DJI、Phantom 4発表。驚きの進化!人工知能で自律飛行可能に!

2016-03-03 掲載

ついにベールを脱いだPhantom4

3月1日ニューヨーク・マンハッタンにて、DJIがコンシューマーラインのドローン新機種「Phantom4」を発表した。150名ほどのプレス、ディーラーほか関係者が招聘され、戦略パートナーシップ部門ディレクターのマイケル・ペリー氏が登壇しPhantom4を紹介、デモンストレーションが行われた。

p4_nyc_006戦略パートナーシップ部門ディレクターのマイケル・ペリー氏

Phantom4には、高度なドローン撮影をより簡単に楽しめるよう、さまざまな新機能が搭載されていることが明らかになった。その大きな特徴は、自動飛行及び自動撮影機能。「タップフライ」と「アクティブトラック」という機能を搭載。スマートフォンのスクリーンに映る人物や物体をタップするだけで「撮影対象」として認識し、周囲の障害を避けながら、対象物が常に画角の中心にくるよう追随して自動飛行・撮影する。

p4_nyc_001 Phantom4腹面側には、インテリジェント化されたセンサーと一新されたギンバルとカメラ

カメラとセンサーが、前方50フィート(15m)、下方30フィート(9m)内の障害物をスキャニング、DJIが数年かけて独自に開発してきたコンピュータアルゴリズムによって避けながら飛行するため、GPSなしで機能する。ドローン自身が障害を避ける方法がないと判断した場合はその 場で停止し、パイロットからの指示を待つ。また、対象物を中心に回転しながら撮影するなど、マニュアル操縦では非常に困難な撮影も、自動で可能になった。

p4_nyc_005タップフライとアクティブトラックのデモ。会場から歓喜の声が!

前機種より25%速い、最大時速72.4km(45マイル)で飛行する「スポーツモード」が追加。バッテリーもより長持ちになり、一回の充電で 28分間飛行が可能になった。ボディはプラスチックよりも振動が抑えられるマグネシウム製に。カメラは引き続き4Kだが、1080p HD、120fpsでスローモーション撮影が可能になった。

DJIはアップル社と提携し本日より3月15日までDJIストアとApple.com のみで先行 オーダーを受け付けている。販売店からは、手に入れるのはそれ以降になる。販売店からは、同時発売をと言う声も上がっている。何はともあれ全く新しくなったPhantom4を早く手に入れたいと会場にいた人々は思っただろう。DRONE編集部ももちろんその一人ではある。

Phantom4の登場により、初心者でも自信を持ってドローンを飛ばせる時代に突入しました。私たちは、これら機能を組み合わせたドローンの出現を夢見てきました。そしてとうとうその日がやって来たのです。

と、DJI 創業者兼CEO フランク・ワンもコメントを寄せた。人工知能で自律飛行可能になったPhantom4は、多くの人にこれまでハードルの高かったドローン操縦に門戸が開く事は言うまでもないだろう。

■Phantom4 スペック
  • 価格:18万9000円(税込)
  • 重さ(バッテリー含む):1.38kg
  • 最大時速:約72.4km(上昇時約21.6km、下降時14.3km)
  • 最大飛行時間:約28分
  • カメラ範囲:約5km
  • 障害センサーシステム稼働範囲:0.7~15m
  • ビデオポジショニングシステム稼働範囲:0~10m
  • スローモーション撮影解像度:1920 x 1080, 120fps
  • バッテリーキャパシティー:5350mAh
  • ▶︎DJI Phantom4
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    [Reviews]Vol.27 発売直前!憎い演出はOSMO POCKETにおまかせ〜日本最速詳細レビュー[後編]

    さっそくOSMO POCKETを持って散歩してみる 前編に続き、今回はいよいよ実践編。その前に撮影された映像は…キレイですね。色味は特に誇張されることなく、ナチュラルな色合い... 続きを読む

    PEUGEOTとDJI、DRONE Film Festival2018-19を開催中

    ドローンと高性能カメラの組み合わせは、映画製作者にとって非常に低いコストでまったく新しい可能性の扉を開くものだ。DJIやThe Diaoyutai Mansion Frankfur... 続きを読む

    [Reviews]Vol.26 最小で最高な3軸ジンバルOSMO POCKETに首ったけ!日本最速詳細レビュー[前編]

    小さな筐体に大きな可能性を秘めて登場! 11月末に発表(店頭発売は12月15日予定)になったコンパクト三軸ジンバルカメラ「DJI OSMO POCKET」が気になっている人も多い... 続きを読む

    NiSI Filters、DJI Mavic 2 Pro用ドローンフィルター6種を発売。ハイエンドの光学フィルター技術を採用

    光学機器・レンズメーカーのNiSI Filtersは、DJI Mavic 2 Pro用のレンズフィルターを2018年12月1日に発売する。単体での販売に加え、キットも同時に発売する... 続きを読む

    手のひらサイズ小さな三軸ジンバルカメラ「OSMO POCKET」発表

    ティザーサイト公開で注目されていたDJI 新製品発表会が29日午前都内の会場で行われた。今回の製品は同社のドローンにも搭載されている高性能三軸ジンバルを活用した全長12cmの小型高... 続きを読む