DRONE

水中ドローン

Tagged
株式会社チック、「BlueROV2」の日本語マニュアルサイトのベータ版を公開

株式会社チック、「BlueROV2」の日本語マニュアルサイトベータ版を公開

産業向け小型水中ドローン「BlueROV2」の正規代理店・株式会社チックは、 日本語対応のオンラインマニュアルサイトのベータ版をオープンしたことを発表した。 「BlueROV2」は、アメリカBlue Robotics社による小型の産業用水中ドローン。 無人潜水となるため、従来は安全面で困難だった調査も可能だ。 手ごろな...
日本水中ドローン協会

日本水中ドローン協会、協会会員向け会報誌「水中通信」創刊

一般社団法人日本水中ドローン協会は、同協会会員向けの会員特典として新たに冊子による協会会報誌「水中通信」を創刊した。同会報誌は、年2回ペースで発行予定で協会会員へ無料配布する(一般販売の予定はなし)。 同協会では、これまで体験会やセミナー・講習なども多く開催しており、インターネット上での情報発信も行ってきた。同会報誌は...
FIFISH V6 PLUS

CFD、産業用水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」法人向けレンタルサービス開始

シー・エフ・デー販売株式会社は、法人向け水中ドローンレンタルサービスの対象機種に、水中での作業性を高めた新モデル「FIFISH(ファイフィッシュ)V6 PLUS」を追加した。 FIFISH V6 PLUSは、法人仕様に特化した水中ドローン。障害物センサーや距離ロックソナー、AR測量、レーザースケーラーなど多くの機能を搭...
Virtual Ocean Project

Virtual Ocean Project、院内学級向け海の学び授業をオンライン開催

「Virtual Ocean Project」は、2021年7月27日に、院内学級向けにオンラインで海の学び授業を開催する。 Virtual Ocean Projectは、水中ドローンと最新のIT技術を用いて新しい海洋VRコンテンツを世界に発信するプロジェクト。これまではリアルでのイベントを中心に行ってきたが、今年度は...
一般社団法人日本ROV協会

エアロエントリー、「一般社団法人日本ROV協会」設立

エアロエントリー株式会社は、2021年6月10日に「一般社団法人日本ROV協会(Japan Remotely Operated Vehicle Association/略称J-ROV)」を設立したことを発表した。 同協会は、ROV(遠隔操作型無人潜水機)や水中ドローン、AUV・USV等の水中ロボットに関する知識・技術の...
CFD

CFD、NTTドコモ、水中ドローン活用漁場遠隔監視デモンストレーション実施

CFD販売株式会社と株式会社NTTドコモは、水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」と第5世代移動通信方式(以下:5G)による大容量・低遅延通信を活用したデモンストレーションを行ったことを発表した。 同デモンストレーションは、5Gの大容量通信により、水中ドローンが撮影する海中の高画質な映像を遠隔地にいるユーザーのア...
FullDepth、産業用水中ドローン「DiveUnit300」が大人気! [Japan Drone 2020]

FullDepth、産業用水中ドローン「DiveUnit300」が大人気! [Japan Drone 2020]

DiveUnit300本体 産業用に特化した水中ドローンを開発する株式会社FullDepthは、昨年秋に新製品としてリリースした「DiveUnit300」を展示していた。重量は約28kg、2名で持ち運びが可能という本体には、フルハイビジョンの高精度カメラと1,500ルーメン×4基の高照度ライトが装備されている。本体1機...
エバーブルーテクノロジーズ、全長2m級オリジナル帆船型ドローン、海上自動操船と自律航行テスト成功

エバーブルーテクノロジーズ、全長2m級オリジナル帆船型ドローン、海上自動操船と自律航行テスト成功

エバーブルーテクノロジーズ株式会社は、技術開発および実証テストを進めてきた帆船型ドローンの実証機「Type-A」の開発において、海上での自動操船と長時間自律航行に成功しサービス開発に着手した。 同社は、従来の動力船を自動操船技術による効率的な自動帆走に置き換えることで、地球温暖化ガスを抑制し、持続可能な社会の実現に貢献...
イーエムアイ・ラボ、スマート農業に対応した除草剤散布用小型無人ボート販売開始

イーエムアイ・ラボ、スマート農業に対応した除草剤散布用小型無人ボート販売開始

除草剤散布用小型無人ボート 株式会社イーエムアイ・ラボ(以下:EMI-LAB)は、スマート農業に対応した除草剤散布用小型無人ボートの販売を開始した。 EMI-LABは、中山間地域での農業従事者の担い手不足が深刻な問題となっている中で、昨年より、小・中規模農家向けの水田用の農業用無人ボートの開発を進めてきた。農業分野にお...
FullDepth、「DiveUnit300」を活用したダム水中部調査および3次元画像作成実証実験を実施

