SkyDrive、15億円資金調達。年内に有人飛行試験開始

2019-10-02 掲載

株式会社SkyDriveは、既存投資家であるDroneFund、Zコーポレーションに加えて、STRIVE、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、環境エネルギー投資を株主として迎え、第三者割当増資および助成金を通じて、15億円の資金調達を完了した。

これにより、累計調達額は20億円となり、2019年内の有人飛行試験開始に向け開発を加速していくという。なお、今回の調達に伴い、STRIVEの代表パートナー堤達生氏が、SkyDriveの社外取締役として新たに就任する。

同社は、航空機・ドローン・自動車エンジニアを中心に2016年から活動している有志団体CARTIVATORのメンバーで発足した株式会社。2018年12月より、日本初となる空飛ぶクルマ(無操縦者航空機)の屋外飛行試験を開始している。

無人試作機での屋内飛行試験

また、愛知県・豊田市と連携、『新産業創出へ向けた「空飛ぶクルマ」開発に関する連携協定』を締結し、2019年6月、豊田市に日本最大級(2019年9月時点)の飛行試験場をオープンさせ、年内の有人飛行試験の開始、2020年夏のデモフライト、2023年の発売開始に向けて、開発を進めている。

同社は空飛ぶクルマの日本のトップランナーとして、この度の調達資金を、本年中の有人飛行試験を開始するべく、部材・人材等の開発費用に充当するとしている。

SkyDrive

関連する記事

Drone Fund、エン・ジャパンと「Next Drone Innovators」採用プロジェクトを開始

Drone Fundとエン・ジャパン株式会社は、2019年7月18日にNext Drone Innovators採用プロジェクトを開始した。 ドローンスタートアッフ... 続きを読む

Drone Fund、公開シンポジウム「ドローン前提社会とエアモビリティ社会に向けた未来像」を開催

Drone Fundと慶應義塾大学SFCドローン社会共創コンソーシアムは、2019年7月4日(木)に公開シンポジウム「ドローン前提社会とエアモビリティ社会に向けた未来像」を開催する... 続きを読む

Drone Fund、水中ドローンメーカーFullDepthへの出資を発表

「2029年、遠隔操作で世界各地の深海の様子をライブ配信するFullDepth社製の水中ドローン"FullDepth DiveUnit300"」 Illustration by y... 続きを読む

ドローン・エアモビリティ特化型ファンド「Drone Fund 2号」52億円調達!!

2017年に始動したドローン・エアモビリティ特化型「Drone Fund」は、52億円を調達した。世界最大規模を誇ることになる。新たに投資家として西部ガス、GMOインターネット、オ... 続きを読む

[ReportNow!]ドローンを通して未来を創る人材を育てる!慶應義塾大学SFCで千葉功太郎氏が特別授業

4月9日にSFC 創立30周年記念特設科目「SFCスピリッツの創造」で、特別招聘教授千葉功太郎氏の授業が行われた。「SFCスピリッツの創造」とは、約3万人の中から選ばれた14人の卒... 続きを読む