DRONE

京セラコミュニケーションシステム、千葉市幕張新都心にて無人自動走行ロボット実証実験を開始。指定マンションまで商品お届け

京セラコミュニケーションシステム、千葉市幕張新都心にて無人自動走行ロボット実証実験を開始。指定マンションまで商品お届け

京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下:KCCS)は、千葉市幕張新都心の公道(車道)で、無人自動走行ロボットを活用し、店舗で購入した商品を指定マンションまでロボットが届けるサービスの実証実験を2022年3月10日から開始した。

同実証実験では、イオンスタイル幕張ベイパークの協力のもと、近隣のマンション住人が同店舗で購入した商品を、共用ロッカーを搭載した定時巡回するロボットに積み込み、マンションで受け取る。重量物やかさばる荷物の持ち帰りを支援するロボット活用サービスを実証し、外出や買い物をより楽しんでもらうことを目指しているとしている。

近年、無人自動走行ロボットの活用は、人手不足が深刻化するラストワンマイル配送の課題解決や配送の効率化を実現する手段として、期待が高まっているという。KCCSグループでは、ICT技術と情報通信基盤整備などのノウハウを活かし、新しい時代に対応したモビリティサービスの開発を通じて、地域社会へ貢献することを目指すとしている。

同実証実験は国家戦略特区に指定され、先進的なモビリティサービスの活用を目指している千葉市の支援を受けて実施する。

実証実験について

実施日時

2022年3月10日~、平日10:00~17:00(予定)

概要

1台の無人自動走行ロボットが、イオンスタイル幕張ベイパークと近隣の2棟のマンションの間を巡回。事前登録したモニター参加者(マンション住人)は、イオンスタイル幕張ベイパークで購入した商品を店舗脇の停止場所でロボットに預け、自宅マンション近くの停止場所で荷物を受け取る。ロッカーは大中小のサイズがあり、ロボットに搭載されたタッチパネルを操作し開閉する。

20220314_kccs_01
実証実験のイメージ

無人自動走行ロボットについて

ミニカー(長さ2.5m以下×幅1.3m以下×高さ2.0m以下)に準じた大きさで、最高速度15km/hのロボット。ロボットは無人での自動走行だが、走行状況を常時遠隔監視し、自動回避が困難な状況等では近接または遠隔操作に切り替えて走行する。

20220314_kccs_02
写真左は右側面(ロッカー中5個、小10個)、写真右はロッカー中(幅30.5×奥行45×高さ18.5cm)
20220314_kccs_03
写真左はロッカー小(幅30.5×奥行45×高さ12.5cm)、写真右はロッカー大(幅30.5×奥行45×高さ50cm)

走行予定エリア

千葉県千葉市美浜区若葉3丁目および、ひび野1丁目の一部区画

20220314_kccs_04

各社の役割

20220314_kccs_05

今後の取り組みについて

無人自動走行ロボットを活用したサービスは、今回実証する店舗で購入した商品のお届けサービスに限らず、移動販売や巡回警備などニーズは多岐にわたる。今後も自治体や協力企業と連携し、各地域のニーズや課題に即したサービスの実証を行い、無人自動走行ロボットの社会実装に向けて継続的に取り組んでいくとしている。

djimini3pro
Return Top