DRONE

コラム

Category
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.18 ドローンで使用するデバイス

パソコンとスマートフォン ドローンを飛ばすにあたってほぼ必須と言っていいデバイスがパソコンとスマートフォンだと思います。ただ単にドローンを飛ばす際にはパソコンやスマートフォンが無くても飛ばせないことはないのですが、撮影素材の確認や、設定変更、ファームウェアのアップデートなどなど必要な場合があります。 私自身、パソコンや...
記事のタイトル

[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]Vol.10 金沢Uターン「ドローンショー」起業のワケ

株式会社ドローンショー代表取締役CEO 山本雄貴氏 ドローン・ロボティクス業界にいち早く参入して活躍するプレイヤーの方々のキャリアに焦点を当て、その人となりや価値観などを紹介する連載コラム[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]第10回は、石川県金沢市で国内初となるドローンショーの企画・運営を手がける会...
[田路昌也の中国・香港ドローン便り]Vol.20 DJIを巡る良いニュースと悪いニュース2021

[田路昌也の中国・香港ドローン便り]Vol.20 DJIを巡る良いニュースと悪いニュース2021

香港初日の出 香港でのDJIの状況 あけましておめでとうございます。 2021年最初は香港の初日の出からスタートしたいと思います。この日の香港は晴れ、無風というドローンには絶好の条件。7時3分が日の出ということでほんの少し早起きをするだけで撮影できました。 新年、第一回ということでどんな話でこのコラムを始めようか考えま...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.17 ゲームから想像する未来

ゲームで描かれるドローン ちょうど1年前ぐらいにVol.4でゲームに登場するドローンについて紹介しました。あれから色々なゲームがリリースされましたが、もはやドローンが登場するのはなにも珍しくなくなりました。そして、今までは一つの道具として使われる程度でしたが、最近は物語の中核を占める重要なアイテムとして扱われるようにな...
[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.43 ドローンソリューションの実用化は進んでいるのか

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.43 ドローンソリューションの実用化は進んでいるのか

2016年より執筆している「ドローンビジネス調査報告書」(株式会社インプレス)だが、毎年3月に発行していることもあり、そろそろ来年発行のための準備を始めている。まず行うのは、今年のドローンビジネスの状況がどうであったかを振り返る作業だ。その後、年明けくらいから各関係者の方々とインタビューを行い、現在の状況や予測を固めて...
[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]Vol.09 ドローンを飛ばす以外の「人として」が大事

[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]Vol.09 ドローンを飛ばす以外の「人として」が大事

ドローン・ロボティクス業界にいち早く参入して活躍するプレイヤーの方々のキャリアに焦点を当て、その人となりや価値観などを紹介する連載コラム[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]第9回目は、株式会社TADACO JAPANドローン事業部の阪口公恵氏にインタビューした。 同社は、2020年3月に東急リバブル...
[田路昌也の中国・香港ドローン便り]Vol.19 「DJI Mini 2」海外版と日本版の違いを考察

[田路昌也の中国・香港ドローン便り]Vol.19 「DJI Mini 2」海外版と日本版の違いを考察

このコラムのタイトルでお分かりいただけると思いますが、私は香港に30年近く住んでいます。1997年6月末までイギリス植民地だった香港。しかし、一般大衆にはむしろ日本文化が浸透しており、アニメ、歌謡曲、おもちゃなど日本文化どっぷりという人は少なくありません。 そんな香港ですので、買い物に立ち寄ったお店等で、私が日本人だと...
[小林啓倫のドローン最前線]Vol.45 コロナ禍でのM&Aを支えるドローン

[小林啓倫のドローン最前線]Vol.45 コロナ禍でのM&Aを支えるドローン

コロナ禍で生まれた、金融業界の新たなドローン活用 2016年、米金融大手のゴールドマン・サックスは、2020年までにドローン市場の規模が全世界で1000億ドルに達するだろうと予測した(ただしその7割は軍事用で、民間用が占めるシェアは3割となっている)。さらにその用途は、建設や農業、保険、警察など多岐にわたるだろうと予想...
[Drone Design]Vol.22 自分にプレゼントしたくなる?インドアで飛ばせるトイ・ドローンあれこれ

