DRONE

VRテクノセンター、日立国際電気、オプティム、ローカル5G「小型ドローン」屋内実証実験を実施へ

VRテクノセンター、日立国際電気、オプティム、ローカル5G「小型ドローン」屋内実証実験を実施へ

株式会社VRテクノセンター、株式会社日立国際電気、株式会社オプティムは、2021年10月からテクノプラザ本館(岐阜県各務原市)で、「ローカル5Gを活用した「小型ドローン」屋内実証実験」を実施する。

本実証実験では、人が現地で実施している定期的な設備の巡視点検を、ローカル5Gおよび屋内自律飛行型ドローン等を活用することで代替し、高精細な映像をリアルタイムで確認することで、異常の早期発見や故障の未然防止を目指すという。

ローカル5Gおよび屋内自律飛行型ドローン等を同時活用した屋内でのインフラ確認実証実験は日本初の取組みとなる。

具体的な実験内容は、以下の通り。

(以下。プレスリリースより引用)

  1. ローカル5Gを用いた高速大容量及び安定したデータの伝送
    ローカル5Gを活用することで、低コストで面的なネットワークを構築でき、かつ高速大容量に対応できます。また自営の無線により安定したデータの伝送、かつセキュリティレベルの高いネットワークを実現します。
  2. ドローンが撮影した映像による遠隔インフラ確認
    現在、工場での設備の巡視点検は、多くの労力と時間を要しています。設備の点検をドローンで行う場合、高精細な画質が必要になります。
    4Gでは、高精細な映像の伝送には通信速度や通信容量が不足しており、遠隔リアルタイム監視を安定して行うために、今回、ローカル5Gを使用します。
ブイ・アール・テクノセンター、日立国際電気、オプティム、ローカル5Gを活用した「小型ドローン」屋内実証実験を実施へ

※:ブイ・アール・テクノセンター調べ

Return Top