DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」への参加募集を開始

2018-10-23 掲載

DJIは、同社主催の次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」参加募集を開始した。

RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニア達が世界中から参加し、チーム単位で競い合うロボットコンテスト。サイエンスやエンジニアリングを学ぶ学生コミュニティ内で人気を博すとともに、そのゲーム性に加えて、会場での音響など臨場感溢れる演出により、誰もが楽しめるエンターテイメント性の高い次世代ロボットコンテスト。優勝チームにはゴールドメダルと75,000米ドルが贈呈される。

RoboMasterに参加するチームは、現役の大学生の他に、指導教員や講師、外部のアドバイザーで構成される。参加するチームは、RoboMasterへ工学技術提案書を提出し、ロボットの準備期間中に一定の技術的マイルストーンをクリアする必要がある。この審査を通過したチームは、地上ロボットとドローンをDJIの技術協力の基に開発する。ロボットは、モーターや電子速度コントローラー、産業用カメラ、光電センサー、半導体、マイクロコントローラーといった、さまざまなキーコンポーネントで構成される。

DJIプレジデントのRoger Luo氏は次のようにコメントしている。

RoboMasterがユニークである理由の一つに、参加チームがエントリーからの9ヶ月間、大会の上で必要となるチームワーク、テクニカルな問題やゲーム戦略に関する問題を解決する能力、理論的な知識を実践に生かす能力などを複合的に試されるという点があります。

このコンテストでは、若い学生エンジニアたちが自分たちのスキルを実際に披露し、工学をエンターテインメントとして紹介することのできる素晴らしいプラットフォームです。さらに重要なのは、このコンテストを通じて学んだ事を、社会が抱える課題を解決できるような実用的なアプリケーションやソリューションとして開発する可能性を秘めている点です。

RoboMaster
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.27 発売直前!憎い演出はOSMO POCKETにおまかせ〜日本最速詳細レビュー[後編]

さっそくOSMO POCKETを持って散歩してみる 前編に続き、今回はいよいよ実践編。その前に撮影された映像は…キレイですね。色味は特に誇張されることなく、ナチュラルな色合い... 続きを読む

PEUGEOTとDJI、DRONE Film Festival2018-19を開催中

ドローンと高性能カメラの組み合わせは、映画製作者にとって非常に低いコストでまったく新しい可能性の扉を開くものだ。DJIやThe Diaoyutai Mansion Frankfur... 続きを読む

[Reviews]Vol.26 最小で最高な3軸ジンバルOSMO POCKETに首ったけ!日本最速詳細レビュー[前編]

小さな筐体に大きな可能性を秘めて登場! 11月末に発表(店頭発売は12月15日予定)になったコンパクト三軸ジンバルカメラ「DJI OSMO POCKET」が気になっている人も多い... 続きを読む

NiSI Filters、DJI Mavic 2 Pro用ドローンフィルター6種を発売。ハイエンドの光学フィルター技術を採用

光学機器・レンズメーカーのNiSI Filtersは、DJI Mavic 2 Pro用のレンズフィルターを2018年12月1日に発売する。単体での販売に加え、キットも同時に発売する... 続きを読む

手のひらサイズ小さな三軸ジンバルカメラ「OSMO POCKET」発表

ティザーサイト公開で注目されていたDJI 新製品発表会が29日午前都内の会場で行われた。今回の製品は同社のドローンにも搭載されている高性能三軸ジンバルを活用した全長12cmの小型高... 続きを読む