オーイーシー、“みんなが楽しめる”ドローンの利活用機会を提供 [Japan Drone 2020]

2020-10-01 掲載

ドローンを活用した“地方創生”を提案する株式会社オーイーシーのブースでは、ドローンの飛行可能場所を見える化した「DUCT(ダクト)」を中心に、プログラミングドローン「ドローン操縦・プログラミング体験研修サービス」「ドローンサッカー」が展示されていた。「みんなが楽しめる」をコンセプトにドローン事業を展開しているという。

「DUCT」は、ドローンを飛ばすことを承認した地権者とドローンユーザーを繋ぐシステム。すでに約30ヶ所が登録されており、中でも大分県杵築市は「ドローンパスポート」という独自の仕組み(3,000円で市内5ヶ所のドローンフライトエリアを利用可)に「DUCT」を活用している。

ドローン飛行場所管理ツール DUCT(ダクト)
DUCTはドローン飛行場所管理&活用のWebサービス

体験会やドローン競技を地方創生に活かそうと展開しているのもオーイーシーの特徴。「ドローン操縦・プログラミング体験研修サービス」ではビジュアル言語型のドローンプログラミング「DRONE STARプログラミング」でプログラミングの体験会を実施している。「DRONE STAR」は実行しているプログラミングを視覚的にドローンの動きと照らし合わせながら検証できるので、初めてプログラミングを体験する子どもでも試行錯誤を楽しむことができる。

直感的にプログラミングできて検証・改善もビジュアル的にできるDRONE STARプログラミング

また、「ドローンサッカー」では株式会社オートバックスセブン、AOSテクノロジーズ株式会社と共に日本ドローンサッカー連盟を運営。「ドローンサッカー」は壊れにくくなるようガードで360°囲まれた専用競技機体や練習機体があり5人対5人で点を取り合うゲーム。

ドローンサッカーは「ドローン撮影クリエイターズ協会」のブースでオートバックスセブンが体験コーナーを設置 大分には常設のドローンサッカーコートもある(写真:株式会社オートバックスセブン提供)

子どもからお年寄りまで、プロポを触れる人なら“みんなが楽しめる”。実際に筆者も競技用機体を操縦させてもらったが、高度や位置を維持するセンサーが敢えて搭載されていないため、操縦自体を楽しむことができるとともに操縦技術上達の楽しみもありそうだ。大分では7m×16m×5mの専用コートを常設した施設もあり、高校では同好会のチームも存在する。安全に楽しくドローンの技術を競える競技として注目だ。

株式会社オーイーシー

関連する記事

エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。 ... 続きを読む

中日本ハイウェイ・エンジニアリング、構造物点検システムを展示 [Japan Drone 2020]

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社は2017年からマルチコプターを用いた構造物点検システムを継続的に展示しており、その機体「SUIMUS」シリーズも年々進化を重ねている... 続きを読む

日本海洋、水中ドローンや有線給電ドローン、固定翼機など幅広く展示 [Japan Drone 2020]

無人航空機や関連システム、水中無人機システムや潜水機器の輸入販売を行う日本海洋株式会社は、幅広いラインナップの機体を展示した。 特に来場者の目を引いていたのが、Blu... 続きを読む

エアロジーラボ、純国産ハイブリッドドローンのお披露目に行列 [Japan Drone 2020]

ハイブリッド型ドローンの展示が目立ったJapan Drone 2020。なかでも多くの来場者が絶えず訪れていたのが、株式会社エアロジーラボのブースだ。エアロジーラボは、岡山県和気町... 続きを読む

スペースエンターテインメントラボラトリー、航続時間1.5時間「飛行艇ドローン」が登場 [Japan Drone 2020]

航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー、株式会社スペースエンターテインメントラボラトリーが展示したのは、なんと機体全体をまるごと水で洗い流すことができる「飛行艇ドローン」だ... 続きを読む