A.L.I.、屋内の狭小空間点検用の新たな球体ドローン開発

2020-03-30 掲載

株式会社A.L.I. Technologies(以下:A.L.I.)は、屋内での狭小空間点検を行う球体ドローンを新たに開発した。これにより、管路やトンネル等の点検作業員が危険な狭小空間に入ったり点検箇所まで登ったりせずに、安全で作業効率の高い点検が可能となる。既に特許化済み。

本ドローンで狭小空間を撮影したFPVデジタル映像

A.L.I.では、最新のドローン技術に基づいて、様々な国産オリジナルドローンの開発を進めている。今後もドローン開発とソフトウェア開発の両技術を組み合わせ、従来危険を伴ったり、手間がかかったりする作業を軽減できるようなソリューション開発を進めていくとしている。

■球体ドローンの主な特長
  • 重量:450g(バッテリー抜き)
  • 半径:200mm
  • 飛行時間:約15分間
  • 暗所対応
株式会社A.L.I. Technologies

関連する記事

JIW、提携企業10社と「ドローンによるインフラ点検ネットワーク」構築

株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(以下:JIW)は、2020年4月20日公表の資本業務提携等による今後の更なるインフラ点検事業の拡大に伴い、各地域でのインフラ点検パイロット... 続きを読む

A.L.I.、森林の樹高計測が即時可能となるドローンソリューション開発

実地飛行調査中のドローン 株式会社A.L.I. Technologies(以下:A.L.I.)は、森林の状況を把握する樹木調査のひとつである樹高計測を即時可能とするドローンソリュ... 続きを読む

A.L.I.、170gのレーシングドローン2020年1月に予約販売開始

A.L.I. Technologiesは、「JAA-TWIG Ver 1.0 Lightning」の販売開始する。このドローンは、機体総重量が200g未満と航空法の規制対象外であり... 続きを読む

A.L.I.、空のトラフィック管理プラットフォーム「C.O.S.M.O.S」開発完了

エアモビリティ社会実現のテクノロジーリーダーである株式会社A.L.I.Technologies(以下:A.L.I.)は、UAV無人航空機(ドローン)の群制御、航空管制を可能にするト... 続きを読む

A.L.I.、「Air-Mobility“XTURISMO”LIMITED EDITION」東京モーターショー2019で公開

株式会社A.L.I.Technologies(以下:A.L.I.)は、Air-Mobilityの特別デザインモデル「XTURISMO」を2019年10月23日から行われる東京モータ... 続きを読む