DRONE

特集( 5 )

Category
エンタメからビジネスまでバリエーションが拡がる欧州ドローン市場のいま [CEBIT 2018]

エンタメからビジネスまでバリエーションが拡がる欧州ドローン市場のいま [CEBIT 2018]

開催時期、構成内容も一新されたCEBITでのドローン市場は? 世界最大級のIT系国際見本市として知られるCeBITが運営コンセプトを一新し、B2Bから「デジタルイノベーションの祭典」へと若い世代を対象にしたオープンな雰囲気にあふれる展示会へと大きく変貌した。コンセプト変更にあわせてロゴ表記もCEBITに変更。会場は同じ...
Jetoptera社、航空機を開発、小型VTOLから空飛ぶ自動車までの構想 [Xponential2018]

Jetoptera社、航空機を開発、小型VTOLから空飛ぶ自動車までの構想 [Xponential2018]

JetopteraがXponetial2018でコンセプト発表したJ2000は、時速200マイル(約320km/h)で飛行し、垂直離着陸が可能なフライングカー。同社が開発したガスジェネレーターを増強した革新的な流体推進システムにより、プロペラよりも高速で、ターボジェットよりも低騒音な飛行を目指す。   すでに、いくつか...
IXI EW社とT-Worx社、C-UAS技術で手を組む [Xponential2018]

IXI EW社とT-Worx社、C-UAS技術で手を組む [Xponential2018]

IXI EX社は、IXIドローンキラー携行型対無人機迎撃(C-UAS)システムとライフルオペレーションシステムを備えたT-Worxインテリジェントレイル(I-Rail)システムとの統合に向け、T-Worx社との合意に踏み切った。 IXIドローンキラーは設計を見直し小型化、軽量化、また消費電力の低下を目指す。インテリジェ...
Insitu、無人航空システムScanEagle3を初公開 [Xponential2018]

Insitu、無人航空システムScanEagle3を初公開 [Xponential2018]

ボーイング社の子会社であるInsituはその規模と範囲でドローン産業界でかなり有名なポジションにある。その両社の強みを生かし、ボーイングの安全性と航空規制機関との協力で、InsituはUAV主要なイノベーターとなっている。軍用・商用両面で有名ブランドの名を馳せている同社は、100万時間以上の飛行実験を重ねてきた。その経...
農薬散布から農場監視まで関心が高まる農業用ドローン [関西農業ワールド2018]

農薬散布から農場監視まで関心が高まる農業用ドローン [関西農業ワールド2018]

西日本最大の農業総合展「第2回 関西農業ワールド」がインテックス大阪で5月9日から3日間開催され、今年も農業用ドローンの展示が注目を集めていた。ポイントは農作業を軽減するためにいかに自動化=自律化をすすめるかで、そのための飛行しシステム開発や機体の改良、オプションによるサポートに力を入れる動きが目立った。 ■mazex...
FLYING-CAM、数々の名作を撮影してきた名機再び、DISCOVERYを初公開  [Xponential2018]

FLYING-CAM、数々の名作を撮影してきた名機再び、DISCOVERYを初公開 [Xponential2018...

映画の世界になくてはならない無人ヘリコプターのデザイン・生産分野で世界トップであり、プロフェッショナルドローン映像サービスの先駆者であるFLYING-CAM社は30周年記念を迎えた。今回、アメリカのデンバーにて開催されたXponential2018では、最新製品のthe DISCOVERYを初公開した。 DISCOVE...
PRODRONE、 折りたたみ式中型ダブルローター8枚機「PD8X」を発表 [Xponential2018]

PRODRONE、 折りたたみ式中型ダブルローター8枚機「PD8X」を発表 [Xponential2018]

株式会社プロドローン(以下PRODRONE)は、2018年5月1日(火)~3日(木)まで、米国デンバーにて開催中された世界最大規模の無人システムとロボット技術の国際展示会「AUVSI Xponential 2018」において新開発の中型ダブルロータープラットフォーム8枚機「PD8X」を出展した。 「PD8X」は、ペイロ...
東京航空計器株式会社、GNAS SKYシリーズ2機を海外初展示 [Xponential2018]

東京航空計器株式会社、GNAS SKYシリーズ2機を海外初展示 [Xponential2018]

東京航空計器株式会社は2018年5月1日(火)~3日(木)まで、米国デンバーにて開催中の世界最大規模の無人システムとロボット技術の国際展示会「AUVSI Xponential 2018」において同社が独自開発した2機のドローンプロトタイプを絵画では初出展した。先のPRODRONEと東京航空計器株式会社のみが日本からの機...
PRODRONE、新型プラットフォーム「PD8X」や新型大型機「PD6B-Type II」を含む7機体を展示[Xponential2018]

PRODRONE、新型プラットフォーム「PD8X」や新型大型機「PD6B-Type II」を含む7機体を展示[Xpo...

株式会社プロドローン(以下PRODRONE)は、2018年5月1日(火)~3日(木)まで、米国デンバーにて開催中の世界最大規模の無人システムとロボット技術の国際展示会「AUVSI Xponential 2018」において新型プラットフォーム「PD8X」や新型大型機「PD6B-Type II」を含む7機体を展示出展中だ。...
深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでいる」だろう。もともとトイ・ドローン系の展示は少なかったが今回はほとんどと見かけず、「撮影」「測量」「宅配」「農業」という具体的なジャンルで、そ...
ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回...

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナウンスした、全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX(ドローンボックス)」だ。このDRONEBOXは、ドローンの機体とそれが自動で離着陸した...
SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラメーカーFLIRの最新作、「FLIR DUO PRO R」を他の赤外線カメラと共に展示していた。このFLIR DUO PRO Rは高解像度の...
自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第...

