DRONE

コラム

Category
Leonardo Drone Contest

Vol.28 コンテストから見えてくるドローンの開発トレンド[Drone Design]

COVID-19の感染拡大は、あらゆる場面でデジタル化を推進するDX(デジタルトランスフォーメーション)現象ともいえる動きを見せていますが、ドローン市場もその影響を大きく受けています。この数年の間にドローンの開発や技術研究を援助するコンテストも増え、そこからドローンに求められる機能や技術の方向性が見えてくることもありま...
Vol.47 助けを呼ぶ声に反応するドローン、訓練中[小林啓倫のドローン最前線]

Vol.47 助けを呼ぶ声に反応するドローン、訓練中[小林啓倫のドローン最前線]

進化する防災ドローン さまざまな領域への導入が進むドローンについて、早い段階から期待されていた用途のひとつが防災分野での活用だ。上空からカメラやセンサー類で情報収集することによって、被害の全体像を把握する、事件・事故にまきこまれた被害者をいち早く確認する、あるいは「空飛ぶ基地局」として被災地に通信インフラを復活させるな...
記事のタイトル

Vol.47 日本の産業用ドローンで急速に浸透するArdupilot[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

2021年6月14日~16日にかけて、幕張メッセでJapan Drone2021が開催された。その内容はこのDrone.jpのサイトでも特集されているのでチェックしてほしい。 筆者も3日間、セミナーの講師やJapan Drone Best Awardの審査員などを行うかたわらで、各ブースを見たり、ドローン関係者と話をし...
記事のタイトル

Vol.27 運動不足解消に最適?!ドローンと一緒にフィットネス![Drone Design]

新型コロナウイルスの影響で運動する機会が減ってる人は多いのではないでしょうか。ジョギングするにしても一人では寂しいし、部屋で運動するにも正しい方法でできているのかわからない…そんな不安をドローンが助けてくれるかもしれません。 「Jaggobot」 その名も「Jaggobot」はAIを搭載したクワッドローター式ドローンで...
Vol.11 ソニーがドローンに挑む意義[古賀心太郎のドローンカルチャー原論]

Vol.11 ソニーがドローンに挑む意義[古賀心太郎のドローンカルチャー原論]

Airpeak S1がついに登場! いま、このドローン業界をもっとも賑わせているニュースのひとつ、ソニーが発表したAirpeak S1。今年のCESで吉田憲一郎CEOにより発表されたこのドローンは、業界で大きな反響を呼び、この半年間、人々の注目を集めてきました。 そして2021年6月10日、ついにそのスペックが明らかに...
記事のタイトル

Vol.06 エアロネクスト、ドローンのフードデリバリーにも着手[ドローン実証実験レポート]

ニュースでもお伝えしたが、エアロネクストは2021年6月10日、吉野家、出前館、ACCESS、横須賀市立市民病院とともに、調理したて熱々の牛丼を医療従事者にドローンで届ける実証実験を行った。飛行ルートは、横須賀市立石公園の半島から海上を4.5km、河口から河川上空に入り0.7kmを通る合計5.2km。当日は約7m/sの...
記事のタイトル

Vol.05 みちびきSLAS搭載の水上ドローン、マリンスポーツ活用へ[ドローン実証実験レポート]

ドローン・ジャパンは2021年5月、ウィンドサーフィンなどのマリンスポーツで、立ち入り禁止区域などを示すための水上ドローン、いわゆる「自律ブイ」の実証実験に成功したことを明らかにした。 みちびきのサブメーター級測位補強サービスSLASをブイに搭載しており、あらかじめ連携した管理システムから遠隔で指示すると、ブイが自律的...
記事のタイトル

Vol.05 夏2021〜ひろし木曽路を往く。その真価を知るDJI Zenmuse P1 & DJI Te...

