は4,000円前後)...
春原久徳のドローントレンドウォッチング

Vol.48 水中ドローンのガイドライン[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

国土交通省は今年の6月にAUV(自律型無人潜水機)の安全運用ガイドラインを策定・公表したことを発表した。これにより、水中での自律移動型ヴィークルの活用が進んでいくことが予想される。 海洋無人機の定義 ※画像をクリックすると拡大します 海洋無人機(Unmanned Maritime Vehicle/UMV)は上記に示すと...
Return Top