FullDepth、「DiveUnit300」を活用したダム水中部調査および3次元画像作成実証実験を実施

産業用水中ドローン「DiveUnit300」 株式会社FullDepthは、神戸市と協働し、自社開発の産業用水中ドローン「DiveUnit300」による実証試験を実施する。 国内のダムの多くは、ダム放流設備等の水中部における維持管理について、これまで潜水士による目視点検および補修作業など人手に頼って実施してきたが、高齢...
ジュンテクノサービス、水中ドローン活用流域下水道の管渠調査191mの潜航点検実施

ジュンテクノサービス、水中ドローン活用流域下水道の管渠調査191mの潜航点検実施

現場での様子 株式会社ジュンテクノサービスは、2020年3月12日に株式会社ヒューテックの協力のもと360度全方位稼働が可能な水中ドローンQYSEA「FIFISH V6」使用した流域下水道の管渠調査を行い、191mの潜航を達成した。100m以上の水中点検実証は国内初の試みだという。 ■調査目的 道路及び歩道から濁った水...
日本水中ドローン協会、操縦士養成認定スクール開校希望の企業向け説明会を開催

日本水中ドローン協会、操縦士養成認定スクール開校希望の企業向け説明会を開催

実習機推奨機体 一般社団法人日本水中ドローン協会は、「水中ドローン安全潜航操縦士」を育成する認定スクールの新規参入(開校)を希望する企業向けの説明会を開催する。 水中ドローン安全潜航操縦士は、水中ドローンを活用した水中事業の拡充に向け、優れた技能と知識を持った水中ドローン人材の育成を目指して、同協会が日本初で策定した水...
ジュンテクノサービス、水中ドローン「QYSEA公認FIFISH日本修理サポートセンター」サイトを開設

ジュンテクノサービス、水中ドローン「QYSEA公認FIFISH日本修理サポートセンター」サイトを開設

株式会社ジュンテクノサービスは、水中ドローン「QYSEA公認FIFISH日本修理サポートセンター」サイトを2020年2月より開設した。 同サイトは、水中ドローン専門のオンラインショップ、ドローンテクニカルファクトリー川越内にて販売している「FIFISHシリーズ」を中心とした機種のサポートメンテナンスを行うとしている。 ...
サンシャイン水族館、水中ドローン導入〜深海の調査研究の促進&情報発信

サンシャイン水族館、水中ドローン導入〜深海の調査研究の促進&情報発信

サンシャイン水族館は、深海の調査研究の促進を目的として、水中ドローンを使用した調査活動を開始した。現在サンシャイン水族館が生物採集に力を入れている「深海の入口にあたる水深200m付近」に関しては、現状あまり情報収集がなされていいない。水中ドローンを活用し、標本でしか見たことのない生物の生きている状態の映像や生息環境など...
FullDepth、機動力、耐久性、利便性を追求した本格派産業用水中ドローン「DiveUnit300」販売開始

FullDepth、機動力、耐久性、利便性を追求した本格派産業用水中ドローン「DiveUnit300」販売開始

株式会社FullDepthは、産業用水中ドローン「DiveUnit300」の販売を開始した。FullDepthは、水中ドローンの自社開発など軸に展開する筑波大学発のスタートアップ起業である。 ■DiveUnit300(ダイブユニット300) 最大潜行可能深度300m 本体・セントラルユニット(ノートPC・通信機器など)...
4Kズーム可能な水中ドローン「BW Space Pro」がクラウドファンディングで目標金額達成。現在180%を超え進行中

4Kズーム可能な水中ドローン「BW Space Pro」がクラウドファンディングで目標金額達成。現在180%を超え進行中

水中ロボットの総合メーカー株式会社Youcan Robotics Japan(以下:Youcan Robot)の最新式水中ドローン「BW Space Pro」が、クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」で先行販売を行い、開始2日目で目標金額を達成した。現在は目標金額の180%を超えており、クラウドファンディ...
FullDepth、水中ドローン深海1,000m映像鑑賞イベント開催

FullDepth、水中ドローン深海1,000m映像鑑賞イベント開催

水中ドローンスタートアップ企業FullDepthは、2019年4月23日(火)19時よりDMM.make AKIBAにおいて、 「水中ドローンで深海1,000mに行ったときの映像を鑑賞する会」を実施する。入場料は無料で先着順。本イベントは、 自社開発の小型水中ドローンで撮影した深海1,000m域の映像を見ながら、 深海...
Return Top