ドローンを通して、世の中を明るくしたい「空☆ひろし」こと二木洋です。1年ぶりの登場です。 新しい生活様式を迎えることになったことは驚きとも言えます。たとえ我々の動機は遅くなろうとも、ドローンの進化に驚きを隠せません。自分の成長はドローンの進化には遠く及びませんが、日々精進しています。例え自分が成長しなくとも、相棒である...
記事のタイトル

Vol.22 ドローンパイロットで飯が食えるか?その1 [シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

コバヤシの現状 2021年の4月で、独立して個人事業主のドローンパイロットとして1年が経ちました。初めての確定申告も終わり、1年間の売上げが見えてきました。2020年度はコロナの影響もあり、はっきり言って順調ではありませんでした。オリンピック関係の仕事はすべて白紙になり、コマーシャル系の撮影も計画変更や縮小が続きました...
記事のタイトル

Vol.26 空飛ぶ救助犬?!見つける才能を高めるドローンたち[Drone Design]

Appleが"見つける天才。"と呼ぶAirTagが話題になっていますが、探す機能ではドローンも負けず劣らず性能を高めていて、いろいろな技術が登場しています。 無線機オーディオペイロード ドローンを通じて双方向で会話ができる"オーディオペイロード" ドローンは広い範囲をすばやくカバ...
記事のタイトル

Vol.13 ドローン業界内転職、エンルートからJDRONEへ[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く...

ドローン・ロボティクス業界にいち早く参入して活躍するプレイヤーの方々のキャリアに焦点を当て、その人となりや価値観などを紹介する連載コラム[空150mまでのキャリア~ロボティクスの先人達に訊く]第13回は、2016年10月に入社したエンルートから、2021年4月にドローン業界内転職を果たした浅井広美氏にインタビューした。...
記事のタイトル

Vol.46 新しいステージに入ったドローン産業[春原久徳のドローントレンドウォッチング]

昨年、Matrice300 RTKが発表されたことを受けて、「DJIの戦略の変遷」というコラムを書いた。 ▶︎[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.38 DJIの戦略の変遷 これまでのドローン産業の動向はDJIの動きとともにあったのは間違いないが、米中対立という流れもあり、ここに来て潮目が大き...
記事のタイトル

Vol.23 次の旅にはDJI FPVとDJI Air 2Sで行こう![田路昌也の中国・香港ドローン便り]

DJIドローンの組み合わせ 前回Vol.22のコラムで「DJI FPVとDJI Mini 2は完璧な組み合わせ」、空撮はこの組み合わせで一生行ける!と確信したのもつかの間、今回発売と同時にDJI Air 2Sを購入してしまいました。 これには伏線があって、旅行に行けないことでストレスが溜まっていることからコロナ開けには...
Vol.46 NASAの「火星ドローン」ついに離陸[小林啓倫のドローン最前線]

Vol.46 NASAの「火星ドローン」ついに離陸[小林啓倫のドローン最前線]

史上初、地球以外の惑星の空を飛んだドローン 3年前の2018年2月、この連載の中で、米NASAが惑星探査におけるドローン活用を模索しているという話題に触れた。探査機にドローンを搭載して惑星に着地させ、そこで飛行させることで、探査をより効率的に行おうというわけだ。 そして2021年4月19日。NASAは人類史上初となる、...
記事のタイトル

Vol.21 あるドローンパイロットの1日 [シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

撮影当日のルーティーン まだ夜明け前の午前4時、目覚ましが鳴る少し前に自然と目が覚める。撮影当日は緊張からなのか目覚めが良いことがある。妻を起こさぬようにそっとベットを抜け出し、手早く身支度を済ませる。昨夜のうちに着るものやカバンは用意しておく。サングラスなどを忘れるとコンビニやサービスエリアで買う羽目になるので事前の...
DJI Air 2S

Vol.55 DJI Air 2S飛行編〜オールインワンこそ正義だ![Reviews]

高画質な1インチセンサー搭載の小型ドローンとしてバージョンアップしたDJI Air 2S。普段はMavic 2 Proを使うことが多い筆者としては、この小型機がどんな使い方ができるのか知りたい衝動がおさえきれず、晴天の屋外でさっそく飛ばしてきましたのでレポートいたします。 機敏な動きはMavic 2 Pro以上!ただし...
NEDO

Vol.04 どこまで進んだ?「安心安全な国産ドローン」のいま[ドローン実証実験レポート]

ドローンのセキュリティ対策に関する政府や公共部門のニーズに応え、NEDOは「安心安全なドローン基盤技術開発」の委託事業と助成事業をセットで進めている。今回は、4月13日にNEDOが開催した、安心安全な国産ドローンの試作機の披露会を取材し、開発の進捗をレポートする。 本事業の概要 本事業の期間は2020年度~2021年度...
Vol.54 DJI Air 2Sは本格映像制作ツール?1インチセンサー5.4Kオールインワン・ドローンを開封 [Reviews]

Vol.54 DJI Air 2Sは本格映像制作ツール?1インチセンサー5.4Kオールインワン・ドローンを開封 [R...

