DRONE

LiDAR

Tagged
Society 5.0科学博

「Society 5.0科学博」スタート!JAXA、JAMSTEC、SkyDriveなどの展示が活況

2021年7月15日から、東京スカイツリータウンで「Society 5.0科学博」が開催中だ。内閣府と国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下:JAMSTEC)による共同主催イベントで、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」の帰還カプセルの実物や、JAMSTECの有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型、2020年有...
記事のタイトル

3キャリアKDDI・NTT docomo・ソフトバンク各社の展示でドローン利活用環境の近未来が見えた [Japan Drone 2021]

ひさびさに携帯電話3キャリアが揃い踏みした「Japan Drone 2021」。来年のLevel 4の飛行解禁を控えその役割はさらに重要なものになっている。ブースもそれぞれの強みを生かした展示となっており、今回は3社あわせて紹介する。 KDDIスマートドローンプラットフォーム×PRODRONEの機体開発を含めたソリュー...
リーグルジャパン

リーグルジャパン「NFBスキャン」、コンパクトLiDAR「VUX-120」などLiDAR製品展示 [Japan Drone 2021]

Japan Drone展はコンセプト展示や社会課題の解決策を提示するだけでなく、既存領域の最新機種を見ることができることも魅力のひとつだ。そのような中、リーグルジャパンはリーグル社(オーストリア)のLiDAR(ライダー、三次元点群を作成するレーザー画像検出と測距機器)のハイエンドモデルをライナップする日本総代理店。既存...
理経、ACSL、VFR、VRを活用したドローン開発用エミュレータ共同開発

理経、ACSL、VFR、VRを活用したドローン開発用エミュレータ共同開発

株式会社理経、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)およびVFR株式会社は、自動車の自動運転の検証用VR画像生成技術を応用し、ドローン活用現場をリアルに構築したエミュレータを共同で開発する。 ACSLは、2020年8月発表の中期経営方針「ACSL Accelerate FY20」において、非GPS環境下である...
光響、点群データ・地図化する「ドローン搭載用ライダーLiAir V」発売

光響、点群データ・地図化する「ドローン搭載用ライダーLiAir V」発売

株式会社光響は、ドローン搭載用ライダーユニット、LiAirシリーズ基地局、点群処理ソフトウェア等により構成されるドローン搭載用ライダーLiAir Vセット「LiAirV-E」を2020年7月8日に発売する。 同製品は、小型・軽量・高点群密度のLivox社製ライダー「Mid-40」をレーザーセンサーに採用。周辺環境を空中...
ニューヨーク大学、史上最高密度のLiDARデータセットを公開。都市開発促進へ

ニューヨーク大学、史上最高密度のLiDARデータセットを公開。都市開発促進へ

ニューヨーク大学は、同大学のCenter for Urban Science and Progress(CUSP)を通して、今までで最も高密度なLiDARデータセットを一般に公開した。このレーザーでスキャンされたデータは、空中で操作が可能なLiDARを使って収集され、1平方メートル約300ポイント解像度と、通常のデータ...
Return Top