エアロセンス、ドローン用対空標識「AEROBO Marker」がNETIS登録完了

2018-06-19 掲載

エアロセンス株式会社は、同社が開発、製造および販売している「AEROBO Marker(エアロボマーカー:GNSS搭載対空標識)」がドローン用対空標識としてNETIS(New Technology Information System)に登録されたと発表した。

NETISは、国土交通省が運営している新技術情報提供システム。公共事業の抱えている様々な問題点を解決すると共に、企業をサポートし、新技術に関わる情報の共有及び提供を行うデータベースシステム。公共工事等においてNETIS登録された技術を活用すると、応札の際に技術評価点の向上が見込まれ、施工後の工事成績評定点の加点対象となる。

AEROBO Markerは以下の特長を有し、コストの低減や工期の短縮が期待できるものとして国土交通省より評価を得たという。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 特長1:現場作業は置くだけ、簡単
    ~必要な機能にのみ特化し、1つのボタンをワンプッシュで作業完了~
  • 特長2:空撮しながら、精度約1cmで計測
    ~GNSS測位のなかで最高精度のスタティック測位計算をクラウド実装~
  • 特長3:AIでマーカー位置を自動認識
    ~クラウド内AIで写真からマーカーを自動検出し、3次元化処理を全て自動化~
エアロセンス
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

トルビズオン、私有林上空におけるドローン物流のビジネスモデルを下関市にて実装開始

協賛各社(順不同) 株式会社トルビズオンは、セイノーホールディングス株式会社、組合林業株式会社、JForestグループ山口県森林組合連合会、山口県西部森林組合、株式会社リテールパ... 続きを読む

エアロセンス、エアロボクラウド測量計算機能強化。短縮スタティックと任意のRINEXデータに対応

エアロセンス株式会社(以下:エアロセンス)は、エアロボクラウドで提供している基準点測量機能を強化した。この強化により、1級GNSS受信機を使った1級・2級の公共測量基準点の設置が可... 続きを読む

エアロセンス、AEROBO onAirでゴルフ大会生中継。空撮8時間超

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO onAir(有線ドローンシステム)が、日本テレビ放送網株式会社の日本プロゴルフ選手権大会の撮影に採用された。AEROBO... 続きを読む

ソニービジネスソリューションとエアロセンスが有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービスの提供を開始

ソニービジネスソリューション株式会社と、エアロセンス株式会社は、2018年7月17日から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービ... 続きを読む

エアロセンス、産業用ドローンAEROBO(R)を開発。5月より販売開始~ 土木・建設業界の現場経験から、より安全・簡便・迅速・高精度に~

エアロセンス株式会社は、2016年3月より量産モデルとして提供してきた産業用ドローンAEROBO(R)「AS-MC02-P」の後継機にあたる「AS-MC03」を開発し、2018... 続きを読む