Drone Delivery Canada、重量物、長距離貨物輸送シングルロータードローン「コンドル」の商業試験計画を発表

2020-04-20 掲載

Drone Delivery Canada (以下:DDC)は、大型ドローンCondor(以下:コンドル)の商業試験を開始することを発表した。

コンドルは、ペイロード180kg、航続距離200km、時速120kmのスペックを持つシングルロータードローンである。 マルチパッケージのペイロードコンパートメントは、約20立方フィートの貨物を運ぶように設計されている。

Beyond Visual Line of Sight(BVLOS)飛行のためのテストのこのフェーズは、カナダのアルバータ州にあるForemost UAS Test Rangeで行われており、コンドルの長距離および重量物の能力をテストする予定である。DDCは様々な潜在的な顧客と協議中であり、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)との戦いを支援するために遠隔地コミュニティを接続するためと現在のパンデミック状況の下において、いずれもコンドルに強い関心を示しているという。

コンドルに対する市場の反応は圧倒的にポジティブでした。COVID-19の状況では、興味を持っている顧客から、私たちが現在行っている商業化プロセスを早急に進めて欲しいとの要望がありました。

コンドルの能力は、単にDDCの顧客が要求している多くの社会的(医療、医薬品、遠隔地コミュニティ、先住民コミュニティ、人道支援など)と経済的(鉱業、石油・ガス、宅配便、検査など)なユースケースに対応しています。

また、現在のパンデミックの状況では、ドローンによる配達は、人と人との接触を制限するための理想的なソリューションとなっています。 これらの要求は世界中で起こっています。

さらに、DDCの特許取得済みのFLYTEシステムは機体に依存しないため、将来のDDCやサードパーティ製のドローンや回転翼や固定翼の有人航空機に簡単に統合することができ、将来的にはさらに重量が重く、航続距離の長いドローンのための強力な技術ロードマップを提供することができます。

と、社長兼CEOのマイケル・ザハラ氏はコメントしている。

コンドルの大きさについては、全長さ6.7m、幅1.5m、高さ2フィートを測定します。直径約6mのローターを持っており、垂直離着陸が可能となっている。これは、DDCのすべての貨物輸送用ドローンで使用されているのと同じプラットフォームであるDDC独自のFLYTE管理システムを搭載している。

小型でパイロットがいない分荷重が増えるということになる。また狭小で人が立入禁止区域などに無人飛行可能なことは強みの一つになる。

▶︎Drone Delivery Canada

関連する記事

ドローン市場2020~2025年。成否を知る5つのポイント

2020年を迎え、商業用ドローン業界には新たな課題、新たな市場参加者、新たなユースケース、規制上のハードルが立ちはだかっている。提携先のDRONEIIが最新ドローン市場レポート「2... 続きを読む

Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現し... 続きを読む

Aerodyne、 COVID-19緊急対応チーム(ACER)、マレーシアでの運用でドローン飛行時間1,000時間を達成

Aerodyneがマレーシア当局のMCO(移動規制令)が施行され、支援し始めてからちょうど1ヶ月後の5月4日、同社はドローンの飛行時間が1,000時間を超えるというマイルストー... 続きを読む

Verge Aero、フィラデルフィアの夜空に140機のドローンが舞う。COVID-19最前線の医療従事者に向けて

フィラデルフィアの空は今週初め、約140機の明るく照らされたドローンで構成された空中ショーでライトアップされた。ドローンの光のショーは、COVID-19パンデミックの最前線にいる医... 続きを読む

Digital Aerolus、新型コロナウイルス用除菌ドローンリリース。紫外線照射で99%除去!

Digital Aerolusは、新型コロナウイルス蔓延に対抗するために特Cバンド紫外線(UVC)ライトを搭載し殺菌率99%を誇る初の屋内ドローン「Aertos 120-UVC」を... 続きを読む