DRONE

ドローンについての理解が進む新刊、”空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す”

ドローンについての理解が進む新刊、”空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す”

「IT革命」の次は、「ドローン革命」がやってくる!

あの高城剛氏が自らのドローン経験を元に世界3大メーカー経営トップへのインタビューをもとに徹底解説する。既に始まっているドローン革命覗いて見るのはどうだろうか?この波に乗り遅れないためにも!

内容紹介 

2015年、どちらかというと悪い意味で世の中の注目を集めた「ドローン」。ドローンとは、無人操縦できる小型航空機。性能は「空飛ぶスマートフォン」と言えるほど高機能に進化し、すさまじいスピードで日常生活の中に入りつつある。世界各国で、日本で、ドローンを使用した配送実験や実用化がはじまっている。5年先、10年先のビジネスは、「空飛ぶロボット」、ドローンなしでは考えられないだろう。今後、日本がドローン覇権をめぐる戦いの中で、生き残る道はあるのだろうか?ドローンが導く、目前に迫った未来を解き明かす注目の一冊! !

●アメリカの「WIRED」編集長で、『ロングテール』、『フリー』、『MAKERS』などの世界的ベストセラーでも知られるクリス・アンダーソン氏がこれまでのキャリアをすべて捨てて立ち上げたドローンメーカー、3Dロボティクスをはじめ、中国のDJI、フランスのパロット、世界3大ドローンメーカーを著者自らが現地に赴き徹底取材。

●3Dロボティクス創業者のクリス・アンダーソン氏、パロットCEOのアンリ・セドゥ氏や、DJI会長で香港科技大学の李澤湘教授、世界3大メーカーの経営トップにも話を聞いた。

●日本におけるドローン法規制の問題や、ドローン特区の可能性についても解説。

●世界のドローンには大量の日本製部品が使われているのに、なぜ日本から世界に通用するドローンが生まれなかったのか、その背景と問題点を明らかにする。

単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 集英社
価格:1512円(税込)

Return Top