DJIがPhantomの操縦スキルを競う「DJI Games」を開催

2015-06-21 掲載

DJI Games開催中!

DJIは6月20日および21日にかけて、同社のマルチコプター「Phantom」の操縦スキルを競うコンテスト「DJI Games」を開催。ドローンの使用目的は様々あるが操縦スキルを競うスポーツを行うのは面白い。その概要を見てみよう。

 

オーストリアのSpitzerbergにて開催されるDJI Gamesは、マルチコプターの操縦に長けた「パイロット」が集まり、用意された数百台余りのPhantomを使って特設障害物コースで点数を競う、というものである。6月20日08:00からのパイロットブリーフィングに始まり、練習セッション、開会式、予選、ハーフタイムショーと続き、6月21日17:30からの決勝戦を迎えて同日19:30に閉会となる。優勝者にはDJIから賞品が与えられる。

ルールの詳細は以下の通りである。

概要

Phantom3を用いて障害物コースを自由飛行し、2分以内に稼いだ得点数で競い合う。各障害物で何らかのアクション(後述)を行うことで得点が得られるが、全ての障害物をクリアする必要は無い。また飛行コースも指定はないため、各自で戦略をたてることができる。高得点者のみが予選通過となる。

Day 1: 予選ラウンド

予選ラウンドでは、参加者が一人ずつPhantomを操縦し、各ラウンド6人ずつで個人の操縦スキルを競う。

Day 2: 準決勝

準決勝では、各参加者はランダムに選ばれた別の参加者と二人一組になり、各ラウンド3チームずつチームとして競う能力が試される。

Day 2: 決勝

決勝では、各参加者は準決勝とは異なるにタッグを新たに組み、再度2人一組で競い合う。各チームは本番前に練習の時間も与えられ、チームの特性に合わせた戦略を練ることが期待される。準決勝と同様に、各ラウンド3チームずつで行われる。

コースについて
06_21_djirace_fig2

DJIがデザインを手がけた特設コースは、いくつかの方法で得点することができる。各参加者は専用のコースを担当し、障害物を攻略する順序は参加者に委ねられている。

障害物1: DJI Pyramid (10 – 20 ポイント)

06_21_djirace_3

DJI Phantomのランディングギアを用いてPyramidを拾い上げ、近くのブルズアイに下ろすことで得点が入る。下ろした場所が中心に近いほど高得点となり、障害物の中でも最も多い得点(最大20ポイント)を一度に得ることができる。Pyramidは1度のラウンドで1回のみ使うことができる。

障害物2: Landing Pads(2 – 5 ポイント)

06_21_djirace_4

Phantomを各Landing Padに着陸させ、1秒間静止させることで得点が入る。中心に着陸させることができた場合は5ポイント、端の場合は2ポイントが入る。Landing Padは1度のラウンドで1回のみ使うことができる。

障害物3: Figure-8(ポイント)

各コースの中心に位置する二つの鉄塔に対し、その名の通り「8の字」飛行することで4ポイントが入る。FIgure-8は1度のラウンド中何回でも行ってよい。

障害物4: Loops(2ポイント)

06_21_djirace_5

二つ鉄塔の先端にそれぞれついているループの中を両方くぐり抜けることで、2ポイントが得られる。Loopsによる得点は1度のラウンドで2回までである。

時間制限

制限時間内に得られたポイント以外は加算されない。(ラウンドによって制限時間は異なる)

ペナルティ

安全な飛行を促すために、下記アクションに対しては点数が引かれる。

ペナルティ1: クラッシュ(マイナス15ポイント&強制終了)

Phantomを地面や他の物体に対して衝突させ、飛行を続けることができなくなった場合、参加者はそのラウンドを強制的に終了させられる。15ポイントが得点より引かれ、それ以降は得点することができない。

ペナルティ2: 領域外(マイナス10ポイント&強制終了)

指定された領域外にPhantomを侵入させた場合または他のコースのPhantomを妨害した場合、参加者はそのラウンドを強制的に終了させられる。10ポイントが得点より引かれ、それ以降は得点することができない。

ペナルティ3: 着陸の失敗(マイナス10ポイント)

各ラウンドの制限時間終了後、参加者はPhantomを15秒以内に着陸させモーターの電源を切ることが義務付けられる。これに失敗した場合、10ポイントが得点より引かれる。

ペナルティ4: 失格

スポーツマンシップに違反する行為や飛行を行った場合、参加者は即時失格となり、今後の類似イベントへの参加もできなくなる。現地でDJI職員が下した判断は最終決定となる。

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.27 発売直前!憎い演出はOSMO POCKETにおまかせ〜日本最速詳細レビュー[後編]

さっそくOSMO POCKETを持って散歩してみる 前編に続き、今回はいよいよ実践編。その前に撮影された映像は…キレイですね。色味は特に誇張されることなく、ナチュラルな色合い... 続きを読む

PEUGEOTとDJI、DRONE Film Festival2018-19を開催中

ドローンと高性能カメラの組み合わせは、映画製作者にとって非常に低いコストでまったく新しい可能性の扉を開くものだ。DJIやThe Diaoyutai Mansion Frankfur... 続きを読む

[Reviews]Vol.26 最小で最高な3軸ジンバルOSMO POCKETに首ったけ!日本最速詳細レビュー[前編]

小さな筐体に大きな可能性を秘めて登場! 11月末に発表(店頭発売は12月15日予定)になったコンパクト三軸ジンバルカメラ「DJI OSMO POCKET」が気になっている人も多い... 続きを読む

NiSI Filters、DJI Mavic 2 Pro用ドローンフィルター6種を発売。ハイエンドの光学フィルター技術を採用

光学機器・レンズメーカーのNiSI Filtersは、DJI Mavic 2 Pro用のレンズフィルターを2018年12月1日に発売する。単体での販売に加え、キットも同時に発売する... 続きを読む

手のひらサイズ小さな三軸ジンバルカメラ「OSMO POCKET」発表

ティザーサイト公開で注目されていたDJI 新製品発表会が29日午前都内の会場で行われた。今回の製品は同社のドローンにも搭載されている高性能三軸ジンバルを活用した全長12cmの小型高... 続きを読む