DJI、Phantom 4発表。驚きの進化!人工知能で自律飛行可能に!

2016-03-03 掲載

ついにベールを脱いだPhantom4

3月1日ニューヨーク・マンハッタンにて、DJIがコンシューマーラインのドローン新機種「Phantom4」を発表した。150名ほどのプレス、ディーラーほか関係者が招聘され、戦略パートナーシップ部門ディレクターのマイケル・ペリー氏が登壇しPhantom4を紹介、デモンストレーションが行われた。

p4_nyc_006戦略パートナーシップ部門ディレクターのマイケル・ペリー氏

Phantom4には、高度なドローン撮影をより簡単に楽しめるよう、さまざまな新機能が搭載されていることが明らかになった。その大きな特徴は、自動飛行及び自動撮影機能。「タップフライ」と「アクティブトラック」という機能を搭載。スマートフォンのスクリーンに映る人物や物体をタップするだけで「撮影対象」として認識し、周囲の障害を避けながら、対象物が常に画角の中心にくるよう追随して自動飛行・撮影する。

p4_nyc_001 Phantom4腹面側には、インテリジェント化されたセンサーと一新されたギンバルとカメラ

カメラとセンサーが、前方50フィート(15m)、下方30フィート(9m)内の障害物をスキャニング、DJIが数年かけて独自に開発してきたコンピュータアルゴリズムによって避けながら飛行するため、GPSなしで機能する。ドローン自身が障害を避ける方法がないと判断した場合はその 場で停止し、パイロットからの指示を待つ。また、対象物を中心に回転しながら撮影するなど、マニュアル操縦では非常に困難な撮影も、自動で可能になった。

p4_nyc_005タップフライとアクティブトラックのデモ。会場から歓喜の声が!

前機種より25%速い、最大時速72.4km(45マイル)で飛行する「スポーツモード」が追加。バッテリーもより長持ちになり、一回の充電で 28分間飛行が可能になった。ボディはプラスチックよりも振動が抑えられるマグネシウム製に。カメラは引き続き4Kだが、1080p HD、120fpsでスローモーション撮影が可能になった。

DJIはアップル社と提携し本日より3月15日までDJIストアとApple.com のみで先行 オーダーを受け付けている。販売店からは、手に入れるのはそれ以降になる。販売店からは、同時発売をと言う声も上がっている。何はともあれ全く新しくなったPhantom4を早く手に入れたいと会場にいた人々は思っただろう。DRONE編集部ももちろんその一人ではある。

Phantom4の登場により、初心者でも自信を持ってドローンを飛ばせる時代に突入しました。私たちは、これら機能を組み合わせたドローンの出現を夢見てきました。そしてとうとうその日がやって来たのです。

と、DJI 創業者兼CEO フランク・ワンもコメントを寄せた。人工知能で自律飛行可能になったPhantom4は、多くの人にこれまでハードルの高かったドローン操縦に門戸が開く事は言うまでもないだろう。

■Phantom4 スペック
  • 価格:18万9000円(税込)
  • 重さ(バッテリー含む):1.38kg
  • 最大時速:約72.4km(上昇時約21.6km、下降時14.3km)
  • 最大飛行時間:約28分
  • カメラ範囲:約5km
  • 障害センサーシステム稼働範囲:0.7~15m
  • ビデオポジショニングシステム稼働範囲:0~10m
  • スローモーション撮影解像度:1920 x 1080, 120fps
  • バッテリーキャパシティー:5350mAh
  • ▶︎DJI Phantom4
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    Doosan 、CES 2020イノベーションアワードを受賞 [CES2020]

    Doosan Mobility Innovationの水素燃料電池ドローンが、「ドローン・無人システム」分野で、CESベスト・イノベーション賞を受賞した。数年前から水素燃料電池ドロ... 続きを読む

    DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

    Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む

    FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

    赤外線カメラや高性能センサーを開発するグローバルメーカーのFLIRことフリアーシステムズは、ドローン関連のソリューションを展示していた。カーボンファイバーおよびマグネシウム製で耐久... 続きを読む

    CircuitScribe、電気回路を手書きする段ボール製ドローンキットを格安で発売! [CES2020]

    CircuitScribeは、導電性の銀インクで電気回路を手書きできるペンを使って、段ボール製のドローンを手作りするSTEM教材「Drone Builder Kit」を発売している... 続きを読む

    日本人技術者が参加するイスラエル空飛ぶ自動車「ASKA」プロジェクト [CES2020]

    自動車から飛行機の翼が伸びて空を飛ぶ。“空飛ぶ自動車”という単語を耳にした時に自然と思い浮かぶカタチをそのままデザインしたeVTOL Vehicle「ASKA」がCESのエウレカパ... 続きを読む