DRONE

第7回国際ドローン展

Tagged
独自の技術を使って社会の課題解決を!国産ドローン初のLET通信標準搭載機発表のエアロセンスCEO佐部氏のものづくりへのこだわり[第7回国際ドローン展]

Vol.07 国産ドローン初のLTE通信標準搭載機発表のエアロセンスCEO佐部氏のものづくりとは?[第7回国際ドローン展]

エアロセンスは、NTTドコモとの提携により機体へのLTE通信機能の標準装備、そしてNTTドコモによりエアロセンスの機体を活用した「docomo sky 医療品配送パッケージ」や「docomo sky 広域災害対策パッケージ」の提供が開始されるなど、レベル4を見据えた動きが活発だ。2019年、当時CTOだった佐部浩太郎氏...
Vol.06 巨大なブースに他ジャンル・多メーカーの製品を一挙に展示!カスタマイズにも対応するSkyLink Japan[第7回国際ドローン展]

Vol.06 SkyLink Japan、多メーカーの製品を一挙に展示!カスタマイズにも対応 [第7回国際ドローン展]

第7回国際ドローン展において最大のブースを出店していたSkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company)。身近な空撮機から農薬散布用ドローン、物流ドローンなど幅広い展示がされていた。 8コマの大きなブース。絶えず人が行き来していた 中でも力を入れていたのはドイツ Wingcopter(...
Vol.07 レーザースキャナシステム開発の老舗・アミューズワンセルフが開発したハイブリットドローン[第7回国際ドローン展]

Vol.05 レーザースキャナシステムのアミューズワンセルフが開発したハイブリットドローン[第7回国際ドローン展]

アミューズワンセルフは2004年から陸海空のあらゆる移動体に搭載できるレーザースキャナシステムを開発しており、2008年には自社開発ドローン、2013年からはドローン一体型レーザースキャナシステムを開発・販売しているドローンレーザースキャナシステムの老舗企業だ。今回は、ペイロードがない状態で6時間飛行可能なハイブリット...
Acecore中型機「ZOE」大型機「NOA」国内取り扱い開始。YellowScanと同時展示 [第7回国際ドローン展]

Acecore中型機「ZOE」大型機「NOA」国内取り扱い開始。YellowScanと同時展示 [第7回国際ドローン展]

産業用ドローン分野で古くから実用化されている測量分野。今回も測量用ドローンが多数展示されていたが、国内初披露となるAcecoreの機体を見ることができた。 カーボンフレームの大型機Acecore NOA Acecoreはオランダの産業用ドローンメーカー。国内では測量会社である株式会社Ace-1が取り扱う。今回の展示では...
トライコプター型ドローン「AtlasPRO」が日本初上陸![第7回国際ドローン展]

トライコプター型ドローン「AtlasPRO」が日本初上陸![第7回国際ドローン展]

ミリタリーなカラーリングと3つのローターが特徴的なトライコプター型ドローン「AtlasPRO」。それもそのはず、ヨーロッパではオランダ軍やノルウェーの捜索救助隊で活用されているラトビア共和国生まれの防災・警備用ドローンだ。DRONE.jpでは以前よりAtlasの動向に注目していたが、まさか日本で見ることができるとは!つ...
エアロセンス、国産ドローン初LTE標準搭載機を展示。AEROBO wing は待望の赤外線カメラ搭載 [第7回国際ドローン展]

エアロセンス、国産ドローン初LTE標準搭載機を展示。AEROBO wing は待望の赤外線カメラ搭載 [第7回国際ドローン展]

エアロセンスのブースでは、NTTドコモとの提携により国産ドローンとしては初となるLTEを標準搭載したモデルを展示している。LTE回線を利用した機体運航は、来年のレベル4(有人地帯における目視外飛行)での運用解禁を見据え各社ともに重要視しており、エアロセンスはいち早く形にした。 汎用型回転翼ドローン「AEROBO / A...
盛況!2年ぶりの東京開催の国際ドローン展  [第7回国際ドローン展]

盛況!2年ぶりの東京開催の国際ドローン展 [第7回国際ドローン展]

2021年11月24日(水)から、東京ビックサイト青海展示棟にて国際ドローン展が開催中だ。東京2020オリンピックで新設された青海展示棟は、東京ビックサイトの隣駅に位置する。出展数は21団体/企業とそれほど多くはないものの、各分野の測量、農業、物流など多岐にわたる展示や、国内初披露となる海外製ドローンの「AtlasPR...
Return Top