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision」、物流・宅配用「PF1-Delivery」、軽量・測量用「PF1-Survey」など、さまざまな業種・用途向けの機体とソリューションをリリ...
西武建設・芝浦工業大学、昨年4月に公開された「吹付ドローン」の進化を紹介 [第4回国際ドローン展]

西武建設・芝浦工業大学、昨年4月に公開された「吹付ドローン」の進化を紹介 [第4回国際ドローン展]

西武グループのゼネコンである西武建設は、昨年4月に世界初となるドローンを活用した建造物の補修技術を芝浦工大と共同開発したことを発表している。今回の国際ドローン展では、その後の開発経過を報告する形で、西武建設と芝浦工業大学が共同でブースを展開していた。エンルートのPG900をベースにしたこのドローンは、コンクリート構造物...
エンルート、インテリジェントバッテリーの採用が進むドローン製品群 [第4回国際ドローン展]

エンルート、インテリジェントバッテリーの採用が進むドローン製品群 [第4回国際ドローン展]

日本のドローンのパイオニアとして、さまざまな産業向けドローンをリリースしているエンルートは、農薬散布や測量の用途向けの機体や、最新の汎用ドローンなど、多数の製品をブース内に所狭しと並べて披露していた。 「AC940-F」は同社が販売していた農薬散布ドローン「AC940-D」を全面刷新したモデルで、6ローターを備えた容量...
中日本ハイウェイENG東京/名古屋、高速道路の安全を支える橋梁点検ドローン [第4回国際ドローン展]

中日本ハイウェイENG東京/名古屋、高速道路の安全を支える橋梁点検ドローン [第4回国際ドローン展]

高速道路の維持管理を行っている中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京と中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋は、共同で同社が現在行っている高速道路点検ソリューションの技術を公開していた。同社では現在までに高速道路の橋脚や床板といった構造物の点検をドローンで行うべく、さまざまな実証実験を行ってきている。今回出展していた...
アイサンテクノロジー/岡谷鋼機、PRODRONE機体を使った点群編集ソリューション [第4回国際ドローン展]

アイサンテクノロジー/岡谷鋼機、PRODRONE機体を使った点群編集ソリューション [第4回国際ドローン展]

測量、測位関連の機器やソリューションを販売するアイサンテクノロジーは、ドローンを使った大規模三次元点群高速編集ツールを出展した。 同社ではMMS(モービルマッピングシステム)を中心にした高精度な三次元地図を作製するソリューションを提供しているが、空からデータを得るツールとして、岡谷鋼機の高密度3Dレーザースキャナーを搭...
エアロネクスト、特許技術4G Gravityを採用した新しい機体を公開 [第4回国際ドローン展]

エアロネクスト、特許技術4G Gravityを採用した新しい機体を公開 [第4回国際ドローン展]

産業用ドローンを開発する株式会社エアロネクストは、4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、飛行中ドローンの姿勢を最適化する独自技術「4G Gravity」を搭載した新しい機体「Next INDUSTORY」を公開。会場ではデモ飛行も行われた。 4G Gravityは振子の原理を利用し、ドローン本体の姿勢...
ドローンスクール用の練習機「TS-125」を好評につき販売決定![第4回国際ドローン展]

ドローンスクール用の練習機「TS-125」を好評につき販売決定![第4回国際ドローン展]

ドローン販売やドローンスクールを運営する有限会社タイプエスは、産業用ドローンの操作を学ぶためのオリジナル練習機「TS-125」を4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展に出展。ドローンスクールで練習用機として使っていた機体を、スクール後も使いたいという要望に応えて販売を決め、価格は12万円を予定している。 ...
広範囲をゆっくり安全に飛ぶ調査用カイトプレーン「きょくうん」を出展。量産を目指す [第4回国際ドローン展]

広範囲をゆっくり安全に飛ぶ調査用カイトプレーン「きょくうん」を出展。量産を目指す [第4回国際ドローン展]

不動産調査を専門にする株式会社四門は、4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、計測調査を安全に行うカイトプレーンドローンを出展した。 カイトプレーンはハングライダーのような翼を持ち、固定翼タイプよりゆっくり移動でき、ロータータイプより広範囲を飛行できるという、両者の中間のようなタイプで、エンジンが止まっ...
東京航空計器株式会社、オリジナルドローンGNAS SKYシリーズを2モデル展示 [第4回国際ドローン展]

東京航空計器株式会社、オリジナルドローンGNAS SKYシリーズを2モデル展示 [第4回国際ドローン展]

東京航空計器株式会社は4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、同社が独自開発するドローンのプロトタイプを2機出展した。 同社はこれまで、主にドローン用のモーションセンサーなど裏方的立ち位置で展示会に出展してきたが、以前からドローン開発を手がけており、本体を展示したのは初めて。今後はGNAS SKYシリー...
ドローンラボ、「Intel Falcon 8+」国内販売開始!実機を展示。[第4回国際ドローン展]

ドローンラボ、「Intel Falcon 8+」国内販売開始!実機を展示。[第4回国際ドローン展]

4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、インテルのプロフェッショナル業務向けドローン「Intel Falcon 8+」の販売パートナーである株式会社ドローンラボが出展、国内で初となる実機を公開した。 参考:IntelクルザニッチCEO基調講演:データ活用によって世界はさらに広がる [InterDrone...
さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

抽選会以外は人がまばらなGoProブース 製品に罪はない…。1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止符を打ち(アナウンスは、CES2018初日だ!)、20%の雇用(250人)をカットする方針を伝えた。まさにこれがカルマとしか言えない状況だ。2...
Return Top