[Drone Design]Vol.22 自分にプレゼントしたくなる?インドアで飛ばせるトイ・ドローンあれこれ

ドローンには興味があるけれど、いきなり外で飛ばすのはハードルが高そう…という人たちにおすすめ(?)なのが、トイ・ドローンと呼ばれるおもちゃのドローンです。 おもちゃといってもドローンならではの機能はしっかり搭載されていて、コントローラーで本格的に操作できるものから飛行性能が高いものまで種類もいろいろ。子供向けということ...
[古賀心太郎のドローンカルチャー原論]Vol.08 映画の中のドローン達

[古賀心太郎のドローンカルチャー原論]Vol.08 映画の中のドローン達

テーマとしてのドローン テクノロジーというものは、昔から映画の中でテーマとしてよく取り上げられてきました。ロボット、AI、クローン技術、管理社会etc…、SFを中心に、多くの映画の題材としてスクリーンに映し出されてきましたが、そのほとんどは、未知の技術が生み出す弊害や混乱への警鐘、または社会的・政治的問題のメタファーと...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.16 ドローンの情報セキュリティ対策

情報セキュリティ対策 前回ドローンの情報セキュリティの危険性についてお伝えしました。今回は現在考えられる対策について考えていきたいと思います。前回の最後にも追記しましたが、令和2年9月14日付で関係省庁での申し合わせがあったと追記いたしました。詳細はこちらです。ここにも対策が少し書かれています。一部抜粋します。 5.経...
[Drone Design]Vol.21 グッドデザイン賞から見えたドローンの変遷とは?

[Drone Design]Vol.21 グッドデザイン賞から見えたドローンの変遷とは?

ドローンのグッドデザイン賞受賞履歴 毎年秋に発表されるグッドデザイン賞の発表が10月30日に行われました。 1957年に創設された日本で唯一ともいえる、デザインを総合的に評価する取り組みは、プロダクト製品だけでなくソフトウェアやサービス、社会活動など有形無形に幅広く対象を拡げていて、そのブランド力を高めようとしています...
[Reviews]Vol.48 飛ばして納得「DJI Mini 2」の実力。身近で手軽な撮影ツールとして大きく進化 [後編]

[Reviews]Vol.48 飛ばして納得「DJI Mini 2」の実力。身近で手軽な撮影ツールとして大きく進化 ...

進化したDJI Mini 2を実際に飛ばしてみた 初代Mavic Miniを使用して、感じていた不満「これ、4Kならよかったのになぁ…」「あぁ…遠くへ飛ばしてないのに映像伝送が乱れてきた…」。せっかくの絶景撮影チャンスを逃したくない筆者は、持ち運びが楽なMavic Miniを持って行くのにもかかわらず、万が一(最高の被...
[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.42 激化する1,000gアラウンドのドローン

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.42 激化する1,000gアラウンドのドローン

DJIが2017年ぐらいから拡張戦略の中心に据えていたPublic Safety(警察や消防など)を始めとした現場での1人1台の施策が現実化し始めており、Public Safetyでの現場検証、災害調査などだけではなく、報道撮影、工事現場での進捗管理、各種点検、測量、農地や森林調査など、空からのデータ取得を中心にその活...
[Reviews]Vol.47 199gの感動再び「DJI Mini 2」 日本最速レビュー〜まるで小さな “Mavic 2” [前編]

[Reviews]Vol.47 199gの感動再び「DJI Mini 2」 日本最速レビュー〜まるで小さな “Mav...

199gその驚き、進化して登場 MINI 2 10月以降、立て続けにカメラ関連新製品をリリースしているDJIがついにドローンの新製品「DJI MINI 2」を発表しました。もちろん、昨年10月末にリリースされた199gに重量を抑えた小型本格ドローンMavic Mini の後継機。「Mavic」の冠が外れるカタチとなりま...
[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]Vol.08 心折れる困難も「勘違いだった」と思える仲間と歩む

[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達に訊く]Vol.08 心折れる困難も「勘違いだった」と思える仲間と歩...

