DRONE

上士幌町、セイノーHD、電通、エアロネクスト、「持続可能な未来のまちづくり」に向けた包括連携協定締結

上士幌町、セイノーHD、電通、エアロネクスト、「持続可能な未来のまちづくり」に向けた包括連携協定締結

エアロネクストの物流専用ドローン最新試作機

上士幌町とセイノーホールディングス株式会社(以下:セイノーHD)、株式会社電通、株式会社エアロネクストは、2021年度SDGs未来都市に選定された上士幌町がスマートタウンの構築・推進として掲げる「持続可能な未来のまちづくり」にむけた連携・協力を行うことにより、上士幌町におけるドローンを含む次世代高度技術を活用したスマートで、サステナブルな社会を世界に先駆けて実現し、全国自治体のロールモデルとなる事を目的とした包括連携協定を2021年8月11日に締結した。

写真向かって左よりエアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏、上士幌町長 竹中貢氏、セイノーHD執行役員 河合秀治氏、電通執行役員 徳山日出男氏

上士幌町は、昨年12月に行われた第4回ジャパンSDGsアワードで、推進副本部長(内閣官房長官)賞を受賞したのに続き、SDGs達成に向けた優れた取組を提案した自治体として、内閣府の2021年度「SDGs未来都市」に選定された。その中でも特に先導的な取組として、「自治体SDGsモデル事業」にも併せて選ばれるなど「持続可能な未来のまちづくり」を推進している。

町の持続的な発展を目指すには、主力産業の観光の更なる磨き上げや農業の高齢化、なりて不足に対する生産性向上、カーボンニュートラルと利便性が両立した域内の移動や物流など住みやすい環境づくりと住民サービスの維持が課題になっている。

上士幌町、セイノーHD、電通、エアロネクストは、株式会社karch社など町の事業者と連携しながら、次世代高度技術の積極的な活用とパートナー連携を拡大することで、町の社会課題の解決を目指し、住みやすく、魅力的な街づくりに取組むという。

特に、ドローン領域においては、国内のドローン産業活性化に必要となる常時飛行が可能な環境の確保が課題のなか、上士幌町がドローンの聖地となり、関係者が集積し、あらゆる取組みを行えるフィールドをつくることで、国内のドローン産業の発展に大きく寄与することも目指している。

■連携協定の概要

1.締結日
2021年8月11日

2.協定の内容
ドローンを含む次世代高度技術の活用により、以下の事項において連携・協定する。

  1. 農業・観光・産業・経済の振興に関すること
  2. 持続可能な地域雇用、人材教育、人材育成および産業基盤整備に関すること
  3. カーボンニュートラルと利便性が両立した持続可能な地域交通・物流の確保と住みやすい環境づくりに関すること
  4. 地域防災への貢献および新しい社会インフラの整備に関する事項に関すること
  5. 観光地域商社「株式会社karch」と連携した新たな観光コンテンツ開発に関すること
  6. 上記に関わる情報発信に関すること

3.具体的な取り組み(予定)

  1. ナイタイテラスにおけるドローンを活用した観光商品開発
  2. 次世代高度技術活用における個宅へのドローン配送実証の実施
  3. セイノーHDとエアロネクストが推進するドローン配送と陸上輸送を融合した新スマート物流"SkyHub"の社会実装に向けた検討
  4. その他、カーボンニュートラル、SDGsに資する取組みの検討と実施

同連携協定により、4者それぞれが有する資源を有効に活用しながら、相互に連携、協力し、町の課題や町民のニーズに沿って、ドローンを含む次世代高度技術の活用による農業・観光・産業・経済の振興、持続可能な地域雇用および人材教育・人材育成・産業基盤整備、持続可能な地域交通・物流の確保と住みやすい環境づくり、地域防災への貢献および新しい社会インフラの整備を推進することで、上士幌町における「持続的な未来のまちづくり」に貢献していくとしている。

Return Top