DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」への参加募集を開始

2018-10-23 掲載

DJIは、同社主催の次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」参加募集を開始した。

RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニア達が世界中から参加し、チーム単位で競い合うロボットコンテスト。サイエンスやエンジニアリングを学ぶ学生コミュニティ内で人気を博すとともに、そのゲーム性に加えて、会場での音響など臨場感溢れる演出により、誰もが楽しめるエンターテイメント性の高い次世代ロボットコンテスト。優勝チームにはゴールドメダルと75,000米ドルが贈呈される。

RoboMasterに参加するチームは、現役の大学生の他に、指導教員や講師、外部のアドバイザーで構成される。参加するチームは、RoboMasterへ工学技術提案書を提出し、ロボットの準備期間中に一定の技術的マイルストーンをクリアする必要がある。この審査を通過したチームは、地上ロボットとドローンをDJIの技術協力の基に開発する。ロボットは、モーターや電子速度コントローラー、産業用カメラ、光電センサー、半導体、マイクロコントローラーといった、さまざまなキーコンポーネントで構成される。

DJIプレジデントのRoger Luo氏は次のようにコメントしている。

RoboMasterがユニークである理由の一つに、参加チームがエントリーからの9ヶ月間、大会の上で必要となるチームワーク、テクニカルな問題やゲーム戦略に関する問題を解決する能力、理論的な知識を実践に生かす能力などを複合的に試されるという点があります。

このコンテストでは、若い学生エンジニアたちが自分たちのスキルを実際に披露し、工学をエンターテインメントとして紹介することのできる素晴らしいプラットフォームです。さらに重要なのは、このコンテストを通じて学んだ事を、社会が抱える課題を解決できるような実用的なアプリケーションやソリューションとして開発する可能性を秘めている点です。

RoboMaster
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.28 シンプル&高性能!あらゆる環境でのフライトに対応するDJIスマート送信機を実戦投入!

1月に開催されたCES2019で発表されたDJIスマート送信機。DJIの高輝度モニターCrystal Sky(5.5インチ)相当のモニターが一体化した文字通り「スマート」な送信機で... 続きを読む

DJI、「CP+2019」出展概要を発表。「空へ、動画へ、」をテーマにドローンによる空撮、スタビライザーを使用した動画撮影の魅力を紹介[CP+2019]

※画像は2017年の様子 DJI JAPAN株式会社は、2019年2月28日(木)~3月3日(日)の期間中、パシフィコ横浜にて開催される写真映像展示会「CP+2019」に出展... 続きを読む

DJI、日本マイクロソフト、NSWがドローンとAIを活用した建築物メンテナンスサービスの開発で協業

データ連携イメージ DJI JAPAN株式会社、日本マイクロソフト株式会社、日本システムウエア株式会社(以下:NSW)は、人手に頼っている建築物の外壁調査に対し、民生用ドロー... 続きを読む

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天AirMap、「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」を開催

一般社団法人駒ヶ根観光協会は、DJI JAPANと楽天AirMapと共同で、2019年3月9日(土)・10日(日)に「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」を開催す... 続きを読む

DJIとAUVSI、第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awardsの応募を開始

無人化技術分野のリーダーたちが集う年次開催の国際展示会「AUVSI XPONENTIAL」にて、第2回「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」... 続きを読む