空飛ぶクルマと呼ばれるeVTOLを開発しGoFlyにて唯一賞を獲得したテトラ・アビエーション代表 中井佑氏が開発経緯などを説明する様子 ドローン・ロボティクス業界にいち早く参入して活躍するプレイヤーの方々のキャリアに焦点を当て、その人となりや価値観などを紹介する連載コラム[空150mまでのキャリア〜ロボティクスの先人達...
[Reviews] Vol.46 DJI Pocket 2登場。早速TV番組の制作現場に投入してみた![後編]

[Reviews] Vol.46 DJI Pocket 2登場。早速TV番組の制作現場に投入してみた![後編]

実践試用 さて、いよいよPocket 2を現場に持ち出すことにした。早速TV撮影の現場で使ってみた。デモ機が届いた翌日の現場で、まだ全然その機能などを理解していない段階での利用だったが、現場で十分に理解が進んでいくシンプルさだった。私とディレクターで、手探り状態で使ったものの、十分にこちらが意図した映像を撮ることができ...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.15 ドローンの情報セキュリティ

中国製ドローン排除の動き ここ最近、アメリカトランプ政権の政策で、中国メーカー製のルーターやハブ、サーバーなどネットワーク機器を排除する動きから、パソコン、スマートフォン、そしてSNSまで波及し、ついにドローンも中国メーカー製のものも危険視する流れがあります。一部報道で、日本政府もアメリカに同調し、中国メーカー製のもの...
[Drone Design]Vol.20 スマートホーム・キットへと進化するドローンのデザインはどう変わる?

[Drone Design]Vol.20 スマートホーム・キットへと進化するドローンのデザインはどう変わる?

ただ空を飛ばすだけが目的のオモチャからどんどん進化しているドローンたち。もっといろんなシーンでドローンを活用しようと、これまでいろいろユニークなアイデアが提案されていました。そうした中でこれからの活躍がひそかに期待されているのが、スマートホームのキットとして開発されたドローンたちの登場です。 Ring「Ring Alw...
[古賀心太郎のドローンカルチャー原論]Vol.07 宇宙ビジネスとドローン

[古賀心太郎のドローンカルチャー原論]Vol.07 宇宙ビジネスとドローン

New Spaceの時代 学生時代、航空宇宙工学の勉強をしていました。その頃は、宇宙ビジネスの可能性が語られ始めた時期でしたが、まだまだ国が宇宙開発を主導するという時代で、宇宙をビジネスの対象とした民間企業は、多くありませんでした。 しかしこの数年、民間主導の宇宙ビジネスがいよいよ本格化してきたように感じます。例えば、...
[小林啓倫のドローン最前線]Vol.44 AIが進める「ロボットの役割分担」

[小林啓倫のドローン最前線]Vol.44 AIが進める「ロボットの役割分担」

進化が進む「陸上ドローン」の分野 本サイト「Drone.jp」は、その名の通りドローンをテーマとした専門サイトだ。そのため取り上げられるニュースはドローン、つまり空を飛ぶ小型無人機に関するものであることが多いが、最近は水上や水中、あるいは陸上で自律行動が可能な小型の移動型機器も高度化しており、それらにも時折「ドローン」...
[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.41 政府方針に揺れるドローンのセキュリティ

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.41 政府方針に揺れるドローンのセキュリティ

9月に内閣官房より「ドローンに関するセキュリティリスクへの対応について」という資料が提出された。 この発表をうけて、毎日新聞が「政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化」といった報道がされた。 この記事により、DJIのドローンが70%程度を占める現在の市場において、政府機関の新規購入の排...
[Reviews]Vol.44 実際の飛行を試す!6KだけじゃないAUTEL EVO II Proの魅力とは [中編]

[Reviews]Vol.44 実際の飛行を試す!6KだけじゃないAUTEL EVO II Proの魅力とは [中編...

6K/30p対応ドローンとして大注目のAUTEL EVO II Pro。先日開催された「Japan Drone 2020」でもEVO IIシリーズが展示されているKMTのブースは人が途切れることはありませんでした。今回は実際にフライトすることができましたので、ファーストインプレッションをお届けしたいと思います。 フライ...
Return Top