[国際ドローン展:Aeryon Labs]過酷な条件下にも耐える堅牢なAeryon SkyRanger

2015-05-22 掲載

最大瞬間風速25mの突風といった過酷な気象条件にも耐える安定性のあるドローン

カナダAeryon Labsの小型ドローンAeryon SkyRangerを紹介したのは、販売・サポートを行うネクシス光洋(北海道旭川市)だ。

カナダでのフィールドテストを経たAeryon SkyRangerは、-30℃~50℃まで、最大瞬間風速25mの突風といった過酷な気象条件にも耐える安定性を持つ。3軸スタビライザー高解像度カメラ、3軸スタビライザー30倍カメラ、スタビライザーデュアルEO/赤外線高解像度カメラのいずれかを、目的に応じて付け替えることができ、約50分の飛行が可能だ。

DRNEXP_AeryonLabs_00

コントロールは、ジョイスティックコントローラーではなく、ペン入力方式のタブレットPCを用いて行うようになっており、地図上をペンで指示するだけで、自動的に目的の場所へと飛行することができる。複数のポイントを指示しながら追尾させるフォローミー自動追随機能や、あらかじめ飛行経路を指示しておくAutoGridマッピングモードにも対応している。

映像や画像は、本体内のSDカードに記録される。同時に、解像度を落としたプロキシ映像がコントローラにも送られてくるので、カメラの向きや俯角、ズームのコントロールも映像を見ながらペン操作で行うことができる。

関連する記事

FLIR、Aeryon Labsを2億ドルで買収

2019年1月末にFLIRシステムズは2億ドルでAeryon Labsを買収したことを発表した。Aeryon Labsは軍事、治安、重要インフラ市場向けに高品質の無人航空システム(... 続きを読む

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナ... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む