もはやコンシューマー機の完成形と思われたMavic Air 2がなんと1年でバージョンアップ!DJIの他シリーズ同様名称変更で「Mavic」が消えたものの、コンパクトなボディはそのままにカメラに高画質な1インチセンサーを搭載、4Kを超えた5.4Kの高解像度撮影にも対応しました。今回は「DJI Air 2S Worry-...
記事のタイトル

Vol.22 Mavic一択ユーザーがついにDJI FPV入手した理由とは?[田路昌也の中国・香港ドローン便り]

DJIの新型ドローン「DJI FPV」 2021年3月2日、DJIは新型ドローン「DJI FPV」を発表しました。発表されたドローンは魅力的だし興味はあるけれど私の手に負えるものではないと判断し一旦購入は見送りました。 その後、3月5日に「FPVについて語るライブ」を私のYouTubeチャンネルで実施、上海在住で長年F...
記事のタイトル

Vol.25 導入が始まる消防現場を支援するドローンたち[Drone Design]

2021年2月21日に栃木県足利市で発生した大規模な山火事は8日間燃え続け、3月1日に「鎮圧宣言」が出されたものの、延焼は無くなったと判断する「鎮火宣言」まで出火から23日を要しました。ニュースで現場をパトロールする消防隊員たちの姿を見ましたが、広大な山中を目視で火種が残ってないか確認するのはかなり大変そうでした。山火...
DJI FPV

Vol.53 DJI FPV完結編!ゴーグルで目視外フライト&空撮の巻[Reviews]

国土交通省東京航空局長からDJI FPVの目視外飛行について飛行許可承認申請が出ましたので、さっそくゴーグルを装着してDJI FPVをフライトさせて行ってきました(FPVビギナーなのでSモードでのフライトです)。屋外でゴーグルを利用したフライトは初めての筆者ですが、事前にフライトシミュレーター「DJI Virtual ...
留目真伸氏

Vol.12「オープンでフラットな社会人同士の対話」10年間続けたプロ経営者[空150mまでのキャリア〜ロボティクス...

SUNDRED代表取締役/VAIO CINO(Chief Innovation Officer)/VFR代表取締役社長を務める留目真伸氏 ドローン・ロボティクス業界にいち早く参入して活躍するプレイヤーの方々のキャリアに焦点を当て、その人となりや価値観などを紹介する連載コラム[空150mまでのキャリア~ロボティクスの先人...
DJI FPV

Vol.52 DJI FPVはFPVビギナーにも楽しめるのか?国土交通省飛行許可承認申請および目視外飛行時の注意点早...

ゴーグルに映し出されるドローンからのリアルタイム映像の没入感がたまらないDJI FPVですが、屋外でゴーグルの映像を頼りにドローンを操縦するには、国土交通省への申請&飛行許可承認が必要になります。 今回は、国土交通省のオンライン無人航空機飛行許可申請システム「DIPS」を使って「航空局標準マニュアル02」...
「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」小学6年、上関風雅選手に栄冠輝く!

「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」小学6年、上関風雅選手に栄冠輝く!

日本最大級の屋内ドローンレース「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」が2021年3月16日、幕張メッセ国際展示場で開催された。初回の昨年、無観客開催にも関わらず放送や配信が好評だったことを受けて、第2回となる本大会の開催が決定。 初回に続いて一般観戦は見送られたが、デッドヒートが繰り広げられた。...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.20 FPVの壁〜我々は乗り越えられるのか?

DJI FPV 2021年3月2日にDJIからDJI FPVという新しい製品が発表されました。そして私は、早朝布団の中で映像と記事を見て、そのまま注文をしました。ドローン界隈もこの製品で賛否両論ざわついていますね。では何がそんなに画期的な製品なのでしょうか。 簡単に説明すると、今までのドローンは基本的に機体を直接見て、